研究者
J-GLOBAL ID:200901081927264240   更新日: 2019年08月22日

北村 育子

KITAMURA, Ikuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (1件): 高齢者, サービス提供, 利用者, 認知症
論文 (17件):
  • 永田千鶴、北村育子. 認知症グループホームの運営推進会議の機能に対するメンバーの認識. 日本認知症ケア学会誌. 2019. 18. 2. 506-515
  • 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討. 日本福祉大学社会福祉論集. 2018. 138. 1-13
  • 高齢者施設における終末期ケア・看取りをめぐるソーシャルワーク実践の課題. 社会福祉研究. 2017. 128. 35-41
  • 時岡奈穂子. 「食」をテーマとするワールドカフェの実施を通したNPO法人による組織変革の試み. 日本福祉大学社会福祉論集136号65-80頁. 2017. 136. 65-80
  • 北村育子、永田千鶴. 地域包括支援センターによる認知症高齢者の在宅生活継続支援:専門職間の連携に着目して. 日本福祉大学社会福祉論集. 2015. 133. 1-16
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 特別養護老人ホームの看護師とケアワーカーの職務キャリア認知と終末期ケア実施との関連
    (第33回大会日本死の臨床研究会 2009)
  • 特別養護老人ホームにおいて看護師ならびにケアワーカーによって実施される終末期ケア行動の分析:両職種の有効な役割分担を目指して
    (Gerontological Society of America 62nd Annual Scientific Meeting 2009)
  • 日本における介護・医療施設における職員の多様性を促進する要素に関する研究
    (Tne Gerontological Society of America 64th Annual Scientific Meeting 2011)
  • エイジング・イン・プレイスを果たす認知症高齢者ケアモデルの開発:地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)編
    (日本老年看護学会第17回学術集会 2012)
  • 認知症高齢者が小規模多機能型事業所を活用して最期まで今いる場所で暮らすための要件に関する研究
    (The Gerontological Society of America 66th Annual Scientific Meeting 2013)
もっと見る
Works (5件):
  • <報告書>介護・看護現場におけるスタッフの多様性の拡大と協働に関する調査結果の概要
    石井京子 2011 -
  • <研究成果報告書>エイジング・イン・プレイスを果たす地域密着型事業所別認知症高齢者ケアモデルの開発
    永田千鶴、本郷秀和、東清巳、松本佳代、松本千晴 2014 -
  • <研究成果報告書>認知症高齢者の在宅療養継続支援、および在宅移行支援のための医療と福祉(介護)、本人・家族との地域連携システムの構築(2012年度ジェロントロジー研究助成事業)
    永田千鶴,松本佳代,森塚恵美,清永麻子 2014 -
  • 地域密着型介護サービス事業所における看取り介護実施の体制整備について
    北村育子・永田千鶴 2018 -
  • 特別養護老人ホームにおける看取り:ガイドラインの改訂とともに考える
    2018 -
学歴 (1件):
  • - 1995 コロンビア大学大学院 社会福祉科
学位 (1件):
  • MSSW(社会福祉学) (コロンビア大学)
所属学会 (5件):
日本地域看護学会 ,  日本老年看護学会 ,  日本社会福祉実践理論学会 ,  Gerontological Society of America ,  日本社会福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る