研究者
J-GLOBAL ID:200901081034945550   更新日: 2019年12月05日

近藤 久洋

コンドウ ヒサヒロ | KONDOH Hisahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • Vietnam-Japan University  職名Visiting Lecturer
  • 埼玉大学研究機構東アジアSD研究センター  職名Visiting Lecturer
研究分野 (3件): 政治学 ,  国際関係論 ,  経済政策
研究キーワード (4件): 開発の比較政治経済学 ,  ガバナンス ,  民主化 ,  援助政策
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 2020 新興国の「南南人道主義」は国際秩序を変えるか
  • 2015 - 2018 途上国開発戦略におけるガバナンス論の深化を目指して
  • 2014 - 2018 新興国の援助ドナー化プロセスの比較研究:『新興国アイデンティティ』
  • 2014 - 2017 援助大競争時代における途上国の選択:南南協力はODA後の国際協力枠組みになりうるか
  • 2014 - 2015 台湾援助研究
全件表示
MISC (41件):
  • 近藤 久洋. 新興国は多国間主義にいかにアプローチするのか. 埼玉大学紀要(教養学部). 2019. 55. 1
  • 近藤 久洋. Unilateralism versus Multilateralism? Emerging Countries and Emerging Multilateralisms. 国際開発研究. 2019. 28. 3
  • 近藤 久洋. Editorial: Amid the Rise of Unilateralism: Reinventing Multilateral Cooperation and Roles of Northeast Asian Countries to Achieve the SDGs. 国際開発研究. 2019. 28. 3
  • 近藤 久洋. Unilateralism versus Multilateralism? Emerging Countries and Emerging Multilateralisms. 2019. 1-20
  • 近藤 久洋. Stagnation of Integration in Aid Administration in South Africa-Choices between Norms, Interests and Power Balance-. JICA-RI Working Paper. 2018. 167. 1-33
もっと見る
書籍 (6件):
  • 'Comparative Analysis of Governance: Relationship between Bureaucracy and Policy Co-ordination Capacity with Particular Reference to Bangladesh'
    Japan International Cooperation Agency 2004
  • 『開発政治学入門-途上国開発戦略におけるガバナンス-』(共著:木村宏恒・近藤久洋・金丸裕志)
    勁草書房 2011 ISBN:978-4-326-50344-5
  • The Rise of Asian Donors: Japan's Impact on the Evolution of Emerging Donors
    2012
  • Foreign Aid Competition in North-East Asia
    2012
  • 開発政治学の展開-途上国開発戦略におけるガバナンス-
    勁草書房 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 「ヒエラルキーvs.ネットワーク? 韓国と台湾の政府-企業関係の比較分析」
    (日本比較政治学会2004年度研究大会 2004)
  • ‘Why Bangladesh Failed Construct Developmental Regime?’
    (名古屋大学大学院国際開発研究科セミナー 2005)
  • ‘Developmental Regimes in South Korea and Taiwan: Policy Networks, Resource and Governance’
    (名古屋大学大学院国際開発研究科セミナー 2005)
  • 「ガバナンス:官僚制度と政策実施能力の関係(バングラデシュを事例として)」
    (JICA客員研究員最終報告会 2005)
  • 「バングラデシュにおける開発主義国家構築:現状と問題」
    (アジア政経学会2006年度東日本大会報告 2006)
もっと見る
Works (5件):
  • 「エジプト貿易研修センター終了時評価報告書」(国際協力機構)
    2004 -
  • 「ケース教材:『突然の落雷』か『避雷針』か-韓国の金融危機はなぜ起こってしまったのか」, 『平成18年度ケース・ライティング・ワークショップ作成ケース集』(財団法人国際開発高等教育機構:FASID)
    2006 -
  • 「ティーチング・ノート:『突然の落雷』か『避雷針』か-韓国の金融危機はなぜ起こってしまったのか」, 『平成18年度ケース・ライティング・ワークショップ作成ケース集』(財団法人国際開発高等教育機構:FASID)
    2006 -
  • 「アジア情勢ブリーフィング」(埼玉県川越警察署)
    2008 - 2009
  • アジア開発銀行(ADB)研修向け講師
    2009 -
学歴 (3件):
  • 1989 - 1993 大阪外国語大学 外国語学部 アラビア・アフリカ語学科(スワヒリ語専攻)
  • 1996 - 1997 University of East Anglia Development Studies
  • 1998 - 2003 University of Leeds Politics
学位 (3件):
  • Ph.D. (University of Leeds)
  • MA (University of East Anglia)
  • 学士 (*大阪外国語大学*)
経歴 (21件):
  • 2002/10 - 2004/03 Overseas Project Management Consultants
  • 2004/04 - 2005/03 東洋大学大学院国際地域学研究科国際共生社会研究センター
  • 2004/08 - 2005/03 国際協力機構(JICA)(客員研究員)
  • 2005/10 - 2005/12 名古屋大学大学院国際開発研究科(客員研究員)
  • 2007 - 2008 国際協力銀行(JBIC)の委嘱調査(「新興ドナー調査」)研究分担者
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2017/11 - 現在 国際開発学会 国際交流委員会 委員長
  • 2016/05 - 2017/05 川越市PTA連合会 学年学級・進路委員
  • 2016/05 - 2016/05 川越市PTA連合会 運営委員
  • 2016/05 - 2017/05 川鶴地区子どもサポート委員会 委員
  • 2016/05 - 2017/05 青少年を育てる川鶴地区会議 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014/12 - 国際開発学会 奨励賞 ‘“Emerging Donors” from a Recipient Perspective: An Institutional Analysis of Foreign Aid in Cambodia-’, World Development
所属学会 (3件):
日本台湾学会 ,  国際開発学会 ,  Development Studies Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る