研究者
J-GLOBAL ID:200901082496547831   更新日: 2020年05月30日

島野 光司

シマノ コウジ | Shimano Koji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://science.shinshu-u.ac.jp/~shimano/shimano_top.htmlhttp://science.shinshu-u.ac.jp/~shimano/shimano_top.html
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 千曲川中流域の試験的河道掘削と生物生産性に関する研究
  • 千曲川中流域の試験的河道掘削と生物生産性に関する研究
  • 千曲川中流域の試験的河道掘削と生物生産性に関する研究
  • 千曲川中流域の試験的河道掘削と生物生産性に関する研究
  • 千曲川中流域の試験的河道掘削と生物生産性に関する研究
全件表示
論文 (66件):
  • Goto, S, Shimano, K. Germination traits of Robinia pseudoacacia L. var. umbraculifera DC. seeds in the Saigawa River system, Nagano Prefecture, central Japan. Academia Journal of Agricultural Research. 2018. in press
  • Goto, S, Shimano, K. Riparian forest invasion by Robinia pseudoacacia and its effects on riverside vegetation. Vegetation Science. 2018. 35. in press
  • Shimizu, R, Shimano, K. The effects of agricultural practices and cultivation abandonment on plant communities in rice fields and the significance of rice fields as habitat for wetland species on Sado Island, Niigata Prefecture, Japan. Vegetation Science, 34: 1-21. Vegetation Science. 2016. 34. 1-21
  • Maruyama,T, Shimano,K. The vegetative environment for egg distribution of Tongeia fischeri (Eversmann) and the host plant, Orostachys japonicus (Maxim.) A. Berger in the Matsumoto Basin, Japan. Vegetation Science, 33:53-64. Vegetation Science. 2016. 33. 53-64
  • 堀井日香里, 島野光司, 佐藤利幸. 長野県松本市におけるシラホシムグラGalium aparine L.の侵入. 信州大学教育学部附属志賀自然教育研究施設研究業績. 2015. 52. 17-18
もっと見る
書籍 (2件):
  • 野外における森林の更新動態の調査,研究のポイント.ベーシックマスター生態学.
    オーム社 2007
  • 信州のブナ林.「植物群落モニタリングのすすめ 自然保護に活かす「植物群落レッドデータ・ブック」」
    文一総合出版 2005
講演・口頭発表等 (2件):
  • 河畔林におけるニセアカシアの侵入が種組成に与える影響.第22回 植生学会沖縄大会(沖縄県男女共同参画センター 10月22日)
    (2017)
  • 長野県松本市周辺におけるクロツバメシジミTongeia fischeri(Eversmann) が生息する植生環境.第21回 植生学会大阪大会 (大阪産業大学10月23日)
    (2016)
受賞 (1件):
  • 2016 - 植生学会賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る