研究者
J-GLOBAL ID:200901083100391504   更新日: 2020年01月15日

池 俊介

イケ シュンスケ | IKE, Shunsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 人文地理学
研究キーワード (1件): 人文地理学、地理教育
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 地理教育におけるコンピテンシーの開発に関する研究
  • 2017 - 2021 「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発
  • 2016 - 2019 コンピテンシー重視の地理教育の確立に向けた基礎的研究
  • 2015 - 2018 学校教育における観光教育の教材開発とカリキュラム立案
  • 2013 - 2017 地理、歴史、公民を関連させた社会科としてのESD実践の構築と発信に関する研究
全件表示
論文 (33件):
  • 池 俊介. コンピテンシー重視の教育改革と地理教育の課題-ポルトガルの経験に学ぶ-. 新地理. 2019. 67. 3. 1-19
  • 池 俊介. ポルトガルの農村ツーリズム. E-jornal GEO. 2018. 13. 1. 359-366
  • 池 俊介. ポルトガルにおけるESDの展開と地理教育. 早稲田大学大学院教育学研究科紀要. 2016. 26. 1-14
  • ポルトガルにおける中学校地理教育の特徴と課題. 新地理(日本地理教育学会). 2015. 63. 1. 1-18
  • 福元雄二郎と共著. 高校地理教育における野外調査の実施状況と課題-神奈川県内の高校を対象としたアンケート調査結果から-. 新地理(日本地理教育学会). 2014. 62. 1. 17-28
もっと見る
書籍 (23件):
  • 社会科地域学習の方法
    明治図書出版 1990
  • アイデアいっぱい地図授業-絵地図から地球儀まで-
    日本書籍 1990
  • 小学校社会科教育の研究
    建帛社 1991
  • 子どもが’ノッ’てくる「探検授業」のつくる方
    日本書籍 1993
  • 生活と環境-ジオグラフィック アプローチー
    技術書院 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • ポルトガルのナショナル・カリキュラムにおけるコンピテンシーの特徴
    (日本地理学会 2017年春季学術大会 2017)
  • コンピテンシー重視の地理教育の課題-ポルトガルを事例に-
    (日本地理教育学会 第68回大会 2018)
学位 (1件):
  • 博士(学術) (早稲田大学)
受賞 (1件):
  • 1987/04 - 日本地理学会 研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本地理学会 ,  日本地理教育学会 ,  人文地理学会 ,  日本社会科教育学会 ,  富士学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る