研究者
J-GLOBAL ID:200901080771138332   更新日: 2020年10月08日

内藤 俊雄

ナイトウ トシオ | Naito Toshio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (3件): 光伝導体、光磁性伝導体 ,  分子性超伝導体 ,  有機伝導体
競争的資金等の研究課題 (53件):
  • 2020 - 2021 「有機超伝導体研究ユニット」
  • 2019 - 2020 「愛大発の独自新技術「光ストレージ」実現に向けての新物質開発」
  • 2019 - 2020 「有機超伝導体研究ユニット」
  • 2019 - 2019 「光を「保存」できる物質を開発したい!」
  • 2018 - 2019 「有機超伝導体研究ユニット」
全件表示
論文 (193件):
  • Ryotaro Kobara, Shin Igarashi, Yoshitaka Kawasugi, Ryusei Doi, Toshio Naito, Masafumi Tamura, Reizo Kato, Yutaka Nishio, Koji Kajita, Naoya Tajima. Universal Behavior of Magnetoresistance in Organic Dirac Electron Systems. Journal of the Physical Society of Japan. 2020. 89. 11. 113703-113703
  • Toshio Naito. Prototype Material for New Strategy of Photon Energy Storage. Inorganics. 2020. 8. 10. 53-53
  • K. Ichiryu, T. Naito. Steady-State Observation of Interacting Photochemical Species in Photoexcited Solid States. 日本化学会速報誌. 2020. 49. 9. 1038-1042
  • Satoshi Tsuchiya, Ryota Kuwae, Takumi Kodama, Yusuke Nakamura, Megumi Kurihara, Takashi Yamamoto, Toshio Naito, Yasunori Toda. Electronic Inhomogeneity in Organic Charge Transfer Salt kappa-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]I Probed by Polarized Femtosecond Spectroscopy. 日本物理学会 欧文誌. 2020. 89. 6. 064712
  • T. Naito, R. Doi. Band Structure and Physical Properties of alpha-STF2I3: Dirac Electrons in Disordered Conduction Sheets. 2020. 10. 4. 270
もっと見る
MISC (31件):
  • 内藤 俊雄. JST新技術説明会で発表. 2019
  • 土屋 聡, 児玉 匠, 中村 祐介, 山本 貴, 内藤 俊雄, 戸田 泰則. κ-(ET)2Cu[N(CN)2]Iにおけるポンプ-プローブ時間分解分光測定. 日本物理学会講演概要集. 2016. 71. 0. 1595-1595
  • 野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄. 光照射下の銅(II)ジチオレン錯体塩の磁性・伝導性. 日本化学会中国四国支部大会講演要旨集. 2015. 2015. 90
  • 野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄. 光照射によって不対電子の局在性が変わる銅(II)ジチオレン錯体塩の電気・磁気挙動. 日本化学会講演予稿集. 2015. 95th. 2. 448
  • 長山直樹, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄. 高い光伝導を示すNMQ[Ni(dmit)2]の伝導機構に関する研究. 日本化学会講演予稿集. 2015. 95th. 2. 448
もっと見る
特許 (6件):
  • 光ストレージ材料
  • フラクタル物体およびフラクタル物体の製造方法
  • 光電子顕微鏡
  • ELECTRICALLY CONDUCTIVE ORGANIC MATERIAL CAPABLE OF BEING TRANSFORMED TO TRANSPARENCY AND NON-CONDUCTIVITY FROM EXPOSURE TO LIGHT
  • 感光性成分を含む試料へのドーピング方法
もっと見る
書籍 (32件):
  • ケミカルエンジニヤリング
    (株)化学工業社 2020
  • 月刊MATERIAL STAGE
    (株)技術情報協会 2020
  • 錯体化合物事典
    錯体化学会編集(朝倉書店) 2019
  • Functional Materials: Advances and Applications in Energy Storage and Conversion
    2019
  • Functional Materials: Advances and Applications in Energy Storage and Conversion
    Pan Stanford 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (623件):
  • 「alpha-STF2I3の電子構造と電気・磁気物性」
    (構造物性研究の最先端 2020)
  • “ジアザポルフィリンとアザコロールの合成”
    (第46回有機典型元素化学討論会 2019)
  • “非ダイマーモット型の有機超伝導体における一軸圧縮効果”
    (第60回高圧討論会 2019)
  • “Photoconduction of alpha-(BEDT-STF)2I3, Organic Conductor with Zero-Gap State at Ambient Pressure”
    (The 13th Japan-China Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena 2019)
  • A Possible Unique and Highly Conducting State in a UV-Excited Molecular Crystal
    (The 13rd Japan-China Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1988 - 1990 東京大学 化学専攻
  • 1986 - 1988 東京大学 化学科
  • 1984 - 1986 東京大学 理科一類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (14件):
  • 2018/06 - 現在 愛媛大学 先端研究・学術推進機構 地球深部ダイナミクス研究センター 超高圧材料科学部門
  • 2015/04 - 2019/03 愛媛大学 学術支援センター 物質科学部門 副センター長及び物質科学部門長
  • 2015/04 - 2017/03 愛媛大学 理学部/理工学研究科(理学系) 評議員・副理学部長・同大学院副理学系長
  • 2013/04 - 2015/03 愛媛大学 総合科学研究支援センター(城北ステーション) 副センター長
  • 2011/04 - 愛媛大学 大学院 理工学研究科 教授
全件表示
委員歴 (37件):
  • 2020/10 - 2026/09 日本学術会議 連携会員
  • 2020/09 - 2024/08 分子科学会 第8期 運営委員(企画委員)
  • 2020/03 - 2021/06 Guest Editor of the Special Issue “Organic Conductors” in Crystals
  • 2018/02 - 2020/12 Pacifichem2020 Session Organizer
  • 2019/06 - 2020/03 日本化学会第100春季年会(2020)プログラム小委員会 部門幹事(03物理化学-物性)
全件表示
受賞 (15件):
  • 2018/12 - 愛媛大学理学部 第1回理学部研究奨励賞
  • 2018/09/10 - 分子科学会 分子科学国際学術賞 光照射を使った伝導性・磁性制御法の開発
  • 2017/03/25 - (公益財団法人)エレキテル尾崎財団 第24回源内大賞「光照射による簡便で正確な伝導性と磁性の制御法開発」
  • 2016/04/07 - 愛媛大学理学部 第2回理学部ベストレクチャー賞
  • 2016/03/26 - (公益社団法人)日本化学会 第33回日本化学会学術賞「光照射による分子結晶の伝導性・磁性制御法の開拓」
全件表示
所属学会 (4件):
アメリカ化学会 ,  分子科学会 ,  日本物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る