研究者
J-GLOBAL ID:200901081291209481   更新日: 2020年10月28日

岡部 正隆

Okabe Masataka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 解剖学 ,  進化生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (5件): 組織学 ,  進化発生学 ,  発生遺伝学 ,  発生生物学 ,  解剖学
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2019 - 2022 上陸時の器官進化の保守と革新を可視化するGCM2複合体標的遺伝子座の網羅比較解析
  • 2017 - 2020 哺乳類における体毛の針化を題材とした新規形質獲得の分子メカニズム解明
  • 2016 - 2020 脊椎動物の上陸に伴う四肢での細胞死システムの確立
  • 2015 - 2019 四肢動物の祖先モデルとしての古代魚ポリプテルスの実験動物化にかかる基盤整備
  • 2011 - 2014 22q11.2欠失症候群の内耳形成異常におけるFGFファミリーシグナルの機能解析
全件表示
論文 (81件):
  • Tokio Hoshina, Hiroka Aonuma, Manabu Ote, Tatsuya Sakurai, Erisha Saiki, Yuki Kinjo, Kazuhiro Kondo, Masataka Okabe, Hirotaka Kanuka. Intensive diagnostic management of coronavirus disease 2019 (COVID-19) in academic settings in Japan: challenge and future. Inflammation and Regeneration. 2020. 40. 1
  • Taketo Uchiyama, Ichiro Ohkido, Akio Nakashima, Yatsumu Saito, Masataka Okabe, Takashi Yokoo. Severe chronic kidney disease environment reduced calcium-sensing receptor expression in parathyroid glands of adenine-induced rats even without high phosphorus diet. BMC Nephrology. 2020. 21. 1
  • Shono T, Thiery AP, Cooper RL, Kurokawa D, Britz R, Okabe M, Fraser GJ. Evolution and developmental diversity of skin spines in pufferfishes. iScience. 2019. 19. 1248-1259
  • Kenta Kawahata, Ingrid Rosenburg Cordeiro, Shogo Ueda, Guojun Sheng, Yuuta Moriyama, Chika Nishimori, Reiko Yu, Makoto Koizumi, Masataka Okabe, Mikiko Tanaka. Evolution of the avian digital pattern. Scientific reports. 2019. 9. 1. 8560-8560
  • Kamejima S, Tatsumi N, Anraku A, Suzuki H, Ohkido I, Yokoo T, Okabe M. Gcm1 is involved in cell proliferation and fibrosis during kidney regeneration after ischemia-reperfusion injury. Scientific reports. 2019. 9. 1. 7883-7883
もっと見る
MISC (50件):
書籍 (4件):
  • 色弱の子どもがわかる本 : 家庭・保育園・学校でできるサポート術 : コミックQ&A
    かもがわ出版 2020 ISBN:9784780310986
  • はじめて色覚にであう本 20冊セット
    しきかく学習カラーメイト 2017 ISBN:4865842594
  • コミックQ&A 色弱の子どもがわかる本
    かもがわ出版 2016 ISBN:9784780308525
  • 増補改訂版 色弱の子を持つすべての人へ-20人にひとりの遺伝子
    北海道新聞社 2016 ISBN:489453827X
講演・口頭発表等 (250件):
  • ポリプテルスの側線感丘後方移動時の基底膜の変化
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • トランスクリプトーム解析による横隔膜の発生で発現する新たな遺伝子の探索
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • ゼブラフィッシュ尾鰭をモデルとした形態成長におけるプロポーション制御機構の解析
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 発生期横隔膜の初代培養法の確立と部位別レチノイン酸応答能の比較解析
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • ゼブラフィッシュの頭蓋縫合においてeven-skipped homeobox 1遺伝子は骨成長制御に関与する
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 色覚バリアフリー・カラーユニバーサルデザイン普及啓発活動
    2001 - 現在
学歴 (2件):
  • 1993 - 1996 東京慈恵会医科大学大学院 微生物学
  • 1987 - 1993 東京慈恵会医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京慈恵会医科大学)
経歴 (4件):
  • 2007/04 - 現在 東京慈恵会医科大学 解剖学講座 教授
  • 2005/02 - 2007/03 東京慈恵会医科大学 DNA医学研究所 講師
  • 1998/08 - 2005/01 国立遺伝学研究所 発生遺伝研究部門 助手(助教)
  • 1997/08 - 1998/07 新技術事業団 戦略的基礎研究CREST 研究員
委員歴 (12件):
  • 2020/02 - 現在 第31回日本医学会総会 記録委員会幹事
  • 2019/05 - 現在 日本医学教育評価機構 評価員
  • 2019/04 - 現在 白菊会連合会 常任運営委員
  • 2019/04 - 現在 篤志解剖全国連合会 代議員
  • 2019/04 - 現在 日本ヒト細胞学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2006/08 - 日本進化学会 研究奨励賞
所属学会 (8件):
日本進化学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  白菊会連合会 ,  篤志解剖全国連合会 ,  日本ヒト細胞学会 ,  日本解剖学会 ,  NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る