研究者
J-GLOBAL ID:200901080924477425   更新日: 2020年01月16日

上野 健一

ウエノ ケンイチ | Ueno Kenichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~kueno/http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~kueno/
研究分野 (1件): 気象・海洋物理・陸水学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2018 日本の山岳研究・教育とユネスコ・エコパーク活動の学際化
  • 2016 - 2019 中部山岳域における地点降水量・雨雪判別とGPMプロダクトの比較検証
  • 2005 - 2009 チベット高原での集中観測データの解析と、長期観測のための基盤整備
  • 2005 - 2009 中華人民共和国 、日中気象災害協力研究センタープロジェクト
  • 1993 - 2000 チベット・ヒマラヤ山岳域における大気陸面相互作用と水熱循環過程
論文 (120件):
  • Morihiro Sawada, Risa Anzai, Kenichi Ueno. Continuous heavy precipitation with a winter occluding cyclone captured by GPM satellite in central Japan. Tsukuba Geoenvironmental Sciences. 2019. 15. 1-11
  • Ueno,Kenichi. Catalyzing transformations to sustainability on the worl's mountains. Earth's future. 2019
  • Ueno,Kenichi. Diurnal variation of surface wind speed observed in the mountaneous area of central Japan during sunny summer days. Journal of Meteorological Society of Japan. 2015. 93. 131-141
  • 上野,健一. 滋賀県北部におけるオオヒシクイ個体数の年次変動と環境要因. 日本鳥学会誌. 2000. 48. 3. 119-232
  • Ueno, Kenichi; Mito, Wataru; Kanai, Ryuji; Ueji, Yusuke; Inami, Akihiro; Suzuki, Keisuke; Kobayashi, Hajime; Tamagawa, Ichiro; Yamamoto, Munehisa K.; Shige, Shoichi. 暖候期の中部山岳における総観規模擾乱に応じた降水分布と衛星降水量の比較. 地学雑誌. 2019. 128. 1. 31-47
もっと見る
書籍 (11件):
  • 地表面フラックス測定法、台7章 降水量
    気象研究ノート、日本気象学会 2001
  • 地理学用語辞典
    大明堂 2002
  • 地球環境学
    古今書院 2007
  • 地球学シリーズ3 地球学調査・解析の基礎
    古今書院 2011
  • 地球学調査・解析の基礎
    古今書院 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Precipitation systems over the Tibetan Plateau
    (American Geophysical Union 2012)
  • Re-starting of Syangpoche AWS and analysis of intra-seasonal monsoon depression activities with atmospheric water balance
    (The 4th TPE workshop 2013)
  • Intra-seasonal variability of monsoon depression with atmospheric water balance
    (Terrestrial Water Cycle Observation and Modeling from Space Innovation and Reliability of Data Products 2013)
  • 冬季本州内陸における多降水・多降雪の発現
    (雪氷研究大会 2014)
  • Inter-university cooperative activities (JALPS) to monitor mountain hydrometeorology and biodiversity in Japan.
    (Mountain observatories, A global fair and workshop in social-ecological systems, 2014)
もっと見る
Works (13件):
  • ネパールヒマラヤ氷河学術研究調査
    上野, 健一 1987 - 1992
  • 文部省海外学術研究”チベット高原の水循環における雪氷の役割”(研究代表者:名古屋大学大気水圏科学研究所・教授・上田 豊)
    上野, 健一 1993 - 1993
  • 文部省海外学術研究”ヒマラヤ雪氷圏における地球温暖化による影響評価の基礎的研究”(研究代表者:名古屋大学大気水圏科学研究所・助教授・中尾正義)
    上野, 健一 1994 - 1994
  • 気象学会委任経理金(中部電力)にてアメリカ・フロリダ州における自動気象観測装置の開発とトレーニング
    上野, 健一 1995 - 1995
  • 文部省海外学術研究”ヒマラヤ雪氷圏における地球温暖化による影響評価の基礎的研究”(研究代表者:名古屋大学大気水圏科学研究所 ・助教授・中尾正義)
    上野, 健一 1996 - 1996
もっと見る
委員歴 (1件):
  • 2015/04 - 2019/03 日本雪氷学会 理事
受賞 (1件):
  • 2016/09 - 日本雪氷学会 論文賞
所属学会 (3件):
日本気象学会 ,  日本雪氷学会 ,  水文・水資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る