研究者
J-GLOBAL ID:200901083584039702   更新日: 2020年01月05日

石井 知彦

イシイ トモヒコ | ISHII, Tomohiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~tishii/Labhttp://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~tishii/index-e.html
研究分野 (4件): 無機化学 ,  機能物性化学 ,  物理化学 ,  機能材料・デバイス
研究キーワード (7件): 錯体化学 ,  無機化学 ,  量子材料化学 ,  電子論錯体化学 ,  希少糖 ,  物理化学 ,  固体物性物理学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 磁性と超伝導が絡んだ新規機能性有機・無機複合電子系の開発
  • 相対論効果を用いた磁性金属錯体のスピン電子状態の解明
  • 高い性能指数を有する中温域熱電材料の開発
  • 2004 - 電子論を用いた金属錯体の配位子場分裂の自由自在制御
論文 (208件):
  • T. Ono, D. Abe, T. Ishii. Density of States for Elasticized TiB2. Bull. Soc. Discrete Variational Xα, 30(1-2), (2017) (in press). 2018. 30. 1-2
  • M. Yamasaki, Y. Tsutsumi, T. Toba, T. Ishii, G. Sakane. Explanation of Superatomic Orbital by Means of Moleculer Orbitals. Bull. Soc. Discrete Variational Xα, 30(1-2), (2017) (in press). 2018. 30. 1-2
  • K. Nishida, H. Sato, T. Ishii, G. Sakane. Prediction of the pKa by Means of Electronic theory. Bull. Soc. Discrete Variational Xα, 30(1-2), (2017) (in press). 2018. 30. 1-2
  • Y. Tsutsumi, D. Tsuneda, M. Iwakura, M. Nakano, T. Ishii, G. Sakane, K. Ogasawara. Changing of the Electronic State in Four-Coordinated Metal Complexes by Molecular Distortion. Bull. Soc. Discrete Variational Xα, 30(1-2), (2017) (in press). 2018. 30. 1-2
  • K. Sogo, H. Taguchi, B.Q. Huy, T. Ishii, G. Sakane. Electronic Theory on Crystal Structure and Molecular Structure of Racemic Supramolecular Rare Sugar. Bull. Soc. Discrete Variational Xα, 30(1-2), (2017) (in press). 2018. 30. 1-2
もっと見る
書籍 (2件):
  • おもしろワクワク化学の世界'11 香川化学展実施報告書
    太陽社 2011
  • The DV-Xα Molecular-Orbital Calculation Method
    Springer 2014 ISBN:978-3319111841
講演・口頭発表等 (195件):
  • Electronic Structures of D-Glucose and D-Allose Esters
    (Rare Sugar Congress 2004 2004)
  • カーボンナノパーティクルの構造と生成メカニズムの解明
    (第17回DV-Xα研究会 2004)
  • STRUCTURES AND ELECTRONIC STATES OF RARE SUGAR SINGLE CRYSTALS
    (Rare Sugar Congress 2004 2004)
  • Structures and Mechanisms of Creation of Carbon Nano-Particles on Graphite Induced by Slow Highly Charged Ion Impact
    (15th International Workshop on Inelastic Ion-Surface Collisions 2004)
  • 希少糖の電子状態
    (第17回DV-Xα研究会 2004)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 東京工業大学 理学部 化学科
  • - 1993 東京工業大学 理工学研究科 化学専攻
  • - 1996 東京工業大学 理工学研究科 化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (15件):
  • 1993 - 1996 日本学術振興会特別研究員, 特別研究員DC1
  • 1996 - 1997 いわき明星大学理工学部物性学科, 助手
  • 1997 - 2002 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻, 助手
  • 2001 - 2002 ドイツ留学(カッセル大学物理学科)
  • 2002 - 2007 香川大学工学部材料創造工学科, 助教授
全件表示
委員歴 (48件):
  • 2009 - 2011 日本化学会 香川県地区幹事
  • DV-Xα研究協会 運営委員、常任幹事
  • 2018/04 - 2020/03 DV-Xα研究協会, DV-Xα研究協会編集委員, 編集委員長
  • 2018/04 - 2020/03 DV-Xα研究協会, DV-Xα研究協会副会長, 副会長
  • 2018/04 - 2020/03 DV-Xα研究協会, DV-Xα研究協会運営委員会委員, 運営委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2003 - DV-Xα研究協会奨励賞
  • 2011 - DV-Xα研究協会学術賞
所属学会 (17件):
日本化学会 ,  日本物理学会 ,  錯体化学研究会 ,  DV-Xα研究協会 ,  DV-Xα研究協会戦略的プログラム開発推進部会(2005〜) ,  DV-Xα研究協会学術情報委員(2010〜2011) ,  DV-Xα研究協会教育委員(2007〜2010) ,  DV-Xα研究協会教育委員長(2011〜) ,  DV-Xα研究協会表彰委員(2012〜2015) ,  DV-Xα研究協会表彰委員(2007〜2009) ,  DV-Xα研究協会常任幹事(2000〜) ,  DV-Xα研究協会副会長(2014〜) ,  日本化学会代議員(2015〜2017) ,  日本化学会香川県地区幹事(2009〜2011) ,  DV-Xα研究協会運営委員(2004〜) ,  大学教育学会 ,  Royal Society of Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る