研究者
J-GLOBAL ID:200901083038001273   更新日: 2019年11月25日

高橋 学

タカハシ マナブ | Takahashi Manabu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (2件): 考古学 ,  防災工学
研究キーワード (1件): 災害リスクマネージメント、環境考古学、災害、土地利用、環境、震災、阪神・淡路地震、土地条件、水田、揚子江下流域
論文 (122件):
  • 高橋 学, 森永速男, 山下史朗, 甲斐昭光, 多賀茂治, 査読なし. シンポジウム「災害考古学の可能性を探る」の記録. 兵庫県立博物館研究紀要. 2016. 9. 18-33
  • 高橋 学. 人はどこで死ぬか-災害発生のメカニズムから-. 兵庫県立博物館研究紀要. 2016. 9. 1-17
  • 高橋 学. 環境史からみた信長の時代I-桶狭間の戦い-. 立命館文学. 2016. 645. 164-189
  • 高橋 学. 環太平洋地域の災害と文明. 安田喜憲編『自然と人間の関係の地理学』、古今書院. 2015. 191-216
  • TAKAHASHI Manabu. Damages Caused by Tsunami during Great Tohoku Eathquake-Perspective of Environmental History-. I.G.U. Proceedings 電子版. 2013
もっと見る
MISC (9件):
  • 高橋 学. 環境史からみた災害. 都市問題. 2016. 107. 1
  • 高橋 学. 熊本地震は南海地震の前兆かもしれない. 現代ビジネス電子版. 2016. 1-2
  • 高橋 学. 熊本地震の次は南海トラフだ. サンケイデジタル、電子版. 2016. 1-3
  • TAKAHASHI Manabu, 査読あり. Earthquake,Tsunami and Flood Disasters in Prehistoric and Historic Eras. 国際考古学会議プロシーディングス. 2016. 8. 1-8
  • 高橋 学. 鬼怒川洪水-これは偏った治水政策が招いた人災だ-. 現代ビジネス電子版、講談社. 2015. 1-4
もっと見る
書籍 (71件):
  • 近世における京都鴨川・桂川の洪水
    思文閣 2012
  • 震災を知る
    岐阜新聞社 2011
  • 京都の原風景と平安京
    白川書院 2010
  • 韓半島中西部地域の地形環境分析
    スキョン文化社 2008
  • 古地形および遺跡分布予測調査報告書(原文ハングル)
    高麗大学校考古環境研究所 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (58件):
  • 震災と土地条件
    (静岡県道路協会 2012)
  • 迫りくる巨大地震-志段味地区の地形環境と地質-
    (名古屋市消防局 2012)
  • 地理学からみた自然災害
    (西宮市 2012)
  • 環境考古学からみた「白砂青松」
    (大阪湾岸開発振興会議 2012)
  • 地理学から考える自然災害-日本とペルーの比較-
    (JICA ペルー環境研究者研修会 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1983 立命館大学大学院 文学研究科 地理学
  • - 1978 立命館大学 文学部 地理学科地理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (立命館大学)
所属学会 (11件):
条里制古代都市研究会 ,  日本地理学会 ,  日本第四紀学会 ,  人文地理学会 ,  東北地理学会 ,  地理科学学会 ,  日本文化財科学会 ,  歴史地理学会 ,  考古学研究会 ,  リモートセンシング学会 ,  日本写真測量学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る