研究者
J-GLOBAL ID:200901080064249640   更新日: 2020年09月12日

若月 修二

ワカツキ シュウジ | Wakatsuki Shuji
所属機関・部署:
職名: 疾病研究第五部室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 東京薬科大学生命科学部  客員准教授
  • 京都大学ウイルス・再生医科学研究所  非常勤講師
  • 東京大学農学生命科学研究科  非常勤講師
研究分野 (7件): 発生生物学 ,  分子生物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  細胞生物学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  病態医化学
研究キーワード (15件): 神経発生 ,  軸索・樹状突起形成 ,  ヴォールト複合体 ,  脱髄 ,  低酸素応答 ,  細胞内pH ,  リソソーム ,  神経発達障害 ,  自閉症 ,  レドックス ,  オートファジー ,  ユビキチンプロテアソーム ,  ミエリン形成 ,  神経筋接合部 ,  軸索変性
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 神経筋シナプス保護による筋萎縮抑制
  • 2014 - 2016 軸索変性の分子細胞生物学的解析とその治療応用に関する研究
  • 2012 - 2015 選択的蛋白質分解を介したブレインサイズ決定機構の解明
  • 神経突起の形態を制御する細胞内シグナルに関する研究
  • シュワン細胞を対象にしたミエリン形成,脱ミエリン化の細胞生物学的解析
全件表示
論文 (29件):
  • eiichi Nagano, Junki Jinno, Rehab F. Abdelhamid, Yinshi Jin, Megumi Shibata, Shohei Watanabe, Sachiko Hirokawa, Masatoyo Nishizawa, Kenji Sakimura, Osamu Onodera, et al. TDP-43 transports ribosomal protein mRNA to regulate axonal local translation in neuronal axons. Acta Neuropathol. 2020
  • Maho Tsubota, Ryotaro Fukuda, Yusuke Hayashi, Takaya Miyazaki, Shin Ueda, Rika Yamashita, Nene Koike, Fumiko Sekiguchi, Hidenori Wake, Shuji Wakatsuki, et al. Role of non-macrophage cell-derived HMGB1 in oxaliplatin-induced peripheral neuropathy and its prevention by the thrombin/thrombomodulin system in rodents: negative impact of anticoagulants. Journal of neuroinflammation. 2019. 16. 1. 199-199
  • Araki T, Wakatsuki S. Regulation of neuronal/axonal degeneration by ZNRF1 ubiquitin ligase. Neurosci Res. 2019. 139. 21-25
  • Saitoh F, Hagiwara H, Wakatsuki S, Araki T. Carboxymethylation of CRMP2 is associated with decreased Schwann cell myelination efficiency. Neurosci Res. 2019. 139. 58-62
  • Numata-Uematsu Y, Wakatsuki S, Nagano S, Shibata M, Sakai K, Ichinohe N, Mikoshiba K, Ohshima T, Yamashita N, Goshima Y, et al. Inhibition of collapsin response mediator protein-2 phosphorylation ameliorates motor phenotype of ALS model mice expressing SOD1G93A. Neurosci Res. 2019. 139. 63-68
もっと見る
MISC (9件):
  • 氏家悠佳, 若月修二, 荒木敏之. 低酸素応答による末梢神経の髄鞘形成制御. 日本応用酵素協会誌. 2019. 53
  • 荒木敏之, 若月修二. 神経軸索変性の分子メカニズム. 2017. 31. 252-257
  • 若月修二, 荒木敏之. ユビキチンリガーゼZNRF1. 脳内環境辞典. 2017. 94-95
  • 植松 有里佳, 若月 修二, 境 和久, 一戸 紀孝, 植松 貢, 呉 繁夫, 荒木 敏之. 末梢神経の髄鞘化を再現する新しい培養モデルの構築(A new culture model of myelination: morphological findings and attempts to reproduce CMT pathology). 脳と発達. 2016. 48. Suppl. S360-S360
  • Wakatsuki S, Araki T. ZNRF1: a key molecule activated by reactive oxygen species to cause neuronal degeneration. Atlas of Science. 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • イオン恒常性の破綻による精神疾患発病機構の解明
    (第42回日本分子生物学会年会ワークショップ「精神疾患の神経生物学」(オーガナイザー) 2019)
  • NOX-dependent ZNRF1 activation controls neuronal polarity and axon specification.
    (Keystone Symposia. 2019)
  • Regulation of neuronal apoptosis and axonal degeneration by ZNRF1 ubiquitin ligase.
    (8th Asia Pacific International Congress of Anatomists (APICA). 2019)
  • 細胞内pH調節系のシナプス形成への寄与
    (第41回日本分子生物学会ワークショップ「精神・神経疾患の基礎研究~プロテオスタシスの視点から~」(オーガナイザー) 2018)
  • GSK3B-mediated phosphorylation of MCL1 regulates axonal autophagy to promote axonal degeneration.
    (Latest Advances in Development & Function of Neuronal Circuits conference in Cold Spring Harbor Laboratory Meeting in Asia. 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 東京大学大学院 応用生命工学(博士)
  • 1994 - 1996 東京大学大学院 応用生命工学(修士)
  • 1993 - 1994 東京大学 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2006/11 - 現在 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第五部室長
  • 2003/04 - 2006/10 京都大学再生医科学研究所 助手/COE研究員
受賞 (14件):
  • 2018 - 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所最優秀口演賞
  • 2018 - 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所優秀論文賞
  • 2017 - 日本応用酵素協会酵素研究助成(生命科学に関連する酵素の研究)
  • 2017 - 武田科学振興財団生命科学研究助成
  • 2016 - 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所最優秀論文賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本神経科学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本ミエリン研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る