研究者
J-GLOBAL ID:200901082587401473   更新日: 2012年07月17日

修 震

シュウ シン | Xiu Zhen
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究キーワード (14件): 対象者と記す)に ,  リハビリテーション実施対象者(以降 ,  施設に出向いての実施が余儀なくされており ,  在宅リハビリテーションはあまり普及していないのが現状である。そのため ,  専門職の人材が不足なため ,  一般の高齢者の生活機能低下の予防には在宅リハビリテーションが有効とされている。 在宅リハビリテーションは居宅訪問による理学療法士など専門職の指導のもとで行うものである。しかし ,  また ,  インターネットを用いた遠隔制御によるマルチ利用在宅リハビリシステムの開発研究 脳血管疾患退院後の身体機能の維持と寝たきり防止 ,  rehabilitation is not such an easy ta ,  rehabilitation to help the people to recover their function is strongly required. However ,  more and more aged people will have to face the problem on motion ability of some parts of the body. Therefore ,  the percentage of aged persons in society and their physical deterioration has become social problem in many countries ,  with Single-Master and Multi-Slaves With the low birth rate and many other problems ,  Internet-based Tele-rehabilitation System for Wrist
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • -
  • -
学歴 (2件):
  • 2004 - 2009 東京工業大学 機械制御システム
  • - 2004 北京理工大学 機械
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京工業大学 機械制御システム専攻)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る