研究者
J-GLOBAL ID:200901081571214049   更新日: 2020年09月01日

竹見 哲也

タケミ テツヤ | Takemi Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
ホームページURL (1件): http://ssrs.dpri.kyoto-u.ac.jp/takemi/
研究分野 (3件): 大気水圏科学 ,  防災工学 ,  環境動態解析
研究キーワード (18件): 黄砂 ,  突風 ,  集中豪雨 ,  暴風雨現象 ,  メソ気象モデリング ,  大気対流 ,  環境流体力学 ,  工学気象学 ,  メソ気象学 ,  Asian dust ,  wind gust ,  heavy Rain ,  severe local storms ,  mesoscale meteorological modeling ,  atmospheric convection ,  environmental fluid dynamics ,  engineering meteorology ,  mesoscale meteorology
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2008 - 2010 タクラマカン砂漠上の局地循環と黄砂の発生機構の解明
  • 2008 - 2010 災害気象のリアルタイム予測技術の開発
  • 2008 - 2010 Study on the mechanisms of the local circulation and the emission of yellow sand over the Taklamakan Desert
  • 2008 - 2010 Development of real-time forecasting systems of disastrous weather
  • 2007 - 2009 小型ドップラー気象レーダーによる鉄道安全運行のための突風探知システムの基礎的研究
全件表示
論文 (221件):
  • Hiromasa Nakayama, Tetsuya Takemi. Development of a Data Assimilation Method Using Vibration Equation for Large-Eddy Simulations of Turbulent Boundary Layer Flows. Journal of Advances in Modeling Earth Systems. 2020. 12. 8
  • Tetsuya Takemi, Toshiya Yoshida, Mitsuaki Horiguchi, Wim Vanderbauwhede. Large-Eddy-simulation analysis of airflows and strong wind hazards in urban areas. Urban Climate. 2020. 32. 100625-100625
  • Tetsuya Takemi, Shota Yamasaki. Sensitivity of the Intensity and Structure of Tropical Cyclones to Tropospheric Stability Conditions. Atmosphere. 2020. 11. 4. 411-411
  • Tetsuya Takemi, Takashi Unuma. Environmental factors for the development of heavy rainfall in the eastern part of Japan during Typhoon Hagibis (2019). Scientific Online Letters on the Atmosphere. 2020. 16. 30-36
  • Tetsuya Takemi, Rui Ito. Benefits of high-resolution downscaling experiments for assessing strong wind hazard at local scales in complex terrain: A case study of Typhoon Songda (2004). Progress in Earth and Planetary Science. 2020. 7. 4
もっと見る
MISC (294件):
  • 森本 淳子, 髙野(竹中) 宏平, 竹見 哲也. 人工林における気候変動への適応 (特集 地球温暖化と北方林). 北方林業 = Northern forestry, Japan. 2020. 71. 1. 13-16
  • 竹見哲也. 積乱雲からみた2018年7月の豪雨:共通性と特異性. 岩波「科学」. 2019. 89. 7. 635-640
  • 森本 淳子, 小川 健太, 伊東 瑠衣, 佐々井 崇博, 竹見 哲也, 柴田 英昭, 高野 宏平, 中川 孝介, Furukawa Flavio, 饗庭 正寛, et al. 人工林の風倒リスク推定に基づく森林計画-現在気候下での風倒モデリング-. 日本森林学会大会発表データベース. 2019. 130. 0. 697-697
  • Toshiya Yoshida, Tetsuya Takemi. Characteristics of turbulent flux and scale within an urban canopy with building-height variability. 10th International Conference on Urban Climate/14th Symposium on the Urban Environment, American Meteorological Society, City College of New York, Shepard Hall, New York, New York, USA, 6-10 August 2018. 2018
  • Tetsuya Takemi, Toshiya Yoshida, Mitsuaki Horiguchi. Effects of building-height variability on turbulence generation in the boundary layer over an urban area. 23rd Symposium on Boundary Layers and Turbulence/21st Conference on Air-Sea Interaction, American Meteorological Society, Renaissance Oklahoma City Convention Center, Oklahoma City, Oklahoma, USA, 11-15 June 2018, 7A.8. 2018
もっと見る
特許 (1件):
  • 環境状態予測システム及び環境状態予測情報の表示方法
書籍 (12件):
  • Bridging Science and Policy Implication for Managing Climate Extremes
    World Scientific Publishing Co. Pte Ltd. 2018 ISBN:9789813235656
  • 日本気候百科
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302439
  • 異常気象と温暖化がわかる どうなる?気候変動による未来
    技術評論社 2016
  • 異常気象災害
    ぎょうせい 2015
  • 「低温科学第72巻 雲とエアロゾルをつなぐ観測とモデリング」,藤吉康志編
    北海道大学低温科学研究所 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • 梅雨前線に伴う豪雨について
    (防災学術連携体・令和2年7月豪雨の緊急集会 2020)
  • Impact assessment and adaptation on extreme weather
    (8th EU-Japan Workshop on Climate Change Research 2020)
  • 地上近傍での風観測を活用した市街地での気流の解析
    (第18回英弘シンポジウム,東京都千代田区 学士会館 2020)
  • 台風19号の特徴と豪雨発生の気象状況
    (令和元年台風第19号に関する緊急報告会プログラム 2019)
  • 近年の台風・豪雨災害と気候変動の影響
    (令和元年度(第41回)滋賀県土木技術研究発表会,滋賀県草津市 滋賀県建設技術センター 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1999 京都大学 地球惑星科学専攻
  • - 1999 京都大学
  • - 1994 京都大学 地球物理学科
  • - 1994 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2007 - 京都大学准教授(防災研究所)
  • 2007 - Associate Professor, Kyoto University Disaster Prevention Research Institute
  • 2004 - 東京工業大学講師(大学院総合理工学研究科)
  • 2004 - Lecturer, Tokyo Institute of Technology Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering,
  • 1999 - 大阪大学助手(大学院工学研究科)
全件表示
委員歴 (2件):
  • - 2008 日本風工学会 編集・広報委員会委員
  • 2006 - 日本気象学会 気象集誌編集委員会委員 SOLA運営委員会委員 風工学シンポジウム査読委員会委員
所属学会 (10件):
アメリカ地球物理学連合 ,  アメリカ気象学会 ,  日本流体力学会 ,  日本風工学会 ,  日本気象学会 ,  American Geophysical Union ,  American Meteorological Society ,  Japan Society of Fluid Mechanics ,  Japan Association for Wind Engineering ,  Meteorological Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る