研究者
J-GLOBAL ID:200901079927976106   更新日: 2020年06月09日

松本 壮吉

マツモト ソウキチ | Matsumoto Sohkichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://www.med-niigatauniv-bacteriol.orghttp://www.med.niigata-u.ac.jp/eng/research/kiso/saikin.html
研究分野 (2件): 細菌学 ,  免疫学
研究キーワード (8件): パーシスター ,  結核 ,  休眠と潜伏感染 ,  細菌 ,  抗酸菌 ,  結核・抗酸菌症に対する創薬 ,  宿主応答解析と結核ワクチン開発 ,  抗酸菌症の診断法開発
論文 (31件):
  • Savitskaya A, Nishiyama A, Yamaguchi T, Tateishi Y, Ozeki Y, Nameta M, Kon T, Kaboso SA, Ohara N, Peryanova OV, Matsumoto S. C-terminal intrinsically disordered region-dependent organization of the mycobacterial genome by a histone-like protein. Scientific reports. 2018. 8. 1. 8197
  • Inoue M, Niki M, Ozeki Y, Nagi S, Chadeka EA, Yamaguchi T, Osada-Oka M, Ono K, Oda T, Mwende F, Kaneko Y, Matsumoto M, Kaneko S, Ichinose Y, Njenga SM, Hamano S, Matsumoto S. High-density lipoprotein suppresses tumor necrosis factor alpha production by mycobacteria-infected human macrophages. Scientific reports. 2018. 8. 1. 6736
  • Ohara Y, Ozeki Y, Tateishi Y, Mashima T, Arisaka F, Tsunaka Y, Fujiwara Y, Nishiyama A, Yoshida Y, Kitadokoro K, Kobayashi H, Kaneko Y, Nakagawa I, Maekura R, Yamamoto S, Katahira M, Matsumoto S. Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis. PloS one. 2018. 13. 10. e0204160
  • Chadeka EA, Nagi S, Sunahara T, Cheruiyot NB, Bahati F, Ozeki Y, Inoue M, Osada-Oka M, Okabe M, Hirayama Y, Changoma M, Adachi K, Mwende F, Kikuchi M, Nakamura R, Kalenda YDJ, Kaneko S, Hirayama K, Shimada M, Ichinose Y, Njenga SM, Matsumoto S, Hamano S. Spatial distribution and risk factors of Schistosoma haematobium and hookworm infections among schoolchildren in Kwale, Kenya. PLoS neglected tropical diseases. 2017. 11. 9. e0005872
  • Ozeki Y, Igarashi M, Doe M, Tamaru A, Kinoshita N, Ogura Y, Iwamoto T, Sawa R, Umekita M, Enany S, Nishiuchi Y, Osada-Oka M, Hayashi T, Niki M, Tateishi Y, Hatano M, Matsumoto S. A New Screen for Tuberculosis Drug Candidates Utilizing a Luciferase-Expressing Recombinant Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guéren. PloS one. 2015. 10. 11. e0141658
もっと見る
MISC (186件):
  • 尾関 百合子, 松本 壮吉. 【結核・非結核性抗酸菌症-エキスパートが教える 実臨床に役立つ最新知見】結核・非結核性抗酸菌症の基礎研究 結核免疫防御機能. 呼吸器ジャーナル. 2018. 66. 4. 643-649
  • 西内 由紀子, 立石 善隆, 北田 清悟, 尾関 百合子, 前倉 亮治, 松本 壮吉. 病原性抗酸菌はヒト赤血球にin vitroで感染する. 結核. 2018. 93. 4. 285-285
  • 岡 真優子, 佐藤 睦, 小林 慧子, 南山 幸子, 尾関 百合子, 松本 壮吉. 結核菌の増殖につながるマクロファージ由来因子のスクリーニング. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2018. 72回. 285-285
  • 西内 由紀子, 立石 善隆, 尾関 百合子, 山口 雄大, 松本 壮吉. 病原性抗酸菌はヒト赤血球にin vitroで感染する(Pathogenic mycobacteria infect human erythrocytes in vitro). 日本細菌学雑誌. 2018. 73. 1. 41-41
  • 大原 由貴子, 尾関 百合子, 立石 善隆, 西山 晃史, 山本 三郎, 中川 一路, 松本 壮吉. 潜在期結核菌抗原の精製と感染診断への応用. 日本細菌学雑誌. 2018. 73. 1. 64-64
もっと見る
特許 (5件):
  • 免疫原性を有するMDP1の製造方法
  • 免疫刺激G9.1の抗結核ブースターワクチン創出への応用
  • 遅発育性抗酸菌ポリペプチド
  • MDP1を用いた炭水化物を有する物質の分離方法
  • MDP1による微生物を凝集および/または沈殿させる方法
書籍 (8件):
  • シンプル微生物学
    南江堂 2018
  • 結核
    医薬ジャーナル社 2017
  • 南山堂医学大事典
    南山堂 2015
  • 病原微生物学
    東京化学同人 2014
  • 微生物の簡易迅速検査法
    テクノシステム 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • Development of control strategies against tuberculosis based on molecular mechanisms of persistence of tuberculosis and host immune response to it (Abstract book P8).
    (The 1st International Scientific Meeting on Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ISM-CMID). 10th National Congress of Indonesian Society for Clinical Microbiology (KONAS-PAMKI), 12th National Symposium-Indonesian Antimicrobial Resistance Watch ( 2018)
  • From biology of Mycobacterium to the development of the control strategies against tuberculosis,
    (The 13th Nagasaki-Singapore Medical Symposium 2017)
  • 抗酸菌の「長生き」のメカニズムと結核対策への応用
    (第92回日本結核病学会総会 2017)
  • Diagnosis of TB infections.
    (6th Conference of International Union Against Tuberculosis and Lung Disease, Asia Pacific Region 2017)
  • 結核・抗酸菌に特徴的な薬剤標的と新規薬剤の開発研究
    (65回日本感染症学会東日本地方会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1986 - 1992 長崎大学 歯学部
学位 (2件):
  • 博士(歯学) (長崎大学)
  • 博士(医学) (長崎大学)
経歴 (6件):
  • 2013/09 - 現在 新潟大学医学部医学科 教授
  • 2007/04 - 2013/08 大阪市立大学医学部医学科 准教授
  • 2006/01 - 2006/12 大阪市立大学医学部医学科 助教授
  • 2002/01 - 2005/12 大阪市立大学医学部医学科 講師
  • 1999/10 - 2001/12 National Institutes of Health Fellow
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 日本バイオフィルム学会 理事
  • 2012/04 - 現在 日米医学協力計画(U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program)抗酸菌部会 パネル
  • 2009 - 現在 日本細菌学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2011 - 日本細菌学会 小林六造記念賞 結核菌の病原性および増殖制御機構の分子遺伝学的解析と応用研究
所属学会 (4件):
日本細菌学会 ,  日本バイオフィルム学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る