研究者
J-GLOBAL ID:200901083612681318   更新日: 2021年02月24日

金井 秀作

カナイ シュウサク | Kanai Shusaku
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 教育工学 ,  リハビリテーション科学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (6件): 運動分析 ,  動作解析 ,  物理療法 ,  教育工学 ,  Physical Agents in Rehabilitation ,  Educational Technology
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2019 足部内在筋収縮トレーニングによる足部外在筋への抑制効果
  • 2018 - 心理的負荷後の木材玩具のリラクゼーション効果
  • 2011 - 2012 砂浜歩行の健康増進効果-特徴的な足趾・足部負荷に着目して-
  • 2007 - 2009 三原市における健康ウォーキングシステムの研究
  • 2008 - 保健学的視点による安全靴開発のための基礎研究
全件表示
論文 (96件):
  • Kazunori Okamura, Kohei Egawa, Akira Okii, Sadaaki Oki, Shusaku Kanai. Intrinsic foot muscle strengthening exercises with electromyographic biofeedback achieve increased toe flexor strength in older adults: A pilot randomized controlled trial. Clinical Biomechanics. 2020. 80. 105187-105187
  • 福田 謙吾, 岡村 和典, 大塚 彰, 金井 秀作. 足部の静的アライメントと動的アライメントの関係性に関する三次元動作解析. 臨床バイオメカニクス. 2020. 41. 257-261
  • Kazunori Okamura, Masaki Hasegawa, Kohei Egawa, Kengo Fukuda, Sadaaki Oki, Satoshi Tanaka, Shusaku Kanai. Intrinsic Risk Factors for Ankle Sprains in Female Soccer Players: Examination of Japanese Top League Players with History of Ankle Sprain. Football Science. 2020. 17. 108-114
  • 中川 敬汰, 北風 草介, 金井 秀作, 甲田 宗嗣. 療養型病棟の軽度から中等度認知症者におけるトイレ関連動作の自立度と認知機能、行動・心理症状の関係 自立群と非自立群の比較. 広島都市学園大学雑誌: 健康科学と人間形成. 2020. 6. 1. 45-53
  • 江川 晃平, 岡村 和典, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 金井 秀作. 電気刺激による内側広筋の収縮が歩行立脚期の脛骨回旋角度に与える影響. 人間と科学: 県立広島大学保健福祉学部誌. 2020. 20. 1. 19-24
もっと見る
MISC (102件):
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 神戸大学大学院 保健学
  • - 2003 近畿大学大学院 システム制御専攻
学位 (2件):
  • 博士(保健学) (神戸大学大学院)
  • 修士(工学) (近畿大学大学院)
所属学会 (3件):
日本リハビリテーション医学会 ,  日本靴医学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る