研究者
J-GLOBAL ID:200901084400114835   更新日: 2016年08月24日

木村 重美

キムラ シゲミ | KIMURA Shigemi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 小児科学
研究キーワード (1件): 小児科
MISC (34件):
  • 木村 重美. Kimura S,R Pruchnic,B Cao,M Ikezawa,S Szuki,T Miike and J Huard,High Efficiency gene transfer to skeletal muscle in mouse for Duchenne muscular dystrophy using adenovirus helper cells.(submitted). 1901
  • 木村 重美. Ogawa M,T Kaname,S Kimura,I Kawasaki,K Nomura,M Suzuki,T Miike and K Yamamura,The LacZ gene under the control of the 7 KB of hukan dystrophin muscular specific promoter is expressed in cardiac muscle but not in adult skeletal muscle in transgenic mice(・・・. 1901
  • 木村 重美. Kimura S,R Pruchnic,L Balkir,Z Qu,J Lowenstein,S Takeda,C Gates,B Cao,T Miike and J Huard,Myoblst mediated non viral gene transfer to skeletal muscle in mouse for Duchenne Muscular Dystrophy(submitted). 1901
  • 木村 重美. Joon Yung Lee,Zhuqing Qu-Petersen,Baohong Cao,Shigemi Kimura,Ron Jakowski,James Cummins,Arvydas Usas,Charley Gates,Paul Robbins,Anton Werning,and Johnny Huard, Clonal Isolation of Muscle-derived Cells Capable of Enhancing Muscle Regeneration and Bone H・・・. J.Cell Biol.2000. 1901. 150. 1085-1100
  • 木村 重美. TE/R goobp genomic region from the mouse dystropin promoter directs lacZ reports expression only to the right heart of transpenic mice. Develop. Growth Differ. 1901. 39. 257-265
もっと見る
書籍 (8件):
  • Improvement of germ line transmission by targeting of β-galactosidase to nuclei in transgenic mice
    Dev. Growth Differ 1994
  • -
    J. Neurol. Sci 1997
  • A 900bp genomic fragment from mouse dystrophin promoter region directs lacZ reporter expression only to the right heart of transgenic mice.
    Dev. Growth Differ 1997
  • An efficient gene-trap method using poly A trap vector and characterization of gene-trap events
    J. Biochem 2001
  • 最新小児科診療ガイド準拠 小児科診断•治療指針
    中山書店 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • お父さんの立場から 座長
    (熊本在在宅人工呼吸器研究会 2007)
  • 小児希少疾患治療薬の国内開発の現状と今後の課題 座長
    (日本小児薬理学会 2007)
  • エクソンスキッピング誘導による治療の臨床応用に向けて、適正アンチセンスと適応患者のスクリーニング法の確立 その2
    (第51回日本小児神経学会 2009)
  • Importance of checking exon skipping events prior to clinical trials using systemically delivered antisense morpholino in Duchenne muscular dystrophy patients
    (第14回世界筋学会 2009)
  • エクソンスキッピング誘導による治療の臨床応用に向けて、適正アンチセンスと適応患者のスクリーニング法の確立 その3
    (第52回日本小児神経学会 2010)
もっと見る
Works (15件):
  • ジストロフィン発現制御機構と生理機能の解明およびDMD遺伝子治療に関する研究
    1996 - 1999
  • ジストロフィン遺伝子の発現調節機構の異常とその病態の解析
    1997 - 1999
  • ジストロフィン生理機能解明と平滑筋機能から見たDMD遺伝子治療開発に関する研究
    1999 - 2003
  • 小児Duchenne型筋ジストロフィーに対する抗凝固療法
    2000 - 2003
  • 成熟マウスの骨格筋へのアデノウイルスベクター高効率導入法
    2000 - 2003
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 熊本大学 医学部
  • - 1995 熊本大学 医学研究科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学)
経歴 (4件):
  • 1996 - 2006 助手
  • 2006 - 2007 助教授
  • 2010 - 2014 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)小児発達学 准教授
  • 2014 - 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)小児科学 准教授
委員歴 (3件):
  • 2005 - 熊本在宅呼吸器研究会
  • 2005 - 熊本小児神経懇話会
  • 2005 - 日本小児神経学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2012 - 第64回保健文化賞
  • 2014 - 第56回小児神経学会最優秀口演賞
所属学会 (1件):
日本小児神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る