研究者
J-GLOBAL ID:200901083941996656   更新日: 2020年01月17日

秋根 茂久

アキネ シゲヒサ | AKINE Shigehisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://chem.s.kanazawa-u.ac.jp/coord/
研究分野 (2件): 無機化学 ,  有機化学
研究キーワード (3件): 錯体化学 ,  超分子化学 ,  ホスト・ゲスト化学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2022 有機分子の保持・放出制御のためのゲート付き分子カプセルの開発
  • 2016 - 2021 配位キラリティーの動的変換とタイムプロファイル制御
  • 2014 - 2018 開閉機構をもつ新規なカゴ型錯体の合成と応答型物質捕捉・放出制御への応用
  • 2015 - 2017 多環芳香族パネリングによるπ電子系多面体の合成と新規巨大フラーレンの探索
  • 2013 - 2015 ジグザグ型カーボンナノチューブ部分構造としての環状アセンキノンの合成とその連結
全件表示
論文 (117件):
  • Cametti,M.; Sakata, Y.; Martí-Rujas, J.; Akine, S. ON/OFF Control of the Flipping Motion of Diuranyl Bis(Salophen) Macrocycle by Extremely Strong Binding with Fluoride Ion. Inorg. Chem. 2019. 58. 21. 14871-14875
  • Sakata, Y.; Tamiya, M.; Okada, M.; Akine, S. Switching of Recognition First and Reaction First Mechanisms in Host-Guest Binding Associated with Chemical Reactions. J. Am. Chem. Soc. 2019. 141. 39. 15597-15604
  • Hirao, T.; Hisano, N.; Akine, S.; Kihara, S.; Haino, T. Ring-Chain Competition in Supramolecular Polymerization Directed by Molecular Recognition of the Bisporphyrin Cleft. Macromolecules. 2019. 52. 16. 6160-6168
  • Sakata, Y.; Furukawa, Y.; Akine, S. Functionalized metallonanobelt derivatives having quinoxaline scaffold prepared from a common precursor. Tetrahedron Lett. 2019. 60. 31. 2049-2053
  • Ogoshi, T.; Hamada, Y.; Sueto, R.; Sakata, Y.; Akine, S.; Moeljadi, A. M. P.; Hirao, H.; Kakuta, T.; Yamagishi, T.-a.; Mizuno, M. Host-Guest Complexation Using Pillar[5]arene Crystals: Crystal-Structure Dependent Uptake, Release, and Molecular Dynamics of an Alkane Guest. Chem. Eur. J. 2019. 25. 10. 2497-2502
もっと見る
書籍 (7件):
  • 科学大事典 第2版
    丸善出版 2005
  • Redox Systems Under Nano-Space Control
    Springer 2006
  • 超分子サイエンス&テクノロジー -基礎からイノベーションまで-
    2009
  • The Chemistry of Metal Phenolates, Volume 2
    John Wiley and Sons Ltd 2018
  • 錯体化合物事典
    朝倉書店 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • Nonlinear Time Response and Lock Effect in Racemization of Helical Cobalt(III) Metallocryptands Induced by Amine Ligand Exchange
    (43rd International Conference on Coordination Chemistry 2018)
  • Oligo(saloph)-based metallo-molecular containers with open/close functions
    (43rd International Conference on Coordination Chemistry 2018)
  • Helicity Lock in Racemization of Helical Cobalt(III) Metallocryptands Using Ligand Exchange
    (4th International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules 2018)
  • Molecular Recognition Behavior of Triptycene Based Pentanuclear Metallonanobelt
    (4th International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules 2018)
  • Selective Formation of Two Kinds of Metal Complexes Using a Rigid Bent Ligand Having a Quinoxaline Scaffold
    (4th International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1991 - 1995 東京大学 理学部 化学科
  • 1995 - 2000 東京大学 理学系研究科 化学専攻
学位 (2件):
  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2000/04 - 2004/03 筑波大学 助手
  • 2004/04 - 2004/09 筑波大学 助手
  • 2004/10 - 2008/03 筑波大学 講師
  • 2008/04 - 2011/09 筑波大学 准教授
  • 2011/04 - 2013/09 筑波大学 准教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2019/10 - 現在 錯体化学会 将来計画委員会 委員
  • 2018/10 - 現在 錯体化学会 国際交流委員会 委員
  • 2018/06 - 現在 ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 幹事
  • 2017/10 - 現在 錯体化学会 BJSCC編集委員会 委員長
  • 2016/10 - 現在 錯体化学会 BJSCC編集委員会 委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 錯体化学会 錯体化学会学術賞 錯体化学に基づく応答性機能分子の創製と動的構造変換
  • 2007/03 - 日本化学会 第21回 若い世代の特別講演 らせん型オリゴオキシム錯体を用いた新規な超分子システムの構築
  • 2011/02 - 有機合成化学協会 2010年度(第23回)有機合成化学協会研究企画賞 DIC研究企画賞 円筒型化合物の錯形成によるメタロナノチューブおよび有機π電子化合物の創成
  • 2011/02 - ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 HGCS Japan Award of Excellence 2010 Novel Ion Recognition System Based on Multi-Chelate Ligands
所属学会 (6件):
ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ,  基礎有機化学会 ,  日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  アメリカ化学会(American Chemical Society) ,  錯体化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る