研究者
J-GLOBAL ID:200901082190312253   更新日: 2020年06月13日

奥村 綱雄

オクムラ ツナオ | Okumura Tsunao
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.okumura.ynu.ac.jp
研究分野 (4件): 経済政策 ,  経済政策 ,  経済統計 ,  理論経済学
研究キーワード (5件): 計量経済学 ,  マクロ経済学 ,  金融論 ,  主観的期待確率 ,  部分識別
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2023 将来の仕事と生活に関する主観的期待調査による期待形成、就業選択、政策効果の分析
  • 2017 - 2022 住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析
  • 2017 - 2020 資産選択の期待形成に関する実証分析
  • 2016 - 2020 結婚・出産・育児と就業に対する主観的期待確率の測定とそれに基づく育児支援策の評価
  • 2015 - 2020 多様な個人を前提とする政策評価型国民移転勘定の創生による少子高齢化対策の評価
全件表示
論文 (7件):
  • Mayu Kobayashi, Miki Kobayashi, Tsunao Okumura, Emiko Usui. Sharing Housework between Husbands and Wives: How to Improve Martial Satisfaction for Working Wives in Japan. IZA Journal of Labor Policy. 2016. 5. 18
  • 奥村綱雄, 臼井恵美子. Intergenerational Transmission of Skills and Differences in Labor Market Outcomes for Blacks and Whites. Research in Labor Economics, Special Issue on Inequality: Causes and Consequences. 2016. 43. 227-286
  • 奥村綱雄, 臼井恵美子. Do Parents’ Social Skills Influence Their Children’s Sociability?. The B.E. Journal of Economic Analysis and Policy. 2014. 14. 3. 1081-1116
  • 奥村綱雄. Wealth as a Signal in the Search Model of Money (with mathematical appendix). CMS-EMS Discussion paper No.1401, Northwestern University. 2005. 1401
  • 奥村綱雄. Interdependence of Supply and Demand Shocks in East Asia: Nonparametric Approach. 2004
もっと見る
MISC (2件):
  • 奥村綱雄. 識別とは何か. 経済セミナー 増刊. 2016. 増刊
  • 奥村綱雄. 部分識別入門 (第1回-第6回連載). 経済セミナー 2015年4・5月号~2016年2・3月号. 2015. 683-688
書籍 (3件):
  • 部分識別入門 ー計量経済学の革新的アプローチー
    日本評論社 2018 ISBN:9784535558939
  • 「アジアの金融、資本市場-自由化と相互依存-」第10章「東アジア地域におけるマクロ経済的相互依存」
    日本経済新聞社 1996
  • 「日本の景気-バブルそして平成不況の動学実証分析-」第9章「経常収支変動要因の時系列分析」
    有斐閣 1995
講演・口頭発表等 (15件):
  • Gender Differences in Career Choice of College Students in Japan
    (World Social Science Forum 2018 2018)
  • 部分識別とその応用:処置効果を中心に
    (日本経済学会 2015春季大会 チュートリアルセッション 2015)
  • Intergenerational Transmission of Skills and Black-White Differences in Labor Market Outcomes
    (IZA Workshop 2015)
  • Effect of Pension Reform on Pension-Benefit Expectations and Savings Decisions in Japan
    (RIETI-RAND Workshop 2011)
  • Concave-monotone Treatment Response and Monotone Treatment Sel ection: With an Application to the Returns to Schooling
    (World Congress of the Econometric Society 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2000 ノースウエスタン大学 経済学研究科
  • - 1995 東京大学 経済学研究科
  • - 1993 東京大学 経済学研究科
  • - 1989 大阪大学 経済学部
学位 (2件):
  • 経済学博士 (東京大学)
  • Ph.D. (Northwestern University)
経歴 (5件):
  • 2013/04 - 現在 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授
  • 2007/04 - 2013/03 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究科 教授
  • 2009/08 - 2010/03 ノースウエスタン大学 経済学部 客員研究員
  • 2000/04 - 2007/03 横浜国立大学 助教授
  • 2004/12 - 2005/12 ノースウエスタン大学 客員研究員
所属学会 (5件):
日本経済学会 ,  Econometric Society ,  American Economic Association ,  The Society of Labor Economists ,  日本統計学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る