研究者
J-GLOBAL ID:200901082917959050   更新日: 2020年09月01日

伊吾田 宏正

イゴタ ヒロマサ | Igota Hiromasa
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物資源保全学
研究キーワード (3件): 狩猟学 ,  野生動物管理学 ,  wildlife management
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1996 - Develpoment of methods of local wildlife mananegement Conservation of hunting technique and culture Hunter education deer migration and mortality
  • migration and mortality in sikadeer
論文 (86件):
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 野生動物の管理システム : クマ・シカ・イノシシとの共存をめざして
    講談社 2015 ISBN:9784061552333
  • 野生動物管理のための狩猟学
    朝倉書店 2013 ISBN:4254450281
  • 野生動物管理:理論と技術
    文永堂出版 2012
  • 野生動物と社会-人間事象からの科学-
    文永堂出版 2011 ISBN:9784830032318
  • Seasonal migration of sika deer on Hokkaido Island, Japan., p251-272, D. R. McCullough et al., ed. Sika deer: biology and management of native and introduced populations.
    Springer 2009 ISBN:9784431094289
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 野生動物との上手な付き合い方
    (第1回旭川市猟友会冬のセミナー 2020)
  • 野生動物管理体制を支える教育プログラムを創る:野生動物学コースの取り組み
    (「野生生物と社会」学会 2019)
  • エゾシカ管理のグランドデザインとシカ捕獲認証制度
    (北海道博物館 企画テーマ展「エゾシカ」関連シンポジウム「いま、改めてエゾシカ問題を考える」 2019)
  • アジア太平洋地域の野生動物保全の現状
    (International Council for Game and Wildlife Conservation, the General Assembly 2019 2019)
  • 北海道西興部村猟区におけるエゾシカ捕獲効率の変化
    (日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集 2018)
もっと見る
Works (2件):
  • エゾシカのテレメトリー調査
    1997 -
  • telemetly study of sika deer
    1997 -
学歴 (5件):
  • - 2004 北海道大学 環境資源学専攻博士課程
  • - 2000 東京大学 応用動物
  • - 2000 東京大学
  • - 1997 横浜市立大学 生物学
  • - 1997 横浜市立大学
学位 (1件):
  • 農学 (北海道大学)
委員歴 (9件):
  • 2017/04 - 現在 環境省 知床世界遺産科学委員会エゾシカ・ヒグマWG委員
  • 2016/08 - 現在 環境省 釧路湿原エゾシカ対策検討会議委員
  • 2016/04 - 現在 環境省 鳥獣保護管理に係る人材登録事業審査委員
  • 2016/04 - 現在 北海道 エゾシカ有識者会議構成員
  • 2019/01 - 2020/03 農林水産省 ジビエコーディネーター検討委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 「野生生物と社会」学会 「野生生物と社会」学会功労賞
所属学会 (2件):
「野生生物と社会」学会 ,  日本哺乳類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る