研究者
J-GLOBAL ID:200901080798304404   更新日: 2011年05月22日

網中 政機

アミナカ マサキ | Aminaka Masaki
所属機関・部署:
職名: 学長
ホームページURL (1件): http://www.meijo-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 公法学
研究キーワード (2件): 公法学 ,  The Public Law
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2002 - 2004 住民参加直接請求
  • 2001 - 2004 Citizen Participate
  • 1990 - 2004 選挙運動 議会および裁判所の研究
  • 1980 - 2004 選挙運動における表現の自由の制限に関する考察
  • The compaigns, congress, and courts
全件表示
MISC (16件):
  • 網中 政機. 「小選挙区における定数不均衡是正の立法的問題」. 選挙研究. 1997. 12. 122
  • 網中 政機. The Legislative Problems of the Reapportionment and Redistricting in the New Electoral System. JAPANESE JOURNAL OF ELECTORAL STUDIES. 1997. 12. 122
  • 網中 政機. 「定数不均衡をめぐる法的問題」1996年度日本選挙学会 法律部会 『選挙をめぐる法的問題』 報告. 1996
  • 網中 政機. The Legal Problems in the Malapportionment. The Report of the Japan Election Studies Association in 1996. 1996
  • 網中 政機. 外国人の地方参政権-いまなぜ外国人への地方参政権か-. 名城法学. 1995. 45. 2. 91
もっと見る
書籍 (17件):
  • 'Direct Democracy, The Politics of Initiative, Reterendum'
    SHINZANSHIYA 'The Creaitive of Japanease -Germany Constitution' 2003
  • 「直接立法一考察-アメリカ各州のイニシアティブ、レファレンダムの考察から」
    信山社『日独憲法学の創造力』下巻 編集代表 樋口陽一など在中 2003
  • 'Direct Democracy, The Politics of Initiative, Reterendum'
    SHINZANSHIYA 'The Creaitive of Japanease -Germany Constitution' 2003
  • 憲法と市民生活
    嵯峨野書院 1992
  • The Constitution and the Civil Life.
    1992
もっと見る
Works (4件):
  • 大規模プロジェクトに対応した都市政策のあり方(大規模プロジェクトに対応した都市計画指斜の策定調査 調査報告書名古屋市)
    1991 -
  • The Urban Planning Policy cope with a Large-Scale Project. (The Research Report, Nagoya CITy)
    1991 -
  • 人権擁護の強化を求めて『国際比較憲法会議1990報告書』比較憲法会編
    1990 -
  • For The Protection of Human Rights-International Conference on Comparative Constitutional Law 1990-
    1990 -
学歴 (4件):
  • - 1973 早稲田大学 憲法
  • - 1973 早稲田大学
  • - 1967 早稲田大学 政治学科
  • - 1967 早稲田大学
学位 (1件):
  • 政治学修士 (早稲田大学)
委員歴 (2件):
  • 1994 - 日本法政学会 理事
  • 1989 - 比較憲法学会 理事
所属学会 (4件):
日本法政学会 ,  日本選挙学会 ,  比較憲法学会 ,  日本公法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る