研究者
J-GLOBAL ID:200901079906173518   更新日: 2020年10月05日

斉藤 典子

サイトウ ノリコ | Saitoh Noriko
所属機関・部署:
職名: 部長
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  医化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (5件): エピジェネティクス ,  乳がん ,  クロマチン ,  非コードRNA ,  細胞核
論文 (48件):
  • Ryu-Suke Nozawa, Tatsuro Yamamoto, Motoko Takahashi, Hiroaki Tachiwana, Reo Maruyama, Toru Hirota, Noriko Saitoh. Nuclear microenvironment in cancer: Control through liquid-liquid phase separation. Cancer science. 2020. 111. 9. 3155-3163
  • Tatsuro Yamamoto, Akiyuki Hirosue, Masafumi Nakamoto, Ryoji Yoshida, Junki Sakata, Yuichiro Matsuoka, Kenta Kawahara, Yuka Nagao, Masashi Nagata, Nozomu Takahashi, et al. BRD4 promotes metastatic potential in oral squamous cell carcinoma through the epigenetic regulation of the MMP2 gene. British journal of cancer. 2020. 123. 580-590
  • Hiroshi Ochiai, Tetsutaro Hayashi, Mana Umeda, Mika Yoshimura, Akihito Harada, Yukiko Shimizu, Kenta Nakano, Noriko Saitoh, Zhe Liu, Takashi Yamamoto, et al. Genome-wide kinetic properties of transcriptional bursting in mouse embryonic stem cells. Science advances. 2020. 6. 25. eaaz6699-eaaz6699
  • Hiroaki Tachiwana, Tatsuro Yamamoto, Noriko Saitoh. Gene regulation by non-coding RNAs in the 3D genome architecture. Current opinion in genetics & development. 2020. 61. 69-74
  • Yoko Yasuda, Kazuaki Tokunaga, Tomoaki Koga, Chiyomi Sakamoto, Ilya G Goldberg, Noriko Saitoh, Mitsuyoshi Nakao. Computational analysis of morphological and molecular features in gastric cancer tissues. Cancer medicine. 2020. 9. 6. 2223-2234
もっと見る
MISC (24件):
  • 市川 雄一, 斉藤 典子. がん化に関わるクロマチンドメインの遷移. 月刊「細胞」非ゲノム情報の複製機構. 2020. 52. 9. 27-31
  • 市川 雄一, 山本 達郎, 斉藤 典子. 非コード RNA による遺伝子発現制御. 月刊「細胞」遺伝子制御の基盤となる細胞核・クロマチン構造. 2020. 52. 6. 20-23
  • 山本達郎, 福岡恵, 斉藤典子. クロマチン高次構造. 医学のあゆみ. 2020. 272. 1. 23-29
  • 野澤竜介, 斉藤典子. RNA と間期クロマチン構築. 実験医学増刊 染色体の新常識. 2018. 36. 17. 2941-2948
  • 山本達郎, 中尾光善, 斉藤典子. クロマチンを制御するノンコーディングRNA. 生体の科学 核内イベントの時空間制御. 2017. 68. 3. 215-219
もっと見る
講演・口頭発表等 (104件):
  • Eleanor ncRNAs modulate the 3D genome architecture in recurrent breast cancer
    (Cold Spring Harbor Laboratory 2020)
  • ホルモン療法耐性乳がんにおける非コードRNAの機能的意義
    (第20回関東ホルモンと癌研究会 2020)
  • 乳がん再発におけるノンコーディングRNAと核内構造体の役割
    (横浜市立大学セミナー 2019)
  • Nuclear non-coding RNAs Eleanors, define the active ESR1 chromatin domain in breast cancer cells
    (Cold Spring Harbor Conferences Asia, RNA Biology 2019)
  • Non-coding RNAs delineate the 3D genome architecture in endocrine-therapy resistant breast cancer.
    (Riken IMS Cancer Immunology Seminar Series 2019)
もっと見る
Works (3件):
  • 細胞の増殖・分化における核内構造体の形成機構と機能の解析
    2007 - 2008
  • 核内構造体形成及び転写制御におけるタンパク質SUMO化の役割
    2006 - 2008
  • 細胞の増殖分化に関わる遺伝子発現と核内構造の時空間的解析
    2005 - 2007
学歴 (3件):
  • 1991 - 1996 The Johns Hopkins University BCMB graduate program
  • 1987 - 1989 東北大学 博士課程前期
  • 1983 - 1987 東北大学
学位 (1件):
  • 博士 (その他)
経歴 (4件):
  • 2017 - 現在 公益財団法人がん研究会がん研究所 部長
  • 2013 - 2017 熊本大学発生医学研究所 准教授
  • 2007 - 2013 熊本大学発生医学研究所 助教
  • 2006 - 2007 熊本大学発生医学研究センター 助手
委員歴 (3件):
  • 2018 - 現在 日本分子生物学会 キャリアパス委員会委員
  • 2018 - 現在 日本エピジェネティクス研究会 幹事
  • 2012 - 現在 日本細胞生物学会 評議委員、代議員
所属学会 (5件):
日本癌学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る