研究者
J-GLOBAL ID:200901079724392060   更新日: 2020年10月12日

高橋 暁子

Takahashi Akiko | Takahashi Akiko
所属機関・部署:
職名: プロジェクトリーダー
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 腫瘍生物学 ,  病態系口腔科学 ,  分子生物学
研究キーワード (5件): エピジェネティクス ,  老化細胞分泌因子 ,  エクソソーム ,  分子生物学 ,  Molecular Biology
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • Cellular senescence
論文 (31件):
  • Kazuhiro Hitomi, Ryo Okada, Tze Mun Loo, Kenichi Miyata, Asako J Nakamura, Akiko Takahashi. DNA Damage Regulates Senescence-Associated Extracellular Vesicle Release via the Ceramide Pathway to Prevent Excessive Inflammatory Responses. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 10
  • Tomoka Misawa, Yoko Tanaka, Ryo Okada, Akiko Takahashi. Biology of extracellular vesicles secreted from senescent cells as senescence-associated secretory phenotype factors. Geriatrics & gerontology international. 2020
  • Masahiro Wakita, Akiko Takahashi, Osamu Sano, Tze Mun Loo, Yoshinori Imai, Megumi Narukawa, Hidehisa Iwata, Tatsuyuki Matsudaira, Shimpei Kawamoto, Naoko Ohtani, et al. A BET family protein degrader provokes senolysis by targeting NHEJ and autophagy in senescent cells. Nature communications. 2020. 11. 1. 1935-1935
  • Tze Mun Loo, Kenichi Miyata, Yoko Tanaka, Akiko Takahashi. Cellular senescence and senescence-associated secretory phenotype via the cGAS-STING signaling pathway in cancer. Cancer science. 2020. 111. 2. 304-311
  • Akiko Takahashi, Tze Mun Loo, Ryo Okada, Fumitaka Kamachi, Yoshihiro Watanabe, Masahiro Wakita, Sugiko Watanabe, Shimpei Kawamoto, Kenichi Miyata, Glen N Barber, et al. Downregulation of cytoplasmic DNases is implicated in cytoplasmic DNA accumulation and SASP in senescent cells. Nature communications. 2018. 9. 1. 1249-1249
もっと見る
MISC (44件):
  • 荒谷紗絵, 田中陽子, 酒井直行, 高橋暁子. 老化細胞が分泌する細胞外小胞と腎臓における細胞外小胞の機能. 2020. 12. 233-239
  • 菅原 祥, 宮田憲一, 田中久道, 高橋暁子. 老化研究と細胞老化の基礎. バイオマテリアル学会誌. 2020. 38. 160-165
  • 人見一寛, 高橋暁子. 細胞老化とエクソソーム. 医学のあゆみ. 2019. 272. 303-307
  • 高橋暁子, 原 英二. SASP誘導の分子機構とその役割. 実験医学. 2019. 37. 1735-1739
  • 宮田憲一, 高橋暁子. 老化とがんにおけるSASPの役割とメカニズム. 臨床・免疫・アレルギー科. 2019. 72. 2. 214-219
もっと見る
書籍 (4件):
  • がん分子標的治療研究 実践マニュアル
    金芳堂 2009
  • Degradayion factors of Dental Polycarbonate
    2001
  • Degradation Factors of Dental Polycarbonates
    "Caries Preventive Restoration" Forum in Sapporo '99 2001
  • Long-term Durability of Resin-dentin Bonds
    Modern Trands in Adhesive Dentistry Proceedings of the Adhesive Dentistry Forum'99 in tsurumi 1999
学歴 (3件):
  • - 2003 北海道大学 歯学臨床系
  • - 1999 北海道大学 歯学科
  • - 1999 北海道大学
学位 (2件):
  • 歯科学修士 (北海道大学)
  • 博士(歯学) (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 公益財団法人がん研究会 がん研究所 細胞老化プロジェクト プロジェクトリーダー
受賞 (4件):
  • 2014/09 - SYMPHONY 優秀ポスター賞
  • 2012/09 - 日本癌学会 日本癌学会奨励賞
  • 2008/02 - 口腔医科学フロンティア 奨励賞
  • 2004/04 - 北海道歯学会 北海道歯学会賞
所属学会 (5件):
International Cellular Senescence Association ,  歯科保存学会 ,  日本病理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る