研究者
J-GLOBAL ID:200901082316946237   更新日: 2021年03月08日

西 愼一

ニシ シンイチ | Nishi Shinichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (2件): Nephrology ,  腎臓病学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2021 マージナルドナー腎移植の安全性に関する新規エビデンス創出研究
  • 2017 - (AMED)慢性腎臓病(CKD)進行例の実態把握と透析導入回避のための有効な指針の作成に関する研究/保存期腎不全・透析・腎移植連携分科会責任者,腎、透析、移植専門医間のシステムの構築
  • 2016 - (AMED)慢性腎臓病(CKD)進行例の実態把握と透析導入回避のための有効な指針の作成に関する研究/ガイドライン作成・検証、末期腎不全実態調査
  • 2012 - 2015 腎移植後急性拒絶反応の新規診断法の開発
  • 2002 - 移植腎生検の臨床病理学的研究
全件表示
論文 (257件):
  • Takako Saeki, Mitsuhiro Kawano, Tasuku Nagasawa, Yoshifumi Ubara, Yoshinori Taniguchi, Motoko Yanagita, Shinichi Nishi, Michio Nagata, Satoshi Hisano, Yutaka Yamaguchi, et al. Correction to: Validation of the diagnostic criteria for IgG4-related kidney disease (IgG4-RKD) 2011, and proposal of a new 2020 version. Clinical and experimental nephrology. 2021
  • Takako Saeki, Tasuku Nagasawa, Yoshifumi Ubara, Yoshinori Taniguchi, Motoko Yanagita, Shinichi Nishi, Michio Nagata, Yutaka Yamaguchi, Takao Saito, Hitoshi Nakashima, et al. Validation of the 2019 ACR/EULAR criteria for IgG4-related disease in a Japanese kidney disease cohort: a multicentre retrospective study by the IgG4-related kidney disease working group of the Japanese Society of Nephrology. Annals of the rheumatic diseases. 2021
  • Takako Saeki, Mitsuhiro Kawano, Tasuku Nagasawa, Yoshifumi Ubara, Yoshinori Taniguchi, Motoko Yanagita, Shinichi Nishi, Michio Nagata, Satoshi Hisano, Yutaka Yamaguchi, et al. Validation of the diagnostic criteria for IgG4-related kidney disease (IgG4-RKD) 2011, and proposal of a new 2020 version. Clinical and experimental nephrology. 2021. 25. 2. 99-109
  • Kazuhiko Tsuruya, Terumasa Hayashi, Hiroyasu Yamamoto, Hiroki Hase, Shinichi Nishi, Kunihiro Yamagata, Masaomi Nangaku, Takashi Wada, Yukari Uemura, Yasuo Ohashi, et al. Renal prognoses by different target hemoglobin levels achieved by epoetin beta pegol dosing to chronic kidney disease patients with hyporesponsive anemia to erythropoiesis-stimulating agent: a multicenter open-label randomized controlled study. Clinical and experimental nephrology. 2021
  • 西 慎一. 指定難病 アミロイドーシスに対する対策 (特集 腎疾患領域における難病対策). 腎臓内科 = Nephrology. 2021. 13. 1. 77-85
もっと見る
MISC (345件):
  • 芦刈 淳太郎, 佐々木 ひと美, 能勢 和宏, 三重野 牧子, 西 愼一. ドナーの年齢が献腎移植レシピエントの腎機能発現に及ぼす影響. 移植. 2020. 55. 総会臨時. 254-254
  • 藤本 卓也, 田代 裕己, 遠藤 貴人, 西岡 遵, 横山 直己, 小川 悟史, 石村 武志, 西 愼一, 飯島 一誠, 藤澤 正人. 神戸大学での腎移植400例に関する検討. 移植. 2020. 55. 総会臨時. 359-359
  • 横山 直己, 石村 武志, 田代 裕己, 藤本 卓也, 遠藤 貴人, 西岡 遵, 小川 悟史, 藤井 秀毅, 西 愼一, 藤澤 正人. 先行的腎移植における骨ミネラル代謝異常. 移植. 2020. 55. 総会臨時. 391-391
  • 遠藤 貴人, 田代 裕己, 藤本 卓也, 西岡 遵, 横山 直己, 小川 悟史, 石村 武志, 西 愼一, 藤澤 正人. 当施設における腎移植後抗HLA抗体モニタリングの現状. 移植. 2020. 55. 総会臨時. 396-396
  • 西 愼一. 【高齢者の腎疾患】腎移植患者の高齢化とその対応. Geriatric Medicine. 2020. 58. 10. 923-926
もっと見る
書籍 (34件):
  • 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ
    日本医事新報社 2019
  • 透析医療における様々な疑問に答えるseries9
    メディカルレビュー株式会社 2019
  • これまでがワカる。これからがカワる。透析療法最前線
    東京医学社 2019
  • いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた, 使いかた
    中外医学社 2019
  • 透析療法最前線 / 献腎移植.これまでがワカる。これからがワカる.
    東京医学社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (422件):
  • 腎性貧血治療の展望(ESA低反応性の克服)
    (第65回日本透析医学会学術集会・総会 2020)
  • マージナルドナーに関するAMED研究
    (第53回日本臨床腎移植学会 2020)
  • 腎移植直後に著明な血中膵酵素濃度上昇を認めたが自然軽快した5例
    (第52回臨床腎移植学会総会 2019)
  • シンポジウム 3 「mTOR阻害薬の適正活用法」 腎移植後維持期エベロリムス追加によるIF/TA、慢性CNI腎毒性抑制
    (第52回臨床腎移植学会総会 2019)
  • 神戸大学におけるAlport症候群を原疾患とする腎移植15例の検討
    (第40回 小児腎不全学会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 透析患者のQOLに関する調査研究
    2002 - 2003
学歴 (2件):
  • - 1990 新潟大学大学院
  • - 1983 新潟大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (新潟大学)
経歴 (3件):
  • 2014/05 - 現在 神戸大学大学院医学研究科内科学講座 腎免疫内科学分野腎臓内科学部門 教授
  • 2010/05 - 2014/04 神戸大学医学部附属病院 腎・血液浄化センター 特命教授
  • 旧所属 新潟大学 医歯学総合病院 血液浄化療法部 助教授
委員歴 (3件):
  • 2002 - 2003 日本臨床電子顕微鏡学会 評議員
  • 2002 - 2003 日本透析医学会 評議員
  • 1997 - 2002 日本腎臓学会 学術評議員
受賞 (3件):
  • 2017/10 - 厚生労働省 平成29年度臓器移植対策功労者に対する厚生労働大臣感謝状 腎移植医療に関与した者
  • 2010/06 - 日本腎臓学会 2010日本腎臓学会学術総会優秀演題賞 IgG4関連腎疾患の電顕所見
  • 2002 - 日本腎臓学会 日本腎臓学会バクスタースカラーシップ 臨床研究原文
所属学会 (4件):
日本臨床電子顕微鏡学会 ,  日本内科学会 ,  日本透析医学会 ,  日本腎臓学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る