研究者
J-GLOBAL ID:200901083809521185   更新日: 2020年09月01日

遠藤 秀紀

Endo Hideki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://hkendo.gionsyouja.com/index.htmlhttp://hkendo.gionsyouja.com/index_e.html
研究分野 (3件): 公共経済、労働経済 ,  金融、ファイナンス ,  経済統計
研究キーワード (4件): Re-manufacturing markets ,  Mortgage markets ,  Financial literacy ,  金融リテラシー, 住宅ローン, 再生品市場
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 現在 在宅療養における看取りに関する実証的研究
  • 2012 - 2016 金融リテラシーに関する日米比較調査:住宅ローンの理解に与える影響
  • 2006 - 2007 訪問介護事業所の地理的集中が介護サービス需要・供給に与える影響
  • 2004 - 2006 医療システムと倫理(人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業:分担研究者)
  • 2004 - 2005 大学教育の成果・満足度に需要側・供給側が及ぼす影響
全件表示
論文 (23件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 高齢化時代における高成長地域の類型別成長特性と決定要因分析
    韓国産業研究院 2016 ISBN:9791188165292
  • 『検証「健康格差社会」:介護予防に向けた社会疫学的大規模調査(英訳)』
    トランスパシフィックプレス 2010 ISBN:9781920901714
  • 『検証「健康格差社会」:介護予防に向けた社会疫学的大規模調査』
    医学書院 2007 ISBN:9784260004329
講演・口頭発表等 (13件):
  • An Analysis of Consumer Purchase Intentions for Remanufactured Auto Parts
    (EcoDesign 2019 11th international symposium 2019)
  • 在宅看取りと診療内容、在宅支援医療体制に関する一考察
    (ニューパラダイム研究会 2019)
  • 東南アジア新興国におけるリマニュファクチャリング製品の受容性分析
    (エコデザイン・プロダクツ&サービス 2018シンポジウム 2018)
  • 高齢者介護におけるAI・IoTの導入と課題:日本の事例から
    (済州知能型サービスに関する国際セミナー 2018)
  • 消費者パーセプションの比較分析手法と応用研究紹介
    (エコデザイン/リマニュファクチャリング研究 講演セミナー 2016)
もっと見る
Works (12件):
  • 金融教育と債務管理-金融リテラシーがあれば何とかなる
    遠藤秀紀 2018 -
  • 家計管理と金融リテラシー-どう活かすか、何を学ぶか
    遠藤秀紀 2016 -
  • 地域社会に対する大学生の理解-経済学部講義「地域社会と共生」を通して
    2015 -
  • 卒業後の進路に向けた大学での学び-自分だけの科目履修プランを考える-
    2015 -
  • 日本における金融リテラシーの要因分析-選択肢の構造がもたらす影響について
    遠藤秀紀, 知念賢一郎 2013 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 大阪府立大学大学院 応用経済学専攻
  • 1996 - 1998 大阪府立大学大学院 応用経済学
  • - 1996 名古屋大学 経済学科
学位 (3件):
  • 修士(経済学) (大阪府立大学大学院)
  • 博士(経済学) (大阪府立大学大学院)
  • Doctor of Economics (Osaka Prefecture University)
経歴 (4件):
  • 2007/04/01 - 2020/03/31 日本福祉大学 経済学部 経済学科 准教授
  • 2015/10 - 2016/03 名古屋大学 大学院経済学研究科 附属国際経済政策研究センター 国内客員研究員
  • 2010/09 - 2011/08 カリフォルニア州立大学サクラメント校 客員研究員
  • 1999/04 - 2001/03 大阪府立産業開発研究所 客員研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/04/01 - 現在 キャリア形成支援事業推進会議(半田地域) 外部委員
所属学会 (4件):
日本経済学会 ,  応用地域学会 ,  Regional Science Association International ,  環太平洋産業連関分析学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る