研究者
J-GLOBAL ID:200901082767560197   更新日: 2021年06月03日

斎藤 稔

サイトウ ミノル | SAITO Minoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 生物物理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  生体医工学 ,  生体材料学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (3件): 神経系 ,  情報処理 ,  バイオ素子
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 ヤマトヒメミミズとミサカヒメミミズの比較による再生・生殖分子機構の解明
  • 2018 - 2019 有機感応膜ガスセンサを用いた火薬類の安定度試験装置の開発
  • 2014 - 2016 数理物理科学に基づいた生命システム動態の解明とその工学的再構築
  • 2012 - 2013 医療・健康分野への応用を目指した匂いセンサの開発
  • 2011 - 2013 匂いセンサを用いた匂いセンシングシステム・ロボットの開発
全件表示
論文 (54件):
もっと見る
MISC (1件):
  • Yusuke Shibasaki, Minoru Saito. Entropy Flux in Stochastic and Chaotic Loewner Evolutions. Journal of the Physical Society of Japan. 2020. 89. 11. 113801 (4 pages)
特許 (1件):
  • 神経突起の形態の定量値算出装置及びプログラム
書籍 (5件):
  • Sediment Watch: Monitoring, Ecological Risk Assessment and Environmental Management, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2018
  • Sediment Watch: Monitoring, Ecological Risk Assessment and Environmental Management, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2018 ISBN:9781536138573
  • Organismal and Molecular Malacology, Ed. Sajal Ray
    InTechOpen 2017 ISBN:9789535133063
  • Snails: Biodiversity, Biology and Behavioral Insights, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2017 ISBN:9781536118476
  • Microsheres, Microcapsules and Liposomes
    Citus Books, London 1998
講演・口頭発表等 (50件):
  • 確率論的・カオス的レヴナー発展におけるエントロピー生成と流れ
    (日本物理学会第76回年次大会(オンライン) 2021)
  • 海馬で合成される男性・女性ホルモンやストレスホルモンによる記憶シナプスの早いnon-genomicな制御
    (第58回日本生物物理学会年会(オンライン) 2020)
  • ヨーロッパモノアラガイの咀嚼神経系の蛍光NOイメージング -味覚嫌悪学習前後のNO放出の比較
    (第58回日本生物物理学会年会(オンライン) 2020)
  • The effects of thermal stress on long-term memory formation in the land slug
    (FENS (Federation of European Neuroscience Society) 2020 Forum(オンライン) 2020)
  • 緑茶由来カテキンはナメクジの匂い嫌悪条件付け学習による記憶形成を強化する
    (第57回日本生物物理学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 早稲田大学 物理学及び応用物理学
  • - 1982 早稲田大学 応用物理学科
委員歴 (2件):
  • 2011/04 - 現在 日本生物物理学会 分野別専門委員「非線形・カオス・複雑系」
  • 2005/04 - 現在 Information誌 Editorial Board
所属学会 (4件):
日本物理学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る