研究者
J-GLOBAL ID:200901082416938339   更新日: 2021年04月07日

内山 伊知郎

ウチヤマ イチロウ | Uchiyama Ichiro
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
研究分野 (3件): 社会心理学 ,  実験心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (4件): 交通心理学 ,  感情心理学 ,  乳幼児心理学 ,  発達心理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 交通安全行動に関する心理学的研究
  • 感情の発達心理学的研究
  • 自己空間移動が乳児の発達に及ぼす影響
論文 (129件):
  • 鈴木慎也, 内山伊知郎. 年少児の社会的遊びと他者視点取得能力の関連. 同志社心理. 2021. 67. 8-16
  • Midori Ban, Ichiro Uchiyama. Developmental changes in toy preferences during pretend play in toddlerhood. Early Child Development and Care. 2020. 1-10
  • David I. Anderson, Minxuan He, Paula Gutierrez, Ichiro Uchiyama, Joseph J. Campos. Do Balance Demands Induce Shifts in Visual Proprioception in Crawling Infants?. Frontiers in Psychology. 2019. 10
  • David I. ANDERSON, Ichiro UCHIYAMA, Joseph, J. CAMPOS, Minxuan HE, Audun DAHL, Eric A. WALLE, Marianne, A. BARBU-ROTH. Recent Advances in Understanding the Link between Locomotor Experience and Psychological Development. Behavioral Science Research(行動科学). 2018. 56. 2. 73-102
  • Yusuke Moriguchi, Midori Ban, Hidekazu Osanai, Ichiro Uchiyama. Relationship between implicit false belief understanding and role play: Longitudinal study. European Journal of Developmental Psychology. 2018. 15. 2. 172-183
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (31件):
  • 感情心理学ハンドブック
    北大路書房 2019
  • 交通心理学入門 日本交通心理学会(企画) 石田敏郎・松浦常夫(編)
    企業開発センター 2017
  • 社会・情動発達とその支援 臨床発達心理士認定運営機構;監修;近藤清美;尾崎康子
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:9784623080731
  • 新・発達心理学ハンドブック 田島信元・岩立志津夫・長崎勤(共編)
    福村出版 2016
  • マザリーズの理論と実践
    北大路書房 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 学校における交通安全教育の進め方
    (学校安全教育指導者講習会(北部会場) 文部科学省・京都府教育委員会 2017)
  • Analyzing the Impacts of Children's Role-taking Ability on the School Adjustment Considering Emotional Engagement and Emotional Adjustment
    (INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 2016)
  • Shared Book Reading at Home Facilitates the Frequency of Joint Attention in Infancy
    (INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 2016)
  • Crawling Experience Sensitizes Infants to Visual Proprioception Specifying a Sudden Drop
    (International Congress of Psychology SPONSORED SYMPOSIUM SPS07 The Role of Motor Activity in Psychological (Symposium sponsored by the Japanese Association of Behavioral Science) 2016)
  • 生涯を通した交通安全と家庭の役割 (地域・家庭部会 基調講演)
    (第55回交通安全国民運動中央大会 全日本交通安全協会・警察庁 2015)
もっと見る
Works (4件):
  • 運転時のストレスに関する調査研究
    1997 -
  • 運動行動の背景となる日常行動に関する調査
    1995 -
  • 駐車に関する調査
    1991 - 1994
  • 歩行に関する調査
    1992 - 1993
学歴 (3件):
  • - 1987 名古屋大学 教育心理学専攻後期課程
  • - 1983 名古屋大学 教育心理学専攻前期課程
  • - 1980 同志社大学 文化学科心理学専攻
学位 (1件):
  • 教育学修士 (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2009/04 - 現在 同志社大学心理学部教授
  • 2004/04 - 2009/03 同志社大学 文学部 教授
委員歴 (13件):
  • 2009/04 - 2018/03 日本応用心理学会 理事
  • 2007/08 - 2017/09 日本健康心理学会 理事
  • 2005 - 2017 日本交通心理学会 運営委員
  • 関西心理学会 幹事(2001-2005)監事(2005-2007)委員(2007-)
  • 日本道徳性発達実践学会 理事(2003-2011)・常任理事(2011-)・編集委員長(2003-)
全件表示
所属学会 (15件):
関西心理学会 ,  日本道徳性発達実践学会 ,  日本赤ちゃん学会 ,  日本行動科学学会 ,  日本老年精神医学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本交通心理学会 ,  日本パーソナリティー心理学会 ,  交通科学研究会 ,  日本発達心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本医療秘書実務学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る