研究者
J-GLOBAL ID:200901082881607950   更新日: 2021年03月04日

山田 光彦

ヤマダ ミツヒコ | Yamada Mitsuhiko
所属機関・部署:
職名: 部長
ホームページURL (2件): https://www.ncnp.go.jp/nimh/yakuri/index.htmlhttps://www.ncnp.go.jp/nimh/yakuri/index-e.html
研究分野 (5件): 精神神経科学 ,  神経科学一般 ,  薬理学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (1件): 臨床薬理学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2020 - 2023 統合失調症のグルタミン酸神経伝達異常におけるリゾホスファチジン酸の役割
  • 2019 - 2022 統合失調症モデルマウスを用いた「幻覚・妄想」の神経基盤の解明
  • 2019 - 2022 うつ病の病態におけるアストロサイトの機能異常へのリゾホスファチジン酸受容体の関与
  • 2017 - 2020 恐怖記憶の消去学習と再固定化に着目したPTSD曝露療法併用薬の開発
  • 2017 - 2020 新規抗不安薬開発を目指したδオピオイド受容体を介する抗不安作用メカニズムの解明
全件表示
論文 (353件):
もっと見る
MISC (249件):
書籍 (20件):
  • HOPEガイドブック-救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス
    へるす出版 2018 ISBN:4892699519
  • 救急医療から地域へとつなげる自殺未遂者支援のエッセンス
    2018
  • 抗うつ薬 他
    2017
  • 精神科処方ノート
    2016
  • 精神科処方ノート 意識障害
    2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (344件):
  • 多施設共同による実践的臨床試験を成功させる工夫-抗うつ薬の最適使用戦略を確立したSUN-D試験の経験-.
    (第40回日本臨床薬理学会学術総会)
  • 多施設共同による実践的臨床試験を成功させる工夫 抗うつ薬の最適使用戦略を確立したSUN-D試験の経験
    (臨床薬理 2019)
  • Stress induced postsynaptic plasticity in the orbitofrontal-amygdala pathway in mice.多施設共同による実践的臨床試験を成功させる工夫-抗うつ薬の最適使用戦略を確立したSUN-D試験の経験-.
    (6th Congress of AsCNP0回日本臨床薬理学会学術総会)
  • Inactivation of orbitofrontal cortex prevents stress-induced behavioral change in mice.
    (6th Congress of AsCNP)
  • A ROCK inhibitor ,Fasudil, suppressed behavioral changes induced by physical stress, but not by emotional stress in mice social defeat stress model.
    (6th Congress of AsCNP)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1987 - 1991 昭和大学
  • 1989 - 1990 慶應義塾大学 特別研究生
  • 1981 - 1987 昭和大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (昭和大学)
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 精神薬理研究部 部長
  • 2004/05 - 2010/03 国立精神・神経センター精神保健研究所 老人精神保健部 部長
  • 2001/11 - 2004/04 昭和大学医学部 精神医学教室 講師
  • 1997/06 - 2001/10 昭和大学医学部 精神医学教室 助手
受賞 (9件):
  • 2019 - 日本うつ病学会 下田光造賞
  • 2013 - American Society of Clinical Psychopharmacology (ASCP) Best Poster Award
  • 2003 - 昭和大学医学部同窓会 Young Investigator's Award
  • 2003 - 日本臨床精神神経薬理学会 ポール・ヤンセン賞
  • 2001 - Japan Foundation for Neuroscience and Mental Health Young Investigator's Award
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る