研究者
J-GLOBAL ID:200901079889640530   更新日: 2021年08月22日

安達 久美子

adachi kumiko
研究分野 (4件): 臨床看護学 ,  生涯発達看護学 ,  基礎看護学 ,  臨床看護学
研究キーワード (9件): 異文化適応 ,  外国人看護師 ,  インドネシア ,  行政 ,  看護政策 ,  フィリピン ,  EPA(経済連携協定) ,  母性看護学 ,  助産学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 硬膜外麻酔分娩の安全性を確保するための助産師の臨床推論モデルの構築
  • 2017 - 2021 若年母の肯定感を高めるICT活用支援プログラムの開発
  • 2017 - 2021 若年母の肯定感を高めるICT活用支援プログラムの開発
  • 2015 - 2020 子どもの性的成熟に対する母親の困難感尺度の開発
  • 2014 - 2018 妊婦の恥骨結合上端開角(PSA)の測定による妊娠中のリラキシン量推定の試み
全件表示
論文 (17件):
  • 水尾 智佐子, 安達 久美子, 久保 幸代, 菱沼 由梨. 硬膜外麻酔分娩における助産ケアに関する質的研究. 母性衛生. 2021. 61. 4. 498-507
  • 片岡 優華, 安達 久美子. 経産婦における前回の出産体験の自己評価と妊娠後期の心理・社会的適応、不安との関連. 母性衛生. 2020. 61. 2. 361-368
  • Sachiyo Kubo, Kumiko Adachi. Evaluation of infants' exposure to environmental tobacco smoke using salivary cotinine measurements. British Journal of Midwifery. 2017. 25. 6. 366-371
  • Sharmila Shrestha, Kumiko Adachi, Marcia A. Petrini, Sarita Shrestha, Bina Rana Khagi. Development and evaluation of a newborn care education programme in primiparous mothers in Nepal. Midwifery. 2016. 42. 21-28
  • Sharmila Shrestha, Kumiko Adachi, Sarita Shrestha. Translation and validation of the Karitane Parenting Confidence Scale in Nepali language. Midwifery. 2016. 36. 86-91
もっと見る
MISC (303件):
  • 安達 久美子. 全国助産所分娩基本データ収集システム2019集計結果報告. 助産師. 2021. 75. 2. 86-87
  • 抜田 博子, 小川 久貴子, 竹内 道子, 安達 久美子, 金澤 貴子, 三輪 生子, 坂田 成輝. 若年母の肯定感を高めるICT活用支援プログラムの開発 試行版プログラム作成. 思春期学. 2021. 39. 1. 131-131
  • 安達 久美子. 【助産力アップ!周産期のガイドライン 深掘りドリル200問『産婦人科診療ガイドライン:産科編2020』に準拠 難易度別助産ケア&最新エビデンスが満載!】(第2章)分娩期 助産所・院内助産の新生児管理『助産業務ガイドライン2019』より出題. ペリネイタルケア. 2021. 2021新春増刊. 203-210
  • 佐藤 拓代, 安達 久美子, 當山 紀子, 鑓溝 和子, 山口 実花, 中村 安秀, 公益社団法人母子保健推進会議. 母子健康手帳の多言語化と外国人妊産婦への支援(第1報) 全国市町村の状況. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020. 79回. 358-358
  • 安達 久美子, 佐藤 拓代, 當山 紀子, 鑓溝 和子, 山口 実花, 中村 安秀, 公益社団法人母子保健推進会議. 母子健康手帳の多言語化及び効果的な支援方法(第2報) 外国人妊婦への支援. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020. 79回. 359-359
もっと見る
書籍 (9件):
  • アドバンス助産師育成のための教育プログラム
    医学書院 2021 ISBN:9784260043199
  • 助産師による思春期の健康教育
    日本助産師会出版 2020 ISBN:9784905023319
  • 助産業務ガイドライン2019
    日本助産師会出版 2019
  • 今こそ知りたい 助産師のための産後ケアガイド
    日本助産師会出版 2019
  • 今日の助産 改訂第4版
    南江堂 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (81件):
  • withコロナにおける分娩介助実習の実際 -感染拡大を防止するための取り組み
    (第35回日本助産学会学術集会 2021)
  • withコロナにおける 分娩介助実習の実現に向けた学内実習の取り組みと実際
    (第35回日本助産学会学術集会 2021)
  • 看護・助産学分野における無痛分娩に関する国内研究の動向
    (第35回日本助産学会学術集会 2021)
  • 新型コロナウィルスPCRスクリーニング検査を受けた妊婦のPCRスクリーニング検査に対する思い
    (第35回日本助産学会学術集会 2021)
  • 経産婦における前回の出産体験の自己評価と妊娠後期の心理・社会的適応、不安との関連
    (母性衛生 2020)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2014 - 首都大学東京 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る