研究者
J-GLOBAL ID:200901082569791280   更新日: 2020年11月03日

中馬 新一郎

チュウマ シンイチロウ | Chuma Shinichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  遺伝学 ,  発生生物学
研究キーワード (6件): stem cell ,  germline ,  developmental biology ,  genetics ,  epigenome ,  genome
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 生殖系列サイクルの遺伝的安定性の発生制御メカニズム
  • 2013 - 2018 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御
  • 2013 - 2018 生殖幹細胞の減数分裂移行を制御するゲノム-エピゲノムプログラム
  • 2012 - 2015 生殖細胞の減数分裂誘導とクロマチン構造転換の制御ネットワーク
  • 2013 - 2014 生殖幹細胞の増殖分化転換と核ダイナミクス連携
全件表示
論文 (51件):
もっと見る
特許 (2件):
  • トランスジェニック動物の作製方法、トランスジェニック動物
  • 細胞の分化状態の評価方法
書籍 (6件):
  • 減数分裂の発生制御とゲノム情報の継承、実験医学 32、853-858
    2014
  • 哺乳類生殖細胞と生殖顆粒構造、生殖細胞の発生・エピジェネティクスと再プログラム化、蛋白質核酸酵素 52(共立出版)、 2102-2108
    2007
  • 多能性幹細胞と胚形成・生殖系列、 再生医学の基礎 幹細胞と臓器形成(名古屋大学出版会)、1-29
    2003
  • 始原生殖細胞の培養と減数分裂への移行、幹細胞クローン研究プロトコール(羊土社)、33-41
    2001
  • 胎仔生殖系列細胞の発生と操作、遺伝子医学 4、264-268
    2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • piRNA in germ cell development
    (Gordon research conference "germinal stem cell biology" 2015.5.31-6.5, Hong Kong, China)
  • piRNAs in the testis: mammalian tudor genes and germinal granules.
    (International Congress of Andrology, 2013.2.23-26, Melbourne, Australia)
  • Mammalian tudor related genes in the male germline
    (44th meeting of society for the study of reproduction, 2011.7.31-8.4 Portland, USA)
  • Germline tudor genes, germinal granules and spermatogenesis in mice
    (Cold spring harbor laboratory asia conference “Developmental Control of Sex, Growth and Cellular Fate” 2011.10.11-15, Suzhou, China)
  • Ultrastructural characteristic of spermatogenesis and its evolutionary conservation in the germline
    (World Congress on Reproductive Biology 2008.5.24-25, Hawaii, USA)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1999 総合研究大学院大学(総研大) 遺伝学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学(総研大))
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る