研究者
J-GLOBAL ID:200901079889595888   更新日: 2021年03月23日

豊田 正範

トヨタ マサノリ | Toyota Masanori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 作物生産科学
研究キーワード (2件): 作物学 ,  Crop Science
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2019 水稲の点滴かんがい栽培によるメタンガス排出削減および玄米ヒ素含有量低減技術開発
  • 2014 - 2017 コムギの避陰反応の抑制による収量ポテンシャル向上の可能性の検証
  • 2010 - 2012 コムギ群落内の光質と形態形成および乾物生産特性との関係解明
  • Ecophysiological and Morphological studies on the yield determination of crops
論文 (38件):
  • Kanchana Chomsang, Masahiro Morokuma, Sakae Agarie, Masanori Toyota. Effect of using drip irrigation on the growth, yield and its components of soybean grown in a low rainfall region in Japan. Plant Production Science. 2021. 1-15
  • Masanori Toyota, Masahiro Morokuma. Morphological and phenological adaptation for convergent development of tillers in Widely spaced wheat sown on different dates. Plant Production Science. 2020. 1-13
  • Kanchana Chomsang, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota. Dry matter production and physiological responses to a wide range of irrigation levels in two Japanese soybean cultivars. Plant Production Science. 2020. 1-14
  • Dan Q.Tran, Ayako Konishi, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, Sakae Agarie. NaCl-stimulated ATP synthesis in mitochondria of a halophyte Mesembryanthemum crystallinum L. Plant Production Science. 2019. 23. 1. 129-135
  • Dan Q.Tran, Ayako Konishi, John C. Cushman, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, Sakae Agarie. Ion accumulation and expression of ion homeostasis-related genes associated with halophilism, NaCl-promoted growth in a halophyte Mesembryanthemum crystallinum L. Plant Production Science. 2019. 23. 1. 91-102
もっと見る
MISC (2件):
  • Comparison of Yield and Palatability between Chinese and Japanese Rice Cultivars. Shikoku Journal of Crop Science. 2006. 43. 13-22
  • Yield and Palatability Characteristics of Progeny Lines from Crossings between Japanese and Chinese Rice Cultivars. Shikoku Journal of Crop Science. 2006. 43. 23-33
書籍 (3件):
  • 作物学
    文永堂出版 2013 ISBN:9784830041266
  • 作物栽培大系3 麦類の栽培と利用
    朝倉書店 2011 ISBN:9784254415032
  • 根のデザイン-根が作る食糧と環境-
    養賢堂 2003
講演・口頭発表等 (36件):
  • 硝安と硫安の相違および窒素肥料の施肥頻度が畑地で点滴潅がい栽培したイネの生育および収量に及ぼす影響
    (日本作物学会四国支部第56回講演会 2019)
  • 畑地での水稲の点滴潅がい栽培における硝化抑制剤の混入が温室効果ガス排出量と収量に及ぼす影響
    (日本作物学会四国支部第56回講演会 2019)
  • 水稲の畑地状態での点滴潅がい栽培による温室効果ガス排出量削減効果-湛水栽培との比較-
    (日本作物学会四国支部第56回講演会 2019)
  • 水稲の畑地状態での点滴潅がい栽培による玄米のヒ素含有量低減効果-湛水栽培との比較-
    (2019)
  • バチルスバイオ肥料が慣行及び有機栽培コシヒカリの生育及び収量に及ぼす影響
    (2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1992 鳥取大学大学院農学研究科
  • 1982 - 1986 東京農業大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2009/04 - 現在 香川大学 農学部 教授
  • 2005/01 - 2009/03 香川大学 農学部 助教授
  • 1996/04 - 2004/12 香川大学 農学部 助手
  • 1992/07 - 1996/02 国際協力事業団 農業開発協力部 メキシコ合衆国・沙漠地域農業開発計画 専門家
  • 1986/12 - 1988/12 国際協力事業団青年海外協力隊
委員歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 日本作物学会四国支部 支部長
  • 2014/04 - 現在 日本作物学会 評議員
  • 2008/04 - 2010/03 日本作物学会 庶務幹事
受賞 (1件):
  • 2008 - 日本作物学会論文賞
所属学会 (2件):
日本作物学会四国支部 ,  日本作物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る