研究者
J-GLOBAL ID:200901080808510075   更新日: 2019年04月22日

古山千佳子

コヤマ チカコ | Koyama Chikako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 特別支援教育 ,  公衆衛生学・健康科学 ,  小児科学 ,  リハビリテーション科学・福祉工学 ,  特別支援教育
研究キーワード (21件): トランスファー訓練 ,  軽度発達障害児 ,  目的活動 ,  在宅リハビリテーション ,  学校課題 ,  環境 ,  School AMPS ,  特別支援教育 ,  重症心身障害児 ,  小児 ,  重症心身障害 ,  国際研究者交流 ,  リハビリテーション ,  リハビリテーション倫理 ,  能力障害 ,  機能障害 ,  障害児 ,  長期ゴール ,  ADL ,  リハビリテーション医学 ,  作業療法
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2016 学校における教員と作業療法士の連携・協働モデルの開発ースクールAMPSを用いて
  • 2008 - 2009 特別支援教育における作業療法ストラテジーの探索-School AMPS有用性
  • 1998 - 1999 医療機関と生活の場での訓練ストラテジーの比較 -トランスファー繰り返し訓練を通じて-
  • 障害者の日常生活活動
論文 (14件):
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (5件):
  • 医療・保健専門職の倫理テキスト-悩める医療スタッフと学生のための事例集
    医療科学社 2007 ISBN:4860033744
  • 作業療法学全書改訂第3版 第11巻 日常生活活動
    協同医書出版 2009
  • 作業療法学全書改訂第3版 第11巻 日常生活活動
    協同医書出版 2009
  • 図解 作業療法技術ガイド 第3版 根拠と臨床経験にもとづいた効果的な実践のすべて
    文光堂 2011
  • 作業療法がわかるCOPM・AMPS実践ガイド
    医学書院 2014
講演・口頭発表等 (13件):
  • 片麻痺患者に対する生活場面での移乗動作繰り返し訓練の効果
    (作業療法 1996)
  • 作業療法士によりオリジナルに開発された日常生活活動評価表の検討
    (日本作業療法学会誌 1997)
  • 生活場面でのトランスファー繰り返し訓練の効果 在宅での1症例を通じて
    (日本作業療法学会誌 2000)
  • Case reports using an Occupational Performance process Model
    (The Journal of Japanese Association of Occupational Therapists 2001)
  • マラソン大会参加から一人暮らしの実現へ
    (作業科学研究 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2015 広島大学 教育学研究科 特別支援教育学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (広島大学)
経歴 (1件):
  • 2014 - 県立広島大学 准教授
所属学会 (8件):
日本特殊教育学会 ,  日本作業療法教育研究会 ,  日本AMPS研究会 ,  日本地域作業療法研究会 ,  日本作業行動学会 ,  日本作業療法士協会 ,  広島県作業療法士会 ,  日本生命倫理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る