研究者
J-GLOBAL ID:200901082767560197   更新日: 2020年05月03日

斎藤 稔

サイトウ ミノル | Saito Minoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 生物物理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (3件): 神経系 ,  情報処理 ,  バイオ素子
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 ヤマトヒメミミズとミサカヒメミミズの比較による再生・生殖分子機構の解明
  • 2018 - 2019 有機感応膜ガスセンサを用いた火薬類の安定度試験装置の開発
  • 2014 - 2016 数理物理科学に基づいた生命システム動態の解明とその工学的再構築
  • 2012 - 2013 医療・健康分野への応用を目指した匂いセンサの開発
  • 2011 - 2013 匂いセンサを用いた匂いセンシングシステム・ロボットの開発
全件表示
論文 (51件):
  • Yusuke Shibasaki, Minoru Saito. Loewner Evolution Driven by One-dimensional Chaotic Maps. Journal of the Physical Society of Japan. 2020. 89. 5. 054801-1-054801-10
  • 柴﨑雄介, 野呂知加子, 斎藤稔. ビジュアル・プログラミング言語Simulinkを用いた自己組織化現象の数理モデル構築・シミュレーション. 日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要. 2020. 55. 261-270
  • Yusuke Shibasaki, Minoru Saito. Loewner Equation with Chaotic Driving Function Describes Neurite Outgrowth Mechanism. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 6. 063801
  • Yusuke Shibasaki, Chikako Yoshida-Noro, Minoru Saito. A Size-Dependent Multiple-Loop Negative Feedback System Describes Biological Segment Formation Based on the Clock and Wavefront Mechanism. Biophysical Reviews and Letters. 2018. 13. 4. 217-228
  • Kohei Ishida, Momo Murata, Koharu Hashiguchi, Yoshimasa Komatsuzaki, Satoshi Watanabe, Minoru Saito. Spatiotemporal Neural Activity Changes in the Molluscan Olfactory Center Specifically Induced by Innately Aversive and In Vitro Aversively Conditioned Odors. Journal of Behavioral and Brain Science. 2018. 8. 5. 294-305
もっと見る
特許 (1件):
  • 神経突起の形態の定量値算出装置及びプログラム
書籍 (5件):
  • Sediment Watch: Monitoring, Ecological Risk Assessment and Environmental Management, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2018
  • Sediment Watach: Monitoring, Ecological Risk Assessment and Environmental Management, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2018 ISBN:9781536138573
  • Organismal and Molecular Malacology, Ed. Sajal Ray
    InTechOpen 2017 ISBN:9789535133063
  • Snails: Biodiversity, Biology and Behavioral Insights, Ed. Chee Kong Yap
    Nova Science Publishers, Inc., New York 2017 ISBN:9781536118476
  • Microsheres, Microcapsules and Liposomes
    Citus Books, London 1998
講演・口頭発表等 (46件):
  • 緑茶由来カテキンはナメクジの匂い嫌悪条件付け学習による記憶形成を強化する
    (第57回日本生物物理学会年会 2019)
  • 低次元写像により駆動されるレヴナー発展の幾何学的特徴
    (日本物理学会2019年秋季大会 2019)
  • 味覚嫌悪学習によって形成されるヨーロッパモノアラガイの長期記憶と神経活動に対するエピカテキンの効果(II)
    (第42回日本神経科学大会 2019)
  • 匂い刺激によってナメクジ嗅覚中枢神経系に引き起こされるNO放出の蛍光イメージング(II)
    (第42回日本神経科学大会 2019)
  • 火薬類の安定度試験に関する JIS 開発
    (火薬学会 2019 年春季研究発表会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 早稲田大学 大学院 理工学研究科 物理学及び応用物理学
  • - 1982 早稲田大学 理工学部 応用物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
委員歴 (1件):
  • 2011/04 - 日本生物物理学会 分野別専門委員「非線形・カオス・複雑系」
所属学会 (4件):
日本物理学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る