研究者
J-GLOBAL ID:200901081100961987   更新日: 2019年11月09日

角田 直也

TSUNODA Naoya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://homepage.kokushikan.ac.jp/tsunoda/user/
論文 (116件):
  • Kubo K, Miyazaki D, Yata H, Shimoju S, Okada M, Tsunoda N. Is the stiffness of human muscle and tendon structures related to muscle fiber composition in vivo?. J Sports Med Phys Fitness. 2018
  • Active muscle and tendon stiffness of plantar flexors in sprinters. Journal of Sports Sciences. 2017. 35. 8. 742-748
  • Are the knee and ankle angles at contact related to the tendon properties of lower limbs in long distance runners?. Springerplus. 2016. 5. 151
  • Passcive and active muscle stiffness in plantar flexors of long distance runners. J Biomech. 2015. 48. 10. 1937-43
  • K, Miyazaki D, Shimojo S, Tsunoda N. Relationship between elastic properties of tendon structures and performance in long distance runners. European Journal of Applied Physiology. 2015. 115. 1725-1733.
もっと見る
MISC (49件):
  • 田中理沙、亀山歩、田中重陽、角田直也. 足底圧力中心からみた空手道基本動作の特性. 国士舘大学体育研究所報. 2017. 35. 29-34
  • 他5名. 発育・発達がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響. 2006. 24. 71-76
  • 他4名. 体幹の筋出力発揮特性とスポーツ競技力. 2005. 23. 23-27
  • 他3名. 生活習慣病を有する高齢者の運動効果. 2005. 23. 5-11
  • 他2名. ボールキックにおけるSpeed meter法での下肢スイング動作速度の測定と推定ボール速度との関係. 2005. 6. 23-28
もっと見る
書籍 (3件):
  • 健康科学としての運動生理学
    文化書房博文社 1994
  • 医学博士がやさしく教える7秒ダイエット
    PHP研究所 2005
  • 改訂版 スポーツ測定評価学 〜からだの形と働きを測る〜
    文化書房博文社 2012
講演・口頭発表等 (285件):
  • Effect of joint position on evoked and voluntary elbow flexion torque in untrained and strength men.
    (Can. J. Appl. Sport. Sci., 10(4), 35. 1985)
  • Effect of joint position on evoked and voluntary elbow flexion torque in men and women.
    (Can. J. Appl. Sport. Sci., 10(4), 22. 1985)
  • Contractile properties of elbow flexors in untrained men and women and male bodybuilders.
    (Med. Sci. Sports Exerc., 1986)
  • Structural and contractile properties of human elbow flexor muscles.
    (Med. Sci. Sports Exerc., 1986)
  • Effect of age and sex on the voluntary strength and muscle area of human leg.
    (Can. J. Appl. Sport. Sci.,11(4),20. 1986)
もっと見る
Works (67件):
  • 発育期青少年の体肢組成と筋力
    1984 -
  • 小学生男子に対する筋力トレーニングの効果
    1985 -
  • レスリング選手の形態及び筋力特性
    1990 -
  • フリースタイルの日本選手とソ連選手における形態と筋力の比較
    1991 -
  • トップ・アマチュアレスリング選手の心臓形態について
    1992 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1971 - 1975 国士舘大学 体育学部 体育学科
  • 1975 - 1977 中京大学大学院 体育学研究科 体力学
学位 (3件):
  • 医学博士 (東京医科大学)
  • 体育学修士 (中京大学大学院)
  • 体育学士 (国士舘大学)
経歴 (6件):
  • 1977/04/01 - 1983/03/31 国士舘大学 体育学部 体育学科 助手
  • 1983/04/01 - 1987/03/31 国士舘大学 体育学部 体育学科 講師
  • 1987/04/01 - 1994/03/31 国士舘大学 体育学部 体育学科 助教授
  • 1994/04/01 - 現在 国士舘大学 体育学部 武道学科 教授
  • - 現在 国士舘大学大学院 スポーツ・システム研究科 スポーツ・システム専攻(修士課程) 教授
全件表示
委員歴 (12件):
  • 1995/04 - 2002/04 日本体育学会 評議員
  • 1995/04 - 現在 日本体育学会東京支部会 常任理事
  • 1996/04 - 2000/03 日本オリンピック委員会 コーチ
  • 1998/04 - 現在 東都大学準硬式野球連盟 顧問
  • 1999/04 - 現在 日本柔道整復接骨医学会バイオメカニクス分科会 顧問
全件表示
所属学会 (4件):
日本体育学会 ,  日本体力医学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  ヨーロッパスポーツ科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る