研究者
J-GLOBAL ID:200901084009758981   更新日: 2019年12月18日

立松 芳典

TATEMATSU Yoshinori
所属機関・部署:
研究分野 (1件): プラズマ科学
研究キーワード (1件): プラズマ理工学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2014 - 電子ビームのクオリティがジャイロデバイス発振に及ぼす影響の解明と高効率化の実現
  • 2013 - 高出力サブテラヘルツジャイロトロンの実現-新規高効率発振機構の適用-
  • 2012 - 有限電荷効果を抑制したテラヘルツ帯ジャイロトロン用小型大電流電子銃の開発
  • 2011 - 協同トムソン散乱計測用テラヘルツ帯高出力パルスジャイロトロンの実証管開発
  • 2011 - 赤外線カメラを用いたジャイロトロン性能評価法の確立
全件表示
論文 (153件):
  • Takafumi Tasaki,Masami Kojima,Yukihisa Suzuki,Yoshinori Tatematsu,and Hiroshi Sasaki. Creating a Stable Short-term Housing Environment for Rabbits in a Cargo Van. Journal of the American Association for Laboratory Animal Science. 2019. 58. 4. 456-461
  • Y. Tatematsu. Recent progress in development and application of sub-THz gyrotrons in University of Fukui. EPJ Web of Conferences. 2018. 195. 01018-(2)
  • Sei Mizojiri, Kohei Shimamura, Masafumi Fukunari, Shunsuke Minakawa, Shigeru Yokota, Yuusuke Yamaguchi, Yoshinori Tatematsu, Teruo Saito. Sub-Terahertz wireless power transmission using 303 GHz rectenna and 300 kW-class gyrotron. IEEE Microwave and Wireless Components Letters. 2018. 28. 9. 834-836
  • Masafumi Fukunari, Gregory S. Nusinovich, Yoshinori Tatematsu, Teruo Saito, Yuusuke Yamaguchi. Saturation effects in frequency pulling of gyrotrons operating in high-order axial modes. IEEE Transactions on Plasma Science. 2018. 46. 8. 2848-2855
  • Maria M. Melnikova, Andrey G. Rozhnev, Nikita M. Ryskin, Yoshinori Tatematsu, Masafumi Fukunari, Yuusuke Yamaguchi, and Teruo Saito. Electromagnetic Modeling of a Complex Cavity Resonator for the 0.4 THz Second-Harmonic Frequency-Tunable Gyrotron. 2017. 64. 12. 5141-5146
もっと見る
MISC (212件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (396件):
  • Electron density measurement by using a multi-channel interferometer system in the tandem mirror GAMMA 10
    (16th International Toki Conference 2006)
  • Development of a sub terahertz high power pulse gyrotron
    (The Joint 32nd International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 15 th International Conference on Terahertz Electronics 2007)
  • Design on 1.4THz Gyrotron Using a 27.5T Hybrid Magnet
    (平成19年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2007)
  • 400 GHz帯高出力パルスジャイロトロンの開発
    (プラズマ・核融合学会第24回年会 2007)
  • GAMMA 10セントラル部ECRH用高性能アンテナ系の設計
    (プラズマ・核融合学会第24回年会 2007)
もっと見る
Works (13件):
  • 電鋳加工によるテラヘルツ帯ジャイロトロン用共振空洞・テーパー体製作の可能性調査
    2007 - 2008
  • テラヘルツデバイスの開発と原子力システムの高信頼化への応用
    2007 - 2008
  • テラヘルツ帯高出力パルスジャイロトロンの開発, 基盤研究(B)(一般)
    2008 -
  • 高出力サブテラヘルツパルスジャイロトロンの開発
    2009 - 2010
  • 赤外線カメラを用いたジャイロトロン性能評価法の確立, 基盤研究(C)(一般)
    2011 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1982 - 1986 京都大学
  • 1986 - 1988 名古屋大学
  • 1988 - 1991 名古屋大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (名古屋大学)
経歴 (9件):
  • 2007/04 - 2009/03 大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所 客員研究員(准教授)
  • 2007/04 - 2018/03 国立大学法人福井大学遠赤外領域開発研究センター 准教授
  • 2006/12 - 国立大学法人福井大学遠赤外領域開発研究センター 助教授
  • 2004/04 - 国立大学法人筑波大学数理物質科学研究科(プラズマ研究センター) 講師
  • 1997/04 - 筑波大学物理学系(プラズマ研究センター) 講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2008 - 2010 日本物理学会 北陸支部会計
  • 2008 - 2012 日本赤外線学会 編集委員
  • 2008 - 日本赤外線学会 一般会員
  • 2004 - 2005 プラズマ・核融合学会 代議員
  • 2001 - 2003 プラズマ・核融合学会 編集委員
全件表示
所属学会 (4件):
日本物理学会 ,  日本赤外線学会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る