研究者
J-GLOBAL ID:200901081398169741   更新日: 2020年06月09日

赤松 純子

アカマツ ジュンコ | Akamatsu Junko
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
研究分野 (8件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学 ,  教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (4件): 消費者教育 ,  家庭科教育 ,  Consumer Education ,  Home Economics Education
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2001 - 消費者問題と食育
  • 1994 - 循環型社会における人間生活のしくみの把握と教材化
  • 循環型社会における食育
  • Concepts of Consumer Education
  • Total teaching material device : Food production 〜Food Life
全件表示
論文 (3件):
  • 今村律子, 中西大, 赤松純子. 空気に着目した理科からつなぐ家庭科衣生活学習. 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要. 2011. 11. 97-105
  • 赤松 純子, 大森 節子, 小川 桂子, 小山手 のり子. 企業と連携した食育プログラムの開発と実践-地産地消をめざして-. 消費者教育. 2011. 31. 179-188
  • 北又 寿美, 今村 律子, 赤松 純子. 着衣着火から住まいの環境へ発展させる「安全・安心」の授業--高齢者を中心に. 和歌山大学教育学部紀要 教育科学. 2011. 61. 11-17
MISC (80件):
もっと見る
書籍 (33件):
  • 初等家庭科教育法-新しい家庭科の授業をつくる-
    ミネルヴァ書房 2011
  • 『家庭科教育実践講座』 DVD 第 巻 国際理解を視野に入れたファシリテーター(促進者)としての家庭科
    ニチブン 2007
  • 『家庭科教育実践講座』 DVD 第 巻 「“MOTTAINAI(もったいない)”を家庭科に生かす」
    ニチブン 2007
  • 『食育6つの視点』
    農文協 2005
  • 『消費者教育論考』 第27章
    税務経理協会 2005
もっと見る
Works (5件):
  • 仮想コンビニを使った食育
    2003 -
  • オーストラリア・東南アジアの消費者保護
    1991 -
  • Consumer Protection in Australia and South-East Asia
    1991 -
  • 欧米諸国の消費者問題
    1989 -
  • Consumer Problems in Europe and North-America
    1989 -
学歴 (2件):
  • - 1976 広島大学 教科教育学家政教育
  • - 1976 広島大学
学位 (1件):
  • 教育学修士 (広島大学)
委員歴 (4件):
  • 2007 - 日本家庭科教育学会 近畿地区会 副会長
  • 2004 - 2005 日本消費者教育学会 評議員 (理事)、関西支部副支部長
  • 2005 - Japan Academy of Consumer Education, Councilor, Kansai branch(Head of sub-branch)
  • 2002 - 2004 日本家政学会 関西地区会役員
受賞 (2件):
  • 1999 - 日本消費者教育学会 研究奨励賞
  • 1999 - Japan Academy of Consumer Education; Academic society prize(Encouragement prize)
所属学会 (8件):
日本環境教育学会 ,  日本消費者教育学会 ,  中四国教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教科教育学会 ,  日本家政学会 ,  日本家庭科教育学会 ,  Japan Academy of Consumer Education
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る