研究者
J-GLOBAL ID:200901080924477425   更新日: 2021年03月24日

上野 健一

ウエノ ケンイチ | Ueno Kenichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~kueno/
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (2件): 山岳地理 ,  大気陸面相互作用
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2021 山岳域における衛星データを活用した大気陸面相互作用研究
  • 2020 - 2021 本州内陸部で発生する多降水のGPMプロダクトによる比較検証
  • 2016 - 2019 中部山岳域における地点降水量・雨雪判別とGPMプロダクトの比較検証
  • 2017 - 2018 日本の山岳研究・教育とユネスコ・エコパーク活動の学際化
  • 2008 - 2014 CEOP-AEGIS Project
全件表示
論文 (134件):
  • Ueno, Kenichi, Sawada, Morihiro. Heavy winter precipitation events with extratropical cyclone diagnosed by GPM products and trajectory analysis. J. Meteor. Soc. Japan. 2021. 99
  • Kenichi Ueno, Jörg Balsiger, Martin F. Price. Education for Sustainable Mountain Development: Preliminary Insights From a Web-based Survey of Opportunities. Mountain Research and Development. 2020. 40. 4
  • 上野, 健一, Adhikary, Sunil. Solar ultraviolet (UV) radiation as a potential health hazard in the Himalaya. Journal of Tourism and Himalayan Adventures. 2020. 2. 105-118
  • 上野, 健一, 川瀬宏明. 菅平高原での冬季実習を通じたフィールド教育. 雪氷. 2020. 82. 2. 85-95
  • 上野,健一, 査,天豪, 浪間,洋介. 菅平高原における山岳積雪の湿雪化と低気圧活動の影響. 雪氷研究大会講演要旨集. 2020. 2020. 58-58
もっと見る
MISC (9件):
  • 上野 健一, 田中 健路, 筒井 浩行, Li Maoshan. D455 冬季チベット高原での水循環過程に関する研究課題(陸面過程,雪氷圏と気候,専門分科会). 大会講演予講集. 2005. 87
  • 上野 健一, 大楽 浩司, PATHIRANA Assela, 森山 聡之. 「第7回降水に関する国際会議」の報告. 水文・水資源学会誌. 2001. 14. 6. 516-520
  • 宮崎 真, 塚本 修, 筆保 弘徳, 石川 裕彦, 林 泰一, 玉川 一郎, 祁 永強, 上野 健一, 浅沼 順, 王 介民, et al. チベット、モンゴルでの地表面熱収支の不均衡. 大会講演予講集. 2000. 77. 0
  • 宮崎 真, GAME-Tibet境界層観測グループ, GAME-AAN LASMOG観測グループ, 塚本 修, 石川 裕彦, 林 泰一, 玉川 一郎, 筆保 弘徳, 祁 永強, 上野 健一, et al. GAME-IOP期間中のチベット高原とモンゴル高原における土壌水分と放射収支, 熱収支との関係の比較研究(その1). 大会講演予講集. 1999. 75. 0
  • Koike, T, Fujii, H, Shimo, C, Fujiharu, K, Ishikawa, H, Ueno, K. Passive Microwave Remote Sensing of Snow, Soil Moisture, Surface Temperrature and Rain in the Tibetan Plateau. Preprint of the third international scientific conference on the global energy and water cycle, 16-19 June, 1999 Beijing, China , pp. 357-358. 1999
もっと見る
書籍 (13件):
  • 山岳科学 = Mountain science
    古今書院 2020 ISBN:9784772242172
  • 山岳科学
    古今書院 2020 ISBN:4772242171
  • 地学雑誌特集号 「中部山岳域の天候・気候変化を探る」
    2019
  • 改訂版 地球環境学
    古今書院 2019 ISBN:9784772253192
  • 地学雑誌特集号
    2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • DPRプロダクツを利用した冬季温帯低気圧の構造解析
    (GPM および衛星シミュレータ合同研究集会 2021)
  • 菅平高原における山岳積雪の湿雪化と低気圧活動の影響
    (雪氷研究大会 2020)
  • International Mountain Conferenceに見る山岳研究・教育の動向
    (2020年度、第一回山岳科学セミナー 2020)
  • Observing mountain precipitation variabilities from the space
    (International Mountain Conference 2019)
  • Sustainable mountain development curricula: Current practice and lessons learned
    (International Mountain Conference、WS 3.4 2019)
もっと見る
Works (13件):
  • ビラム風向風速計
    上野,健一 2019 - 2019
  • CEOP-AEGISプロジェクトの一環としてネパールヒマラヤにおける自動気象観測システムの整備事業を行う
    上野, 健一 2012 - 2012
  • 中部山岳域研究、3大学連携事業
    上野, 健一 2011 -
  • JICA・日中気象災害協力研究センタープロジェクト
    上野, 健一 2005 - 2009
  • 戦略基礎研究(研究代表者:東京大学・教授・小池俊雄)にて、チベット高原での気象・水文自動観測システムのデータ回収とメンテナンス作業を行う。
    上野, 健一 2001 - 2005
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (筑波大学)
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 東京地学協会 地学雑誌編集委員
  • 2015/04 - 2019/03 日本雪氷学会 理事
受賞 (1件):
  • 2016/09 - 日本雪氷学会 論文賞
所属学会 (5件):
東京地学協会 ,  American Geophysical Union ,  水文・水資源学会 ,  日本雪氷学会 ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る