研究者
J-GLOBAL ID:200901083417824422   更新日: 2020年04月20日

犬飼 直之

Inukai Naoyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2008 - 現在 カンボジア河川の流動解析
  • 2008 - 現在 カンボジア海域の環境変動評価
  • 2007 - 現在 津波の挙動解析,津波被災地における住民の意識調査
  • 2002 - 現在 離岸流の挙動把握のための調査・解析
  • 2014 - 2015 藤塚浜海浜流把握検討業務
全件表示
論文 (63件):
  • 山下晃史, 犬飼直之. 網代浜海岸における離岸流流速および発生間隔の定量把握に関する研究. 土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集. 2017. 35. 1. 114-117
  • 犬飼直之, 品田啓太. 海浜流と吹送流の影響を受ける海岸の流況把握に関する研究. 土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集. 2017. 35. 1. 74-77
  • 犬飼直之, 篠原将也, 山本浩, 江尻義史, 大竹剛史. 砂浜を遡上する波浪で水難事故が発生する可能性のある新潟県内の海岸の把握について. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2017. 73. 2. I_1471-I_1476
  • 犬飼直之, 櫻井龍亮, 山本浩. 新潟市五十嵐浜における離岸堤付近で発生する離岸流の流況把握. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2017. 73. 2. I_1465-I_1470
  • Naoyuki Inukai, Kazuki Ogawa, Yoshifumi Ejiri, Takeshi Ootake, Hiroshi Yamamoto. Wave Run Up Dynamics in Jogehama Beach, Niigata Prefecture Japan. Proceedings of the The 9th International Conference on Asian and Pacific Coasts (APAC2017). 2017. 9. 1. 71-82
もっと見る
MISC (22件):
  • 海水浴で怖い離岸流について知っておこう. 理科の探検 [RikaTan]. 2016. 21. 1. 72-74
  • 犬飼直之. 藤塚浜海浜流把握検討業務. 長岡技術科学大学. 2015. 1-67
  • 津波予測は確立しているのか ~現地調査、シミュレーション結果により意外と 知られていないその特性を明らかにする~. Newsletter. 2014. 6. 1. 8-9
  • 犬飼直之. PC Oil Refinery Project, Assessment the Feature of Waste Water Dispersion from the Project field. PC Oil Refinery Project, Assessment the Feature of Waste Water Dispersion from the Project field. 2013. 1-70
  • 犬飼直之. CPC Oil Refinery Project, Assessment the Feature of Air Pollutant Dispersion from the Project field. CPC Oil Refinery Project, Assessment the Feature of Air Pollutant Dispersion from the Project field. 2013. 1-73
もっと見る
書籍 (6件):
  • WiRES-Xノード開局顛末記
    CQ出版社 2016
  • 建設工学で学ぶ中級日本語2
    長岡技術科学大学 2015
  • 建設工学で学ぶ中級日本語1
    長岡技術科学大学 2014
  • WiRESを楽しもう~新潟工業高校特別講義でWiRESも紹介~
    CQ出版社 2013
  • WiRES-II~人気のVoIP無線ソフトウエア・セットアップ・ガイド~
    CQ出版社 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 水難事故防止のための離岸流に関する研究の紹介
    (水上安全と安全運航に関するシンポジウム 2017)
  • 内灘海岸の離岸流事故発生防止のための研究
    (離岸流等による海浜事故防止講演会 2016)
  • New Method of Measuring Rip Current by Water Colorant and Drone
    (The 4th Workshop on the Water Rescue and Survival Research 2015)
  • UAVを用いた離岸流動態の把握について
    (海岸に関する講演会 in 金沢港 2015)
  • 石川県内灘海岸における離岸流による海浜事故原因解明のための基礎的研究
    (内灘海岸流況調査及び事故防止啓発活動 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (長岡技術科学大学)
経歴 (2件):
  • 1999/08/09 - 2000/08/08 フロリダ大学 在外研究員
  • 1993/04/01 - 1996/12/31 株式会社 アイ・エヌ・エー 職員(技術系)
委員歴 (13件):
  • 2017/09 - 現在 The International Society of Offshore and Polar Engineers 2. International Ocean and Polar Engineering Conference (ISOPE) Committee
  • 2017/04 - 現在 国土交通省北陸地方整備局 事業評価監視委員会
  • 2016/04 - 現在 水難学会 事故調査委員会
  • 2016/04 - 現在 土木学会 比較沿岸環境工学に基づく今後の大阪湾研究に関する調査研究委員会
  • 2015/04 - 現在 国土交通省北陸地方整備局 総合評価審査委員会港湾空港部会
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/11/11 - Japan Society of Civil Engineers Coastal Engineering Journal Citation Award of 2014 NATIONWIDE POST EVENT SURVEY AND ANALYSIS OF THE 2011 TOHOKU EARTHQUAKE TSUNAMI
所属学会 (1件):
土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る