研究者
J-GLOBAL ID:200901082923889021   更新日: 2020年07月10日

久保 稔

クボ ミノル | Kubo Minoru
所属機関・部署:
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  植物分子、生理科学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (10件): 遺伝子発現 ,  細胞工学 ,  細胞培養 ,  細胞増殖 ,  一細胞解析 ,  トランスクリプトーム ,  ケミカルジェネティクス ,  分化全能性 ,  発生・分化 ,  形態形成
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 植物特有の隣接細胞間相互作用因子の単離とその分子基盤の解析
  • 2018 - 2021 微小光学デバイスを用いた組織・細胞レベルでの植物生理応答モニタリング技術の開発
  • 2016 - 2020 テンションウッド誘導系を用いたG層形成のマスター制御因子の探索
  • 2014 - 2016 一細胞遺伝子発現解析を用いたステム・ニッチ形成機構の解明
  • 2006 - 2011 植物細胞における分化全能性の分子機構の解明
全件表示
論文 (5件):
  • Tran DM, Ishiwata-Kimata Y, Mai TC, Kubo M, Kimata Y. The unfolded protein response alongside the diauxic shift of yeast cells and its involvement in mitochondria enlargement. Scientific reports. 2019. 9. 1. 12780
  • Ishikawa M, Morishita M, Higuchi Y, Ichikawa S, Ishikawa T, Nishiyama T, Kabeya Y, Hiwatashi Y, Kurata T, Kubo M, Shigenobu S, Tamada Y, Sato Y, Hasebe M. Physcomitrella STEMIN transcription factor induces stem cell formation with epigenetic reprogramming. Nature plants. 2019. 5. 7. 681-690
  • Sato Y, Sugimoto N, Hirai T, Imai A, Kubo M, Hiwatashi Y, Nishiyama T, Hasebe M. Cells reprogramming to stem cells inhibit the reprogramming of adjacent cells in the moss Physcomitrella patens. Scientific reports. 2017. 7. 1. 1909
  • 久保 稔. 次世代シーケンサーを用いた 1 細胞遺伝子発現解析の現状と展望〜植物細胞のリプログラミング機構の解明に向けて〜. BSJ-Review. 2016. 7. 189-200
  • Kubo M, Imai A, Nishiyama T, Ishikawa M, Sato Y, Kurata T, Hiwatashi Y, Reski R, Hasebe M. System for Stable β-Estradiol-Inducible Gene Expression in the Moss Physcomitrella patens.. PloS one. 2013. 8. 9. e77356
MISC (6件):
  • Kotaro Torii, Keisuke Inoue, Keita Bekki, Kazuya Haraguchi, Minoru Kubo, Yuki Kondo, Takamasa Suzuki, Hanako Shimizu, Kyohei Uemoto, Masato Saito, Hiroo Fukuda, Takashi Araki, Motomu Endo. Origination of the circadian clock system in stem cells regulates cell differentiation in Arabidopsis thaliana. bioRxiv. 2019
  • 伊藤敦也, 久保稔, 大谷美沙都, 石川寿樹, 川合真紀, 出村拓, 山口雅利. シロイヌナズナVND遺伝子群の遺伝学的解析. 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集. 2018. 36th. 153
  • 井藤純, 齊藤知恵子, 植村知博, 久保稔, 出村拓, 福田裕穂, 上田貴志, 中野明彦. 木部分化過程におけるオルガネラのダイナミクス. 日本植物生理学会年会要旨集. 2007. 48th. 95
  • 長谷部光泰, 西山智明, 棚橋貴子, 青野直樹, 青山剛士, 程朝陽, 藤田知道, 橋本薫, 平井正良, 日渡祐二, 石川雅樹, 岩田美根子, 久保稔, 倉田哲也, 三上浩司, 宮崎さおり, 森長真一, 村田隆, 小原真理, 小栗康子, 小野寺直子, 佐藤良勝, 住川直美, 篠原直貴, 若月幸子, 杉本渚. 陸上植物の発生進化を引き起こしたゲノム進化. 日本植物生理学会年会要旨集. 2007. 48th. 124
  • 久保稔, 宇田川真理子, 西窪伸之, 堀口吾朗, 山口雅利, 井藤純, 三村徹郎, 福田裕穂, 出村拓. 高等植物における道管形成のマスター制御因子であるVND6とVND7. 日本分子生物学会年会講演要旨集. 2005. 28th. 718
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • テンションウッド形成機構の解明に向けた木部繊維細胞誘導系の開発
    (日本植物学会第82回大会 2018)
  • 細胞遺伝子発現解析を用いたヒメツリガネゴケ葉細胞におけるリプログラミング分子機構の解明
    (日本植物学会第82回大会 2018)
  • Dissecting tension wood formation of in-pot cultured poplar with RNA-seq
    (International Symposium on Forest Tree Molecular Biology and Biotechnology 2018)
  • 孤立させたヒメツリガネゴケ葉細胞のリプログラミング過程における1細胞遺伝子発現解析
    (日本植物学会第81回大会 2017)
  • 1細胞トランスクリプトーム解析による植物リプログラミング関連遺伝子の探索
    (NGS現場の会第5回大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 大阪大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程
  • 1994 - 1996 大阪大学 大学院理学研究科 生理学専攻 修士課程
  • 1989 - 1993 大阪大学 理学部 生物学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2019/10 - 現在 熊本大学 特任講師
  • 2019/04 - 2019/09 熊本大学 学術研究員
  • 2015/04 - 2019/03 奈良先端科学技術大学院大学 特任准教授
  • 2013/10 - 2015/03 奈良先端科学技術大学院大学 特任准教授
  • 2013/03 - 2013/09 フライブルク大学 招聘研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014/03 - 日本植物生理学会 PCP論文賞 Identification of IAA Transport Inhibitors Including Compounds Affecting Cellular PIN Trafficking by Two Chemical Screening Approaches Using Maize Coleoptile Systems
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本植物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る