研究者
J-GLOBAL ID:200901084478259643   更新日: 2020年07月10日

位田 雅俊

インデン マサトシ | Inden Masatoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 薬理学 ,  神経科学一般 ,  病態神経科学
研究キーワード (3件): 神経化学・神経薬理学 ,  神経変性疾患 ,  神経再生
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 特発性基底核石灰化症の基盤にあるリン酸ホメオスターシス異常を改善する特殊環状ペプチドダイマーを活用した治療薬の開発
  • 2017 - 2020 2価鉄動態を切り口にした逆行性輸送異常と神経細胞死の分子機序の解明と創薬研究
  • 2016 - 2019 発達期メチル水銀曝露の神経系に対する影響と新規エピジェネティクス機構の解明
  • 2017 - 2019 ニコチン受容体を介した変性タンパク質の除去による神経変性細胞死抑制の機序の解明
  • 2018 - 家族性パーキンソン病原因遺伝子による2価鉄動態撹乱の可視化と創薬への応用
全件表示
論文 (15件):
  • Nishii K, Shimogawa R, Kurita H, Inden M, Kobayashi M, Toyoshima I, Taguchi Y, Ueda A, Tamune H, Hozumi I. Partial reduced Pi transport function of PiT-2 might not be sufficient to induce brain calcification of idiopathic basal ganglia calcification. Scientific reports. 2019. 9(1). 17288
  • Ueda T, Ito T, Kurita H, Inden M, Hozumi I. p-Coumaric Acid Has Protective Effects against Mutant Copper-Zinc Superoxide Dismutase 1 via the Activation of Autophagy in N2a Cells. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 12
  • Sekine SI, Nishii K, Masaka T, Kurita H, Inden M, Hozumi I. SLC20A2 variants cause dysfunctional phosphate transport activity in endothelial cells induced from Idiopathic Basal Ganglia Calcification patients-derived iPSCs. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 510. 2. 303-308
  • Hayashi Yuichi, Iwasaki Yasushi, Harada Naoko, Yamada Megumi, Kurita Hisaka, Inden Masatoshi, Inuzuka Takashi, Shimohata Takayoshi, Yoshida Mari, Hozumi Isao. Neuropathological findings of an autopsy patient with sporadic idiopathic basal ganglia calcification. BRAIN PATHOLOGY. 2019. 29. 98
  • Ueda T, Inden M, Asaka Y, Masaki Y, Kurita H, Tanaka W, Yamaguchi E, Itoh A, Hozumi I. Effects of gem-dihydroperoxides against mutant copper-zinc superoxide dismutase-mediated neurotoxicity. Molecular and cellular neurosciences. 2018. 92. 177-184
もっと見る
MISC (1件):
  • Sekine S, Kondo T, Miki K, Yoshida Y, Kurita H, Inden M, Hozumi I, Inoue H. Modeling idiopathic basal ganglia calcification using patient iPSCs. 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe. 2016
学歴 (3件):
  • 2003 - 2005 京都薬科大学大学院 薬学研究科薬学専攻 博士後期課程
  • 2001 - 2003 京都薬科大学大学院 薬学研究科薬学専攻 博士前期課程
  • 1997 - 2001 京都薬科大学 薬学部 生物薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 岐阜薬科大学 准教授
  • 2014/09 - 2016/03 岐阜薬科大学 講師
  • 2012/10 - 2014/08 岐阜薬科大学 助教
  • 2008/04 - 2012/09 立命館大学 総合理工学院・薬学部 薬学科 助教
  • 2006/04 - 2008/03 テキサス大学 博士研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 日本薬学会 ファルマシアトピックス小委員
  • 2018 - 現在 日本毒性学会 生体金属部会 幹事
  • 2016/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
受賞 (1件):
  • 2006/03 - The Journal of Pharmacological Science Prize 2006 Awards
所属学会 (5件):
日本神経科学学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本薬学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る