研究者
J-GLOBAL ID:200901084082177970   更新日: 2022年07月01日

横嶋 哲

ヨコジマ サトシ | YOKOJIMA Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://wwp.shizuoka.ac.jp/efpcg/
研究分野 (4件): 大気水圏科学 ,  計算科学 ,  流体工学 ,  水工学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 Undisturbed Flowを基盤とする流体力の巨視的評価の高精度化
  • 2017 - 2021 移動床流れへのハイブリッド・アプローチ:土砂混入による変調現象の理解を目指して
  • 2019 - 2020 メッシュ・チャネル乱流の超高解像度DNS
  • 2017 - 2020 移動床流れへのハイブリッド・アプローチ:土砂混入による変調現象の理解を目指して
  • 2015 - 2016 メッシュ状透過性平行平板間乱流の直接数値シミュレーション
全件表示
論文 (53件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 横嶋 哲. 乱流中の透過性境界の抵抗特性. ながれ(日本流体力学会誌/和文論文誌). 2016. 35. 4. 307-312
  • 横嶋 哲. 南カリフォルニアの青空の下で (続・カリフォルニア工科大学滞在記). 混相流. 2010. 24. 1. 80-82
書籍 (5件):
  • 水理公式集 2018年版
    土木学会 2019
  • Incorpolation of surface fluctuation effects in direct simulation of open-channel flow at subcritical Froude numbers
    World Scientific 2002
  • Incorpolation of surface fluctuation effects in direct simulation of open-channel flow at subcritical Froude numbers
    World Scientific 2002
  • Direct numerical simulation of the fully developed open-channel flow at subcritical Froude numbers
    Greyden Press 2001
  • Direct numerical simulation of the fully developed open-channel flow at subcritical Froude numbers
    Greyden Press 2001
講演・口頭発表等 (87件):
  • Undisturbed fluid flow for improved macroscopic estimation of drag forces acting on circular cylinders
    (22nd IAHR-APD Congress 2020)
  • Influence of Basset history force on preferential concentration of small particles and bubbles in turbulence
    (22nd IAHR-APD Congress 2020)
  • Maxey-Riley 方程式に基づく微小粒子混相流予測手法の基本性能評価
    (第23回応用力学シンポジウム 2020)
  • 巨視的抗力モデルに要する代表速度の基本特性
    (第23回応用力学シンポジウム 2020)
  • レベルセット法とVOF法の特徴比較
    (第23回応用力学シンポジウム 2020)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2002 神戸大学 地球環境科学専攻
  • - 2002 神戸大学
  • - 1999 神戸大学 建設学専攻
  • - 1999 神戸大学
  • - 1998 神戸大学 建設学科
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(工学) (神戸大学)
  • 修士(工学) (神戸大学)
経歴 (14件):
  • - 2010/09 2009.09--2010.09 Visiting Associate (Division of Engineering and Applied Science, California Institute of Technology)
  • - 2010/09 2009.09--2010.09 Visiting Associate (Division of Engineering and Applied Science, California Institute of Technology)
  • 2006/01 - --現在 静岡大学 工学部 システム工学科助手(2007.04より助教)
  • 2006/01 - --present Assistant Professor (Department of Systems Engineering, Shizuoka University)
  • - 2005/12 2005.04--2005.12 日本学術振興会特別研究員(広島大学 大学院工学研究科 社会環境システム専攻)
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/08 - 2020/08 日本混相流学会 2019年度OMF+学生会運営委員会 委員長
  • 2019/08 - 2020/08 日本混相流学会 2019年度企画運営委員会 委員
  • 2019/08 - 2020/08 日本混相流学会 混相流シンポジウム実行委員
  • 2019/09 - (公)土木学会・応用力学委員会・応用力学論文集編集小委員会・委員
  • 2019/06 - (公)土木学会・土木学会論文集編集委員会・B1,B2,B3分冊合同編集小委員会・委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2012/05 - 平成23年度建設工学研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本混相流学会 ,  国際水理学会 ,  土木学会 ,  日本流体力学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る