研究者
J-GLOBAL ID:200901083729398480   更新日: 2022年08月07日

品川 高廣

シナガワ タカヒロ | Shinagawa Takahiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.os.ecc.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (3件): 計算機システム ,  ソフトウェア ,  情報セキュリティ
研究キーワード (5件): オペレーティングシステム ,  仮想化技術 ,  セキュリティ ,  分散システム ,  システムソフトウェア
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2020 - 2022 深層学習と仮想化技術の融合によるバンキングマルウェア対策
  • 2016 - 2021 準パススルー型仮想マシンモニタに関する研究
  • 2018 - 2020 仮想化環境における不揮発性メモリの最適配置
  • 2019 - 2020 準パススルー型仮想マシンモニタのための安全かつ信頼できる実行環境に関する研究
  • 2017 - 2018 ビッグデータ処理のための超高速ストレージシステムの実現
全件表示
論文 (46件):
  • Shu Anzai, Masanori Misono, Ryo Nakamura, Yohei Kuga, Takahiro Shinagawa. Towards Isolated Execution at the Machine Level. In Proceedings of the 13th ACM SIGOPS Asia-Pacific Workshop on Systems (APSys 2022). 2022
  • Vasily A. Sartakov, Lluís Vilanova, David Eyers, Takahiro Shinagawa, Peter Pietzuch. CAP-VMs: Capability-Based Isolation and Sharing in the Cloud. In Proceedings of 16th USENIX Symposium on Operating Systems Design and Implementation (OSDI 2022). 2022
  • Rikima Mitsuhashi, Takahiro Shinagawa. Exploring Optimal Deep Learning Models for Image-based Malware Variant Classification. In Proceedings of the IEEE 46th Annual Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC 2022). 2022
  • Masanori Misono, Toshiki Hatanaka, Takahiro Shinagawa. DMAFV: Testing Device Drivers against DMA Faults. In Proceedings of the 37th ACM Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2022). 2022
  • Rikima Mitsuhashi, Akihiro Satoh, Yong Jin, Katsuyoshi Iida, Takahiro Shinagawa, Yoshiaki Takai. Identifying Malicious DNS Tunnel Tools from DoH Traffic Using Hierarchical Machine Learning Classification. In Proceedings of the 24th Information Security Conference (ISC 2021). 2021. 13118. 238-256
もっと見る
MISC (36件):
  • 森 瑞穂, 味曽野 雅史, 八巻 隼人, 三輪 忍, 本多 弘樹, 品川 高廣. マルウェア解析のための高速かつ安全なVMI機構. コンピュータシステム・シンポジウム論文集. 2021. 2021. 48-56
  • 三橋力麻, 三橋力麻, JIN Yong, 品川高廣, 飯田勝吉, 高井昌彰. 機械学習による不審なDoH通信検出システムに関する一検討. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 味曽野雅史, 林遼, 品川高廣. 仮想NUMAマシンの性能及び弾力性の向上. 情報処理学会研究報告(Web). 2021. 2021. OS-152
  • 林遼, 味曽野雅史, 品川高廣. ゲストOSにおけるNUMA対応スケジューリング. 情報処理学会研究報告(Web). 2020. 2020. OS-148
  • 荻野将拓, 味曽野雅史, 深井貴明, 品川高廣. ハードウェア障害に対するハイパーバイザの対故障性検証. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. OS-143
もっと見る
特許 (2件):
学歴 (3件):
  • 2000 - 2003 東京大学大学院 情報科学専攻 博士課程
  • 1998 - 2000 東京大学大学院 情報科学専攻 修士課程
  • 1996 - 1998 東京大学 電気工学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2011/04 - 現在 東京大学 情報基盤センター 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 筑波大学大学院システム情報工学科 講師
  • 2006/10 - 2007/03 筑波大学大学院システム情報工学科 産学官連携研究員
  • 2003/04 - 2006/09 東京農工大学工学部情報コミュニケーション工学科 助手
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 主査
  • 2010/04 - 2014/03 情報処理学会 会誌編集委員会専門委員会(ソフトウェア分野) 編集委員
  • 2008/04 - 2012/03 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 運営委員会 幹事
  • 2009/04 - 2011/03 情報処理学会 コンピューティングシステム編集委員会 編集委員
  • 2005/06 - 2009/05 情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP編集委員会 小委員会(基盤グループ) 編集委員
受賞 (7件):
  • 2020/10 - 情報処理学会 2020年度コンピュータサイエンス領域功績賞
  • 2020/04 - 文部科学省 令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」 準パススルー型仮想化技術の研究
  • 2018/12 - IEEE CloudCom 2018 Best Paper Award FaultVisor2: Testing Hypervisor Device Drivers against Real Hardware Failures
  • 2015/12 - IEEE/ACM UCC 2015 Best Paper Award OS-Independent Live Migration Scheme for Bare-metal Clouds
  • 2006 - SACSIS2006優秀若手研究賞 実行時のフェーズを考慮したセキュリティポリシー記述の簡略化
全件表示
所属学会 (7件):
情報処理学会 ,  USENIX ,  IEEE ,  ACM ,  USENIX ,  IEEE ,  ACM
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る