研究者
J-GLOBAL ID:200901079730327610   更新日: 2020年09月01日

川嵜 敏祐

カワサキ トシスケ | Kawasaki Toshisuke
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 糖鎖工学研究センター 
ホームページURL (1件): http://www.glyco2.is.ritsumei.ac.jp/RCG/
研究分野 (2件): 機能生物化学 ,  構造生物化学
研究キーワード (1件): 糖鎖生物学, 生化学・分子生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 2010 糖鎖研究のための実験オンライン・プロトコル・データ整備 一式
論文 (194件):
  • Hiromi Nakao, Shogo Matsumoto, Yuko Nagai, Aya Kojima, Hidenao Toyoda, Noritaka Hashii, Daisuke Takakura, Nana Kawasaki, Tomoko Yamaguchi, Kenji Kawabata, et al. Characterization of glycoproteins expressing the blood group H type 1 epitope on human induced pluripotent stem (hiPS) cells. GLYCOCONJUGATE JOURNAL. 2017. 34. 6. 779-787
  • Nakao, Hiromi, Nagai, Yuko, Kojima, Aya, Toyoda, Hidenao, Kawasaki, Nobuko, Toshisuke, Kawasaki. Binding specificity of R-10G and TRA-1-60/81, and substrate specificity of keratanase II studied with chemically synthesized olibgosacccharides. Glycoconjugate Journal. 2017
  • Takeda-Uchimura, Y, Uchimura, K, Sugimura, T, Yanagawa, Y, Kawasaki, T, Komatsu, Y, Kadomatsu, K. Requirement of keratan sulfate proteoglycan phosphacan with a specific sulfation pattern for critical period plasticity in the visual cortex. Experimental Neurology. 2015. 145-155
  • Shogo Matsumoto, Hiromi Nakao, Keiko Kawabe, Motohiro Nonaka, Hidenao Toyoda, Yuto Takishima, Kenji Kawabata, Tomoko Yamaguchi, Miho K. Furue, Takao Taki, et al. A Cytotoxic Antibody Recognizing Lacto-N-fucopentaose I (LNFP I) on Human Induced Pluripotent Stem (hiPS) Cells. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2015. 290. 33. 20071-20085
  • Makanga, J. O, Kobayashi, M, Ikeda, H, Christianto, A, Toyoda, H, Yamada, M, Kawasaki, T, Inazu, T. Generation of Rat Induced Pluripotent Stem Cells Using a Plasmid Vector and Possible Application of a Keratan Sulfate Glycan Recognizing Antibody in Discriminating Teratoma Formation Phenotypes. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2015. 38. 1. 127-133
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (53件):
  • Glycoscience: Biology and Medicine GlycoEpitope: Database for Carbohydrate Antigen and Antibody
    Springer Japan 2014
  • Glycoscience: Biology and Medicine Mannnan-Binding Protein (MBP) - Ligand Glycans: A Novel Tissue Marker for Colorectal Carcinomas
    Springer Japan 2014
  • Novel Antibody for Keratan Sulfate Expressed on Human iPS/ES Cells in Glycoscience: Biology and Medicine
    Springer Japan 2014
  • 実験医学 増刊 Vol.31 No.10 第三の生命鎖 糖鎖の機能と疾患〜がん、糖尿病、筋ジストロフィー発症との関わりからマーカー・合成法の開発、技術革新まで 「新規iPS/ESマーカー抗体とその応用」
    羊土社 2013 ISBN:9784758103312
  • iPS/ES細胞とEC細胞(胎児性癌細胞)を識別するiPS/ES細胞マーカー抗体
    メディカルレビュー社 THE LUNG perspectives 別刷 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (73件):
  • Glycans on human undifferentiated pluripotent stem cells revealed by using newly generated monoclonal antibodies, R-10G and R-17F
    (2016 SFG (Society for Glycobiology) Annual Meeting 2016)
  • 糖鎖特異的ヒトiPS細胞傷害性抗体の認識するiPS細胞糖タンパク質の解析
    (第89回日本生化学会大会 2016)
  • ケラタン硫酸認識ヒトiPS/ES細胞マーカー抗体
    (第35回日本糖質学会年会 2016)
  • Glycan Specific Marker Antibodies for Human iPS/ES Cells: Binding Specificity and Biological Significance
    (Glycoscience Japan - The Netherlands Joint Seminar 2016 2016)
  • 安全な再生医療をめざした新規糖鎖認識多能性幹細胞マーカー抗体の作成
    (第15回日本再生医療学会総会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1969 京都大学大学院
  • - 1966 京都大学大学院
  • - 1964 京都大学 薬学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (京都大学)
経歴 (12件):
  • 2006/08/20 - 2011/09/30 日本学術会議・連携会員
  • 2005/04/05 - 京都大学名誉教授
  • 2005/04/01 - 立命館大学糖鎖工学研究センター・センター長
  • 1997/04/01 - 2005/03/31 京都大学大学院薬学研究科生体分子認識学分野・教授
  • 2004/04/01 - 立命館大学COE推進機構・特別招聘教授
全件表示
委員歴 (49件):
  • 2008 - 2009 日本薬学会副会頭
  • 2008 - 大学評価・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会専門委員
  • 2006 - 2007 科学技術振興審議会基礎研究部会委員
  • 2006 - 2007 日本学術振興会科学研究費委員会専門員
  • 2005 - 2007 日本薬学会理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2001 - 日本薬学会 薬学会賞
  • 1981 - 日本生化学会 生化学会奨励賞
所属学会 (9件):
The Consortium for Functional Glycomics ,  日本糖鎖科学コンソーシアム ,  日本生化学会 ,  日本薬学会 ,  日本糖質学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  米国生化学・分子生物学会(ASBMB) ,  米国糖鎖生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る