研究者
J-GLOBAL ID:200901083611321210   更新日: 2024年06月27日

辻 俊一郎

ツジ シュンイチロウ | Tsuji Shunichiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 産婦人科学 ,  産婦人科学
研究キーワード (4件): Cesarean scar disorder ,  新生児低酸素性虚血性脳症 ,  帝王切開瘢痕症候群 ,  子宮内膜症
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2023 - 2026 カニクイザルを用いたがん妊孕における凍結卵巣による妊孕性温存療法の課題解決研究
  • 2023 - 2026 新生児低酸素性虚血性脳症に対する新規治療用ペプチドの開発
  • 2021 - 2026 レセプトデータで明らかにする、母体の疾患および治療と児の長期予後の関連
  • 2022 - 2025 妊娠高血圧症候群患者由来の栄養膜幹細胞の樹立と病態モデルの構築
  • 2023 - 2025 新生児低酸素性虚血性脳症に対するM1ミクログリアに除去ペプチド療法の開発
全件表示
論文 (94件):
  • Makiko Kasahara, Shigeki Koshida, Shinsuke Tokoro, Daisuke Katsura, Shunichiro Tsuji, Takashi Murakami, Kentaro Takahashi. Potential prevention of stillbirth caused by placental abruption: a regional population-based study in Japan. The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians. 2024. 37. 1. 2321485-2321485
  • Yuji Tanaka, Tsukuru Amano, Akiko Nakamura, Fumi Yoshino, Akie Takebayashi, Akimasa Takahashi, Hiroyuki Yamanaka, Ayako Inatomi, Tetsuro Hanada, Yutaka Yoneoka, et al. Rapamycin prevents cyclophosphamide-induced ovarian follicular loss and potentially inhibits tumour proliferation in a breast cancer xenograft mouse model. Human reproduction (Oxford, England). 2024
  • Hiroki Nishimura, Tsukuru Amano, Yutaka Yoneoka, Shunichiro Tsuji, Yukiko Taga, Megumi Aki, Masaya Uno, Suzuko Moritani, Ryusuke Murakami, Tomoyasu Kato, et al. Comparison of postoperative adjuvant platinum-based chemotherapy and no further therapy after radical surgery in intermediate-risk early-stage cervical cancer. Journal of gynecologic oncology. 2024
  • Kyoko Kasahara, Sachiko Tanaka-Mizuno, Shunichiro Tsuji, Mizuki Ohashi, Makiko Kasahara, Taku Kawasaki, Takashi Murakami. Pregnancy and lactation-associated osteoporosis as a major type of premenopausal osteoporosis: a retrospective cohort study based on real-world data. BMC pregnancy and childbirth. 2024. 24. 1. 301-301
  • Yuri Nobuta, Shunichiro Tsuji, Akiko Nakamura, Yutaka Yoneoka, Chiemi Ogawa, Tsukuru Amano, Takashi Murakami. Effectiveness of an articulating laparoscopic needle holder for cesarean scar defect repair. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2024
もっと見る
MISC (248件):
  • 村上 節, 辻 俊一郎, 花田 哲郎. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 無月経・希発月経・頻発月経. 日本医事新報. 2024. 5211. 46-47
  • 辻 俊一郎, 信田 侑里, 村上 節. 【帝王切開のネガティブ・インパクトの克服と新たな取り組み】帝王切開のネガティブ・インパクトの克服 帝王切開瘢痕症候群. 産婦人科の実際. 2024. 73. 3. 201-206
  • 村上 節, 辻 俊一郎, 花田 哲郎. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 無月経・希発月経・頻発月経. 日本医事新報. 2024. 5211. 46-47
  • 花田 哲郎, 高橋 顕雅, 竹林 明枝, 松田 淑恵, 賀勢 諒, 伊津野 美香, 中村 麻耶子, 辻 俊一郎, 村上 節. vNOTESによる卵巣切除・卵巣組織凍結保存を行った2症例. 日本がん・生殖医療学会誌. 2024. 7. 1. 109-109
  • 辻 俊一郎, 信田 侑里, 花田 哲郎, 竹林 明枝, 笠原 真木子, 松田 淑恵, 賀勢 諒, 中村 暁子, 村上 節. 帝王切開瘢痕症候群における慢性子宮内膜炎と子宮内細菌叢の検討. 日本生殖医学会雑誌. 2023. 68. 4. 384-384
もっと見る
書籍 (10件):
  • 法医看護学
    南山堂 2023 ISBN:9784525505516
  • EBMから考える生殖医療
    中外医学社 2022 ISBN:9784498160408
  • 不妊症
    中山書店 2021 ISBN:9784521747644
  • 産婦人科患者説明ガイド
    2021
  • 不妊症・不育診療-その伝承とエビデンス-
    中外医学社 2019 ISBN:9784498160002
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 当院で行う多職種連携と今後の課題
    (母と子のメンタルヘルスフォーラム in Shiga 2024)
  • 病因からCSDiの予防を考える
    (第76回日本産科婦人科学会学術集会 2024)
  • Cesarean Scar Disorder とその病態生理
    (第76回日本産科婦人科学会学術講演会 2024)
  • 子宮鏡手術からCSDiの治療を考える
    (帝王切開子宮瘢痕症(CSDi)の治療を考える 2024)
  • 病因からのCSDiの予防を考える
    (CSDiの予防を考える 2024)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 滋賀医科大学大学院 医学部 研究科
  • 1996 - 2002 滋賀医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (滋賀医科大学)
経歴 (10件):
  • 2022/01 - 現在 滋賀医科大学 産科学婦人科学講座 准教授
  • 2014/04 - 2021/12 滋賀医科大学 産科婦人科 講師 (産科病棟医長)
  • 2017/05 - 2019/07 カロリンスカ研究所 Department of Women’s and Children’s Health Senior research specialist
  • 2013/10 - 2014/03 滋賀医科大学 産科婦人科 助教
  • 2013/04 - 2013/09 公立甲賀病院 産科婦人科 医長
全件表示
委員歴 (23件):
  • 2024/06 - 現在 日本エンドメトリオーシス学会 幹事
  • 2024/03 - 現在 滋賀県 プレコンセプションケア推進会議委員
  • 2023/09 - 現在 日本産科婦人科遺伝診療学会 代議員
  • 2022/07 - 現在 日本周産期新生児学会 評議員
  • 2022/07 - 現在 日本生殖医学会 幹事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2024/04 - ロート製薬 第15回ロート女性健康科学研究賞 帝王切開子宮瘢痕症の病態と治療
  • 2023/12 - 第38回日本女性医学学会学術集会 優秀演題賞 本邦における分娩様式がその後の妊孕能や月経困難症の有無に与える影響
  • 2021/10 - 第17回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 最優秀演題賞(岡野賞) リエゾン精神科チーム導入が精神疾患合併妊娠の管理に及ぼす影響
所属学会 (12件):
日本女性医学会 ,  日本胎児心臓病学会 ,  日本受精着床学会 ,  日本卵子学会 ,  日本産科婦人科内視鏡学会 ,  日本子宮鏡研究会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本産科婦人科学会 ,  滋賀県産科婦人科医会 ,  近畿産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る