研究者
J-GLOBAL ID:200901081452652712   更新日: 2020年06月06日

古賀 幹人

コガ ミキト | KOGA Mikito
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 磁性、超伝導、強相関系 ,  半導体、光物性、原子物理
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 多重量子ドット系の幾何学的対称性を利用したナノスケール多極子物性の創出
  • 2013 - 幾何学的構造をもつ量子ドット系によるスピン電荷制御の理論
  • 2008 - 内部構造をもつ磁性不純物による超伝導転移温度増大の可能性
  • 2004 - 多f電子状態に起因する新しい磁性と超伝導
  • 2001 - アクチイド系物質の多重極子効果 -非フェルミ流体・隠れた秩序-
論文 (34件):
  • Mikito Koga, Masashige Matsumoto. Theory of Photon-Assisted Magnetoacoustic Resonance as a New Probe of Quadrupole Dynamics. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 89. 2. 024701/1-10
  • Masashige Matsumoto, Mikito Koga. Theoretical Study of Magnetoelectric Effects in Honeycomb Antiferromagnet Co4Nb2O9. JPS Conference Proceedings. 2019. (Accepted)
  • Masashige Matsumoto, Mikito Koga. Symmetry Analysis of Magnetoelectric Effects in Honeycomb Antiferromagnet Co4Nb2O9. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 9. 094704/1-15
  • Mikito Koga, Masashige Matsumoto. Roles of Quadrupoles in Non-Fermi Liquid Physics for Crystal Field Triplets. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 3. 034713/1-8
  • M. Koga, M. Matsumoto, H. Kusunose. Spin and charge controlled by antisymmetric spin-orbit coupling in a triangular-triple-quantum-dot Kondo system. Physica B. 2017. 536. 226-229
もっと見る
MISC (3件):
  • 責任著者, 古賀 幹人, 共著者, 松本正茂, 楠瀬博明. ナノ・メゾ系のスピン電荷制御:近藤効果が誘発する電気分極(解説). 固体物理. 2013. 48. 227-236
  • 強相関電子系の物理(書評). 日本物理学会誌. 2009. 64. 9. 715-715
  • 基幹物理学ーこつこつと学ぶ人のためのテキストー(書評). 日本物理学会誌. 2009. 64. 3. 222-222
講演・口頭発表等 (16件):
  • 光子のアシストに磁気音響共鳴の理論 ー四極子ダイナミクスの新たな測定法に向けてー
    (J-Physics: 多極子伝導系の物理 令和元年度領域全体会議 2020)
  • Theory of Magnetic-Field-Angle-Dependent Quadrupole Coupling for Electron Paramagnetic Measurement
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019)
  • 結晶場多重項に起因する非フェルミ流体状態における多極子物理
    (J-Physics 多極子伝導系の物理 平成29年度 領域全体会議 2018)
  • Antisymmetric spin-orbit coupling effect on a triangular-triple-quantum-dot Kondo system
    (International Workshop on Multipole Physics and Related Phenomena 2017)
  • Spin and charge controlled by antisymmetric spin-orbit coupling in a triangular-triple-quantum-dot Kondo system
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1996 東京工業大学 理工学研究科 物理学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 1999 - 2000 米国カリフォルニア大学デービス校研究員
  • 2000 - - 静岡大学教育学部助教授
  • 1997 - 1999 日本学術振興会海外特別研究員(米国カリフォルニア大学デービス校)
  • 1997 - マックス・プランク研究所(ドイツ・ドレスデン)研究員
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本物理学会 2018年度 高頻度被引用論文 Symmetry Analysis of Spin-Dependent Electric Dipole and Its Application to Magnetoelectric Effects
  • 2012/11 - 日本物理学会 日本物理学会英文誌 注目論文 Emergent Electric Polarization by Kondo Effect in a Triangular Triple Quantum Dot
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  アメリカ物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る