研究者
J-GLOBAL ID:200901082433545499   更新日: 2022年04月26日

亀井 源太郎

カメイ ゲンタロウ | Kamei Gentaro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://gk1024.jp/
研究分野 (1件): 刑事法学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2007 - 2010 自治体「不祥事」と法令遵守体制の構築に関する研究
  • 2007 - 2009 共謀罪の総合的研究
  • 2006 - 2008 来日外国人犯罪に関する総合的研究-国際協力の視点から
  • 2004 - 2005 正犯概念の研究--共謀罪を素材に
  • 2003 - 2004 強姦罪・強制わいせつ罪の研究-ジェンダーの視点から
全件表示
論文 (158件):
  • 亀井 源太郎. 演習 刑法. 法学教室. 2020. 473. 122-123
  • 亀井源太郎, 遠藤聡太, 佐藤拓磨, 仲道祐樹. 刑法 (特集 学界回顧 2020). 法律時報 92 (13), 42-58. 2020
  • 亀井源太郎. 刑事法研究者から見た海賊版サイト対策を巡る動き (著作権法上のダウンロード違法化に関する諸問題). Law & technology, 71-75. 2020
  • 亀井 源太郎. 演習 刑法. 法学教室. 2020. 472. 128-129
  • 亀井 源太郎. 演習 刑法. 法学教室. 2019. 471. 118-119
もっと見る
書籍 (30件):
  • 問題演習基本七法2020
    有斐閣 2020
  • 刑法2 各論
    日本評論社 2020
  • 刑法1 総論
    日本評論社 2020
  • 日本の夜の公共圏 : スナック研究序説
    白水社 2017 ISBN:9784560095478
  • プロセス講義刑事訴訟法
    信山社出版 2016 ISBN:9784797226645
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 「共謀共同正犯における共謀の概念と刑事手続」
    (第90回日本刑法学会・個別報告 2012)
  • 「共謀共同正犯における共謀概念」
    (第89回日本刑法学会・ワークショップ「共謀共同正犯の現在 2011)
  • 「因果関係論に求められるもの」
    (第88回日本刑法学会・ワークショップ「因果関係論・客観的帰属論の新展開」 2010)
  • 「共謀罪検討の視角」
    (第84回日本刑法学会・ワークショップ「共謀罪」 2006)
  • 「罪数論と手続法--実体法上の『一罪』と手続法上の『一罪』」
    (第83回日本刑法学会・ワークショップ「罪数論・競合論の今日的課題」 2005)
学歴 (9件):
  • 1998 - 1998 東京都立大学 基礎法学専攻
  • 1998 - 東京都立大学 基礎法学専攻
  • 1998 - 東京都立大学 基礎法学専攻
  • 1998 - 東京都立大学 基礎法学専攻
  • 1996 - 1996 東京都立大学 基礎法学専攻
全件表示
経歴 (15件):
  • 2011/04 - 現在 慶應義塾大学法学部教授
  • 2017/04 - 2018/03 コロンビア大学 法科大学院 訪問研究員
  • 2016/04 - 2017/03 カリフォルニア大学バークレー校 法科大学院 訪問研究員
  • 2009/04 - 2011/03 慶應義塾大学法学部准教授
  • 2008/04 - 2009/03 首都大学東京大学院社会科学研究科法曹養成専攻教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2018/05 - 現在 日本刑法学会 理事
  • 2002 - 現在 情報ネットワーク法学会 会員
  • 2002 - 現在 情報ネットワーク法学会 会員
  • 1996 - 現在 日本刑法学会 会員
  • 1996 - 現在 日本刑法学会 会員
全件表示
所属学会 (2件):
情報ネットワーク法学会 ,  日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る