研究者
J-GLOBAL ID:200901083611321210   更新日: 2021年09月05日

辻 俊一郎

ツジ シュンイチロウ | Tsuji Shunichiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  産婦人科学
研究キーワード (3件): 新生児低酸素性虚血性脳症 ,  帝王切開瘢痕症候群 ,  子宮内膜症
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2026 レセプトデータで明らかにする、母体の疾患および治療と児の長期予後の関連
  • 2020 - 2023 帝王切開瘢痕症候群の病態解明と予防法立案の総合的研究
  • 2020 - 2023 ヒト臍帯由来間葉系細胞を用いた新規子宮内膜症治療法の開発
  • 2021 - 2022 周産期脳障害に起因する脳性麻痺を予防するための新規治療用ペプチドを用いた治療方法の確立
論文 (52件):
  • Daisuke Katsura, Shunichiro Tsuji, Kaori Hayashi, Shinsuke Tokoro, Rika Zen, Takako Hoshiyama, Akiko Nakamura, Fuminori Kimura, Nobuyuki Kita, Takashi Murakami. Amniotic fluid neutrophil gelatinase-associated lipocalin and L-type fatty acid-binding protein in predicting fetal inflammatory response syndrome. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021
  • Shigeki Koshida, Shinsuke Tokoro, Daisuke Katsura, Shunichiro Tsuji, Takashi Murakami, Kentaro Takahashi. Fetal movement counting is associated with the reduction of delayed maternal reaction after perceiving decreased fetal movements: a prospective study. Scientific reports. 2021. 11. 1. 10818-10818
  • Mari Deguchi, Shunichiro Tsuji, Daisuke Katsura, Kyoko Kasahara, Fuminori Kimura, Takashi Murakami. Current Overview of Osteogenesis Imperfecta. Medicina (Kaunas, Lithuania). 2021. 57. 5
  • Takeo Mukai, Elena Di Martino, Shunichiro Tsuji, Klas Blomgren, Tokiko Nagamura-Inoue, Ulrika Ådén. Umbilical cord-derived mesenchymal stromal cells immunomodulate and restore actin dynamics and phagocytosis of LPS-activated microglia via PI3K/Akt/Rho GTPase pathway. Cell death discovery. 2021. 7. 1. 46-46
  • Kimiko Hirata, Fuminori Kimura, Akiko Nakamura, Jun Kitazawa, Aina Morimune, Tetsuro Hanada, Akie Takebayashi, Akiko Takashima, Tsukuru Amano, Shunichiro Tsuji, et al. Histological diagnostic criterion for chronic endometritis based on the clinical outcome. BMC women's health. 2021. 21. 1. 94-94
もっと見る
MISC (103件):
書籍 (4件):
  • 不妊症・不育診療-その伝承とエビデンス-
    中外医学社 2019
  • 臨床医のための疾病と自動車運転
    三輪書店 2019
  • 生殖外科のすべて
    メディカ出版 2018
  • 救急・集中治療アドバンス 重症患者における炎症と凝固・線溶系反応
    中山書店 2017 ISBN:9784521743332
講演・口頭発表等 (4件):
  • The therapeutic window of caffeine in neonatal hypoxia-ischemia
    (Pediatric Academic Societies Meeting 2019)
  • Neuroprotective role of resident microglia in neonatal hypoxic ischemic encephalopathy
    (Pediatric Academic Societies Meeting 2019)
  • TGF-β and LAP in endometriosis
    (5th Asian Conference on endometriosis 2016)
  • Isolation and characterization of side population cells in human endometrium
    (4th Annual Meeting International Society for Stem Cell Research 2006)
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 滋賀医科大学大学院 研究科
  • 1996 - 2002 滋賀医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (滋賀医科大学)
経歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 滋賀医科大学 産科婦人科 講師
  • 2017/05 - 2019/07 カロリンスカ大学 新生児科 Senior research specialist
  • 2013/10 - 2014/03 滋賀医科大学 産科婦人科 助教
  • 2013/04 - 2013/09 公立甲賀病院 産科婦人科 医長
  • 2010/11 - 2013/03 滋賀医科大学 産科婦人科 助教(産科病棟医長)
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 近畿産科婦人科学会 評議員
  • 2021/03 - 現在 日本産科婦人科学会 代議員
  • 2021/02 - 現在 滋賀県母性衛生学会 理事
  • 2019/04 - 現在 近畿産婦人科学会 周産期研究部会委員
  • 2019/04 - 現在 滋賀県産科婦人科医会 母子保健部会委員
所属学会 (9件):
日本受精着床学会 ,  日本卵子学会 ,  日本産科婦人科内視鏡学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本産科婦人科学会 ,  滋賀県産科婦人科医会 ,  近畿産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る