研究者
J-GLOBAL ID:200901081984099833   更新日: 2021年08月06日

小林 陽子

コバヤシ ヨウコ | Yoko Kobayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (6件): 家政学史 ,  家政学 ,  家庭科教育学 ,  Hisroty of Home Economics ,  Home Economics ,  Home Economics Education
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2003 - 家庭科教育
  • 2003 - 家庭科教育
  • 1998 - 近代家政学成立史の研究
  • 1998 - 近代家政学成立史の研究
論文 (4件):
  • 根岸あゆ美, 長安めぐみ, 小林 陽子. 学校教育と性の多様性 - 教員のあり方に焦点をあてて -. 群馬大学教育学部紀要. 芸術・技術体育・生活科学編. 2020. 55. 109-117
  • 家庭科教育と新しい能力. 一橋大学〈教育と社会〉研究. 2019. 29. 25-34
  • 中澤みな美, 小林陽子. 中学校家庭科における消費生活に関する学習内容の変遷. 群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編. 2019. 54. 81-90
  • 小林陽子, 中澤みな美. 中学校における消費者教育の課題-群馬県家庭科教員への質問紙調査から-. 群馬大学教科教育学研究. 2019. 18. 31-40
MISC (47件):
  • 小林陽子, 前田亜紀子, 高橋紗智代. 留学生の食生活調査. 群馬大学教科教育学研究. 2018. 17. 17. 83-92
  • 中里真一, 小林陽子, 前田亜紀子. 小学生家庭科における協同的問題解決を取り入れた布を用いたものづくり学習. 群馬大学教育実践研究. 2018. 35. 35. 145-150
  • 町田 まゆ, 小林 陽子, 長安 めぐみ. デートDV予防のための中学校家庭科における授業開発. 群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編. 2018. 53. 117-126
  • 小林陽子, 石渡仁子, 井元りえ,ほか5名. 生活の営み行動への関与とウェルビーイングのかかわり. 日本家庭科教育学会誌. 2017. 68. 7. 317-325
  • 神部京香, 小林陽子. 消費者教育における批判的思考力を育む家庭科授業開発. 群馬大学教育実践研究. 2017. 34. 34. 93-100
もっと見る
書籍 (2件):
  • 教科教育の今日的課題と展望-群馬大学からの発信
    あさを社 2011 ISBN:9784870245280
  • いきいき家庭科-「開かれた個」を育成するカリキュラム開発と授業研究-
    教育図書 2010
講演・口頭発表等 (22件):
  • 留学生の食生活調査-多文化共生への一考察-
    (社団法人日本家政学会 2017)
  • 留学生の食生活環境とQOL-多文化共生への一考察-
    (社団法人日本家政学会 2017)
  • 「ことばによる暴力」にみる大学生の恋愛とジェンダー
    (日本語ジェンダー学会 2016)
  • ウェルビーイングと大学生の自立
    (一般社団法人日本家政学会 2016)
  • 家庭生活の営みとウェルビーイングのかかわり-家庭生活の営みの主責任者と参加者との比較-
    (家政学原論部会夏期セミナー 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (甲南女子大学)
経歴 (11件):
  • 2020/10 - 現在 女子栄養大学 栄養学部
  • 2010/11 - 2020/09 群馬大学 教育学部 助教授・准教授
  • 2009/10 - 2010/10 群馬大学 教育学部
  • 2009/10 - 2010/10 群馬大学 教育学部 講師
  • 2010 - - 群馬大学教育学部准教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 日本教育大学協会全国家庭科部中国地区 副会長(2008年度)
  • 日本教育大学協会全国家庭科部門 全国運営委員(2008年度)
  • (一社)日本家政学会 家政学原論部会関東地区委員(2010年~現在)
所属学会 (10件):
日本語ジェンダー学会 ,  国際家政学会 ,  日本教育大学協会全国家庭科部中国地区 ,  日本教育大学協会全国家庭科部門 ,  日本教育大学協会全国家庭科部門関東地区 ,  日本生活学会 ,  日本家庭科教育学会 ,  (一社)日本家政学会 ,  Japan Assosiation of Home Economics Education ,  Home Economics of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る