研究者
J-GLOBAL ID:200901083533258132   更新日: 2019年01月25日

下坂 悦生

シモサカ エツオ | SHIMOSAKA Etsuo
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): http://www.naro.affrc.go.jp/harc/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/harc/index.html
研究分野 (2件): 植物分子・生理科学 ,  遺伝育種科学
研究キーワード (7件): ジャガイモ ,  バレイショ ,  育種 ,  越冬性 ,  コムギ ,  低温耐性 ,  イネ
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • コムギの低温適応機構の解明と低温耐性の強化技術の開発
論文 (11件):
  • Hosaka Kazuyoshi, Sanetomo Rena, Tamiya Seiji, Asano Kenji, Shimosaka Etsuo. Creation of long-day adapted tetraploid potatoes from crosses of Solanum tarijense females with Andigena males. EUPHYTICA. 2018. 214. 10
  • Endo Akira, Egawa Chika, Oohashi Mihoko, Meguro-Maoka Ayano, Shimosaka Etsuo, Sato Yutaka. Ectopic expression of mutated type 2C protein phosphatase OsABI-LIKE2 decreases abscisic acid sensitivity in Arabidopsis and rice. SCIENTIFIC REPORTS. 2018. 8
  • Shimosaka E, Ozawa K. Overexpression of cold-inducible wheat galactinol synthase confers tolerance to chilling stress in transgenic rice. Breeding science. 2015. 65. 5. 363-371
  • Mega R, Meguro-Maoka A, Endo A, Shimosaka E, Murayama S, Nambara E, Seo M, Kanno Y, Abrams SR, Sato Y. Sustained low abscisic acid levels increase seedling vigor under cold stress in rice (Oryza sativa L.). Scientific reports. 2015. 5. 13819
  • Yokota H, Iehisa JC, Shimosaka E, Takumi S. Line differences in Cor/Lea and fructan biosynthesis-related gene transcript accumulation are related to distinct freezing tolerance levels in synthetic wheat hexaploids. Journal of plant physiology. 2015. 176. 78-88
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (1件):
  • Rice Improvement in the Genomics Era
    CRC Press 2008
講演・口頭発表等 (12件):
  • 低温馴化過程におけるコムギ実生の代謝物質変動
    (育種学研究 2010)
  • コムギにおけるラフィノース蓄積のストレス応答性
    (育種学研究 2010)
  • コムギ由来フルクタン合成酵素遺伝子を過剰発現させた飼料イネの穂ばらみ期耐冷性および生育特性
    (育種学研究 2011)
  • コムギミオイノシトール一リン酸合成酵素遺伝子TaMIPSの単離と解析
    (育種学研究 2011)
  • コムギガラクチノール合成酵素遺伝子を導入したイネの穂ばらみ期耐冷性
    (育種学研究 2011)
もっと見る
所属学会 (2件):
日本植物生理学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る