研究者
J-GLOBAL ID:200901082923889021   更新日: 2021年10月27日

久保 稔

クボ ミノル | Kubo Minoru
所属機関・部署:
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  植物分子、生理科学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (11件): 微小光学デバイス ,  遺伝子発現 ,  細胞工学 ,  細胞培養 ,  細胞増殖 ,  一細胞解析 ,  トランスクリプトーム ,  ケミカルジェネティクス ,  分化全能性 ,  発生・分化 ,  形態形成
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 植物特有の隣接細胞間相互作用因子の単離とその分子基盤の解析
  • 2018 - 2021 微小光学デバイスを用いた組織・細胞レベルでの植物生理応答モニタリング技術の開発
  • 2016 - 2020 テンションウッド誘導系を用いたG層形成のマスター制御因子の探索
  • 2014 - 2016 一細胞遺伝子発現解析を用いたステム・ニッチ形成機構の解明
  • 2006 - 2011 植物細胞における分化全能性の分子機構の解明
全件表示
論文 (36件):
  • Shiori Terada, Minoru Kubo, Nobuhiro Akiyoshi, Ryosuke Sano, Toshihisa Nomura, Shinichiro Sawa, Misato Ohtani, Taku Demura. Expression of peat moss VASCULAR RELATED NAC-DOMAIN homologs in Nicotiana benthamiana leaf cells induces ectopic secondary wall formation. Plant molecular biology. 2021
  • Tran DM, Ishiwata-Kimata Y, Mai TC, Kubo M, Kimata Y. The unfolded protein response alongside the diauxic shift of yeast cells and its involvement in mitochondria enlargement. Scientific reports. 2019. 9. 1. 12780
  • Ishikawa M, Morishita M, Higuchi Y, Ichikawa S, Ishikawa T, Nishiyama T, Kabeya Y, Hiwatashi Y, Kurata T, Kubo M, et al. Physcomitrella STEMIN transcription factor induces stem cell formation with epigenetic reprogramming. Nature plants. 2019. 5. 7. 681-690
  • Minoru Kubo, Tomoaki Nishiyama, Yosuke Tamada, Ryosuke Sano, Masaki Ishikawa, Takashi Murata, Akihiro Imai, Daniel Lang, Taku Demura, Ralf Reski, et al. Single-cell transcriptome analysis of Physcomitrella leaf cells during reprogramming using microcapillary manipulation. Nucleic acids research. 2019. 47. 9. 4539-4553
  • Yoshikatsu Sato, Nagisa Sugimoto, Tadayoshi Hirai, Akihiro Imai, Minoru Kubo, Yuji Hiwatashi, Tomoaki Nishiyama, Mitsuyasu Hasebe. Cells reprogramming to stem cells inhibit the reprogramming of adjacent cells in the moss Physcomitrella patens. Scientific Reports. 2017. 7. 1. 1909
もっと見る
MISC (40件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • テンションウッド形成機構の解明に向けた木部繊維細胞誘導系の開発
    (日本植物学会第82回大会 2018)
  • 細胞遺伝子発現解析を用いたヒメツリガネゴケ葉細胞におけるリプログラミング分子機構の解明
    (日本植物学会第82回大会 2018)
  • Dissecting tension wood formation of in-pot cultured poplar with RNA-seq
    (International Symposium on Forest Tree Molecular Biology and Biotechnology 2018)
  • Transcriptome analysis of tension wood formation using in-pot cultured poplar
    (Taiwan-Japan Plant Biology 2017 2017)
  • 孤立させたヒメツリガネゴケ葉細胞のリプログラミング過程における1細胞遺伝子発現解析
    (日本植物学会第81回大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 大阪大学 生物科学専攻 博士後期課程
  • 1994 - 1996 大阪大学 生理学専攻 修士課程
  • 1989 - 1993 大阪大学 生物学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 デジタルグリーンイノベーションセンター 特任准教授
  • 2019/10 - 2021/03 熊本大学 大学院先端科学研究部(理) 特任講師
  • 2019/04 - 2019/09 熊本大学 大学院先端科学研究部(理) 学術研究員
  • 2015/04 - 2019/03 奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 特任准教授
  • 2013/10 - 2015/03 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究推進センター 特任准教授
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014/03 - 日本植物生理学会 PCP論文賞 Identification of IAA Transport Inhibitors Including Compounds Affecting Cellular PIN Trafficking by Two Chemical Screening Approaches Using Maize Coleoptile Systems
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本植物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る