研究者
J-GLOBAL ID:200901083941996656   更新日: 2021年04月07日

秋根 茂久

アキネ シゲヒサ | Akine Shigehisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://chem.s.kanazawa-u.ac.jp/coord/
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  無機・錯体化学
研究キーワード (6件): ホスト・ゲスト化学 ,  超分子化学 ,  錯体化学 ,  host-guest chemistry ,  supramolecular chemistry ,  coordination chemistry
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2020 - 2023 分子長の伸縮によりゲストの保持・放出を制御できる動的カプセル分子の設計と合成
  • 2018 - 2022 有機分子の保持・放出制御のためのゲート付き分子カプセルの開発
  • 2016 - 2021 配位キラリティーの動的変換とタイムプロファイル制御
  • 2014 - 2018 開閉機構をもつ新規なカゴ型錯体の合成と応答型物質捕捉・放出制御への応用
  • 2015 - 2017 多環芳香族パネリングによるπ電子系多面体の合成と新規巨大フラーレンの探索
全件表示
論文 (139件):
  • Shigehisa Akine. Control of guest binding behavior of metal-containing host molecules by ligand exchange. Dalton Transactions. 2021. 50. 13. 4429-4444
  • Sk Asif Ikbal, Yoko Sakata, Shigehisa Akine. A chiral spirobifluorene-based bis(salen) zinc(ii) receptor towards highly enantioselective binding of chiral carboxylates. Dalton Transactions. 2021. 50. 12. 4119-4123
  • Naho SHINDE, Ryunosuke HANDA, Hideki FURUTACHI, Yoko SAKATA, Shigehisa AKINE, Shuhei FUJINAMI, Masatatsu SUZUKI. Synthesis and Crystal Structure of (μ-Acetato)bis(μ-Alkoxo)dicobalt(II, III) Complex with an Unsymmetric Dinucleating Ligand. X-ray Structure Analysis Online. 2021. 37. 0. 13-14
  • Hiroki Morita, Shigehisa Akine, Takashi Nakamura, Tatsuya Nabeshima. Exclusive formation of a meridional complex of a tripodand and perfect suppression of guest recognition. Chemical Communications. 2021. 57. 17. 2124-2127
  • Yoko Sakata, Masahiro Okada, Shigehisa Akine. Guest Recognition Control Accompanied by Stepwise Gate Closing and Opening of a Macrocyclic Metallohost. Chemistry - A European Journal. 2021. 27. 7. 2284-2288
もっと見る
書籍 (14件):
  • フロンティア機能高分子金属錯体
    三共出版 2020 ISBN:9784782707913
  • 錯体化合物事典
    朝倉書店 2019
  • CSJカレントレビュー33 超分子ポリマー -超分子・自己組織化の基礎から先端材料への応用まで
    化学同人 2019
  • 次世代のポリマー 高分子開発,新しい用途展開と将来展望
    (株)技術情報協会 2019
  • The Chemistry of Metal Phenolates, Volume 2
    John Wiley and Sons Ltd 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (102件):
  • トリフェニルベンゼン骨格を有する新規なニッケル三核メタロクリプタンドの合成
    (日本化学会第101春季年会 2021)
  • Pd(II)-フェニレンジアミン錯体部位をもつ軸分子を用いた新規動的ロタキサンの構築
    (日本化学会第101春季年会 2021)
  • ペリレンビスイミド部位を有するらせん型ホストによる分子サイズのキロプティカルセンシング
    (日本化学会第101春季年会 2021)
  • 動的共有結合に基づくトリス(salen)型クリプトファンの合成とニッケル(II)イオンとの錯形成
    (日本化学会第101春季年会 2021)
  • Reversible photoswitch-controlled structure transitions of biomolecules and their real-time visualization by high-speed atomic force microscopy
    (日本化学会第101春季年会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 2000 東京大学 化学専攻
  • 1991 - 1995 東京大学 化学科
学位 (2件):
  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2017/10 - 現在 金沢大学 ナノ生命科学研究所 教授
  • 2013/10 - 2017/09 金沢大学 理工研究域物質化学系 教授
  • 2011/04 - 2013/09 筑波大学 数理物質系 准教授
  • 2008/04 - 2011/09 筑波大学 大学院数理物質科学研究科 准教授
  • 2004/10 - 2008/03 筑波大学 大学院数理物質科学研究科 講師
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/10 - 現在 基礎有機化学会 理事
  • 2018/06 - 現在 ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 幹事
  • 2017/10 - 現在 錯体化学会 BJSCC編集委員会 委員長
  • 2016/10 - 現在 錯体化学会 BJSCC編集委員会 委員
  • 2019/10 - 2020/09 錯体化学会 将来計画委員会 委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 錯体化学会 錯体化学会学術賞 錯体化学に基づく応答性機能分子の創製と動的構造変換
  • 2011/02 - ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 HGCS Japan Award of Excellence 2010 Novel Ion Recognition System Based on Multi-Chelate Ligands
  • 2011/02 - 有機合成化学協会 2010年度(第23回)有機合成化学協会研究企画賞 DIC研究企画賞 円筒型化合物の錯形成によるメタロナノチューブおよび有機π電子化合物の創成
  • 2007/03 - 日本化学会 第21回 若い世代の特別講演 らせん型オリゴオキシム錯体を用いた新規な超分子システムの構築
所属学会 (6件):
錯体化学会 ,  アメリカ化学会(American Chemical Society) ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ,  基礎有機化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る