研究者
J-GLOBAL ID:200901083611321210   更新日: 2020年07月22日

辻 俊一郎

ツジ シュンイチロウ | Tsuji Shunichiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  産婦人科学
研究キーワード (3件): 新生児低酸素性虚血性脳症 ,  帝王切開瘢痕症候群 ,  子宮内膜症
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 ヒト臍帯由来間葉系細胞を用いた新規子宮内膜症治療法の開発
論文 (29件):
  • Shigeki Koshida, Tetsuo Ono, Shunichiro Tsuji, Takashi Murakami, Hisatomi Arima, Kentaro Takahashi. Fetal movement frequency and the effect of associated perinatal factors: Multicenter study. Women and Birth. 2019. 32. 2. 127-130
  • Takahashi A, Kita N, Tanaka Y, Tsuji S, One T, Ishiko A, Kimura F, Takahashi K, Murakami T. Effects of high-dose dexamethasone in postpartum women with class 1 haemolysis, elevated liver enzymes and low platelets (HELLP) syndrome. Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology. 2019. 39. 3. 335-339
  • Tanaka Y, Kimura F, Zheng L, Kaku S, Takebayashi A, Kasahara K, Tsuji S, Murakami T. Protective effect of a mechanistic target of rapamycin inhibitor on an in vivo model of cisplatin-induced ovarian gonadotoxicity. Experimental animals. 2018. 67. 4. 493-500
  • Kasahara K, Mimura T, Moritani S, Kawasaki T, Imai S, Tsuji S, Kimura F, Murakami T. Subchondral Insufficiency Fracture of the Femoral Head in a Pregnant Woman with Pre-existing Anorexia Nervosa. The Tohoku journal of experimental medicine. 2018. 245. 1. 1-5
  • Hanada T, Tsuji S, Nakayama M, Wakinoue S, Kasahara K, Kimura F, Mori T, Ogasawara K, Murakami T. Suppressive regulatory T cells and latent transforming growth factor-β-expressing macrophages are altered in the peritoneal fluid of patients with endometriosis. Reproductive biology and endocrinology : RB&E. 2018. 16. 1. 9-9
もっと見る
MISC (98件):
  • 村上 節, 木村 文則, 辻 俊一郎. 【進化する子宮筋腫診療-診断から最新治療・合併症まで】手術手技のポイントと留意点 子宮鏡下手術とその合併症. 臨床婦人科産科. 2019. 73. 10. 1012-1016
  • 大橋 瑞紀, 鈴木 幸之助, 所 伸介, 辻 俊一郎, 林 香里, 桂 大輔, 笠原 恭子, 木村 文則, 村上 節. late preterm PROMの待機的管理における母児の予後についての検討. 産婦人科の進歩. 2019. 71. 4. 424-424
  • 松田 淑恵, 小野 哲男, 山田 一貴, 樋口 明日香, 林 香里, 桂 大輔, 石河 顕子, 辻 俊一郎, 木村 文則, 高橋 健太郎, 村上 節. 母児間輸血症候群の一症例. 滋賀県産科婦人科雑誌. 2019. 11. 7-10
  • 村上 節, 木村 文則, 辻 俊一郎, 郭 翔志, 高橋 顕雅. 【子宮頸部の生理と病理】子宮頸部の病理 帝王切開瘢痕部をめぐる諸問題. HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. 2019. 26. 1. 43-47
  • 笠原 恭子, 小野 哲男, 林 香里, 樋口 明日香, 所 伸介, 鈴木 幸之助, 山田 一貴, 辻 俊一郎, 木村 文則, 村上 節. 神経性やせ症既往妊娠の周産期予後についての検討. 日本産科婦人科学会雑誌. 2019. 71. 臨増. S-629
もっと見る
書籍 (1件):
  • 救急・集中治療アドバンス 重症患者における炎症と凝固・線溶系反応
    中山書店 2017 ISBN:9784521743332
講演・口頭発表等 (4件):
  • The therapeutic window of caffeine in neonatal hypoxia-ischemia
    (Pediatric Academic Societies Meeting 2019)
  • Neuroprotective role of resident microglia in neonatal hypoxic ischemic encephalopathy
    (Pediatric Academic Societies Meeting 2019)
  • TGF-β and LAP in endometriosis
    (5th Asian Conference on endometriosis 2016)
  • Isolation and characterization of side population cells in human endometrium
    (4th Annual Meeting International Society for Stem Cell Research 2006)
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 滋賀医科大学大学院 医学部 研究科
  • 1996 - 2002 滋賀医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (滋賀医科大学)
経歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 滋賀医科大学 講師
  • 2017/05 - 2019/07 カロリンスカ大学 Senior research specialist
  • 2013/10 - 2014/03 滋賀医科大学 助教
  • 2013/04 - 2013/09 公立甲賀病院 医長
  • 2010/11 - 2013/03 滋賀医科大学 助教(産科病棟医長)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 近畿産婦人科学会 周産期研究部会委員
  • 2019/04 - 現在 滋賀県産科婦人科医会 母子保健部会委員
所属学会 (4件):
日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る