研究者
J-GLOBAL ID:200901085017059746   更新日: 2019年08月26日

富岡 仁

トミオカ マサシ | TOMIOKA Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 国際法学
研究キーワード (5件): 国際海事機関 ,  海洋生物多様性保全 ,  海洋法制度 ,  船舶規制 ,  海洋環境保全
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2018 海洋の生物多様性保全に関する国際法
論文 (6件):
  • 富岡 仁. 国際海運からの温室効果ガス(GHG)の排出規制. 21世紀の国際法と海洋法の課題. 2016. 249-278
  • 富岡 仁. 油による汚染損害に対する責任および補償に関する国際制度. 松田竹男・田中則夫・薬師寺公夫・坂元茂樹編『現代国際法の思想と構造II』東信堂. 2012. 102-125
  • 富岡 仁. フィリピンの群島宣言と群島水域制度. 栗林忠男・杉原高嶺編『海洋法の主要事例とその影響』有信堂. 2007. 46-71
  • 富岡 仁. Current Situation and Challenges of the Legal System Related to Protection of the Marine Environment. 名経法学. 2007. 21. 1-25
  • 富岡 仁. 海洋汚染の国際的規制のあけぼのー1926年海洋汚染防止ワシントン会議についてー. 法政論集. 2004. 202. 217-260
もっと見る
MISC (5件):
  • 富岡 仁. 調停と国際司法裁判の対比ーヤン・マイエン海洋境界画定事件. 別冊ジュリスト『国際法判例百選[第2版]有斐閣. 2011. 172-173
  • 富岡 仁. アイム・アローン号事件. 松井芳郎編集代表『判例国際法〔第2版〕』東信堂. 2006. 207-209
  • 富岡 仁. 日本の国際法判例(19)-2002(平成14)年ー. 国際法外交雑誌. 2006. 104. 4
  • 富岡 仁. Accession to the WTO and implementation of legal reform - Considering the case of disputes on Japanese alcohlic beverages tax -. The Rule of Law, Legal & Judicial Reform and Legal Assistance in Vietnam, Center for Asian Legal Exchange(Nagoya University). 2005. 106-111
  • 富岡 仁. Judicial Decisions;Japan. Asian Yearbook of International Law,1996. 1997. 6. 220-223
書籍 (4件):
  • 国際環境法(パトリシア・バーニー/アラン・ボイル)
    慶応大学出版会 2007
  • 国際環境条約・資料集
    東信堂 2014
  • 21世紀の国際法と海洋法の課題
    東信堂 2016
  • 船舶汚染規制の国際法
    信山社 2018 ISBN:978-4-7972-6778-5 C3332
学歴 (2件):
  • - 1972 中央大学 法学部 政治学
  • - 1979 名古屋大学 法学研究科 国際法
学位 (2件):
  • 法学修士 (名古屋大学)
  • 法学博士 (中央大学)
経歴 (5件):
  • 1979/04 - 1982/03 名古屋大学法学部助手
  • 1984/04 - 1988/03 相愛大学 講師
  • 1988/04 - 1998/03 東北学院大学 教授
  • 1998/04 - 2015/03 名古屋経済大学 教授
  • 2015/04 - 現在 名古屋経済大学 特別教授
所属学会 (6件):
民主主義科学者協会法律部会 ,  日本国際法協会 ,  国際法学会 ,  世界法学会 ,  国際経済法学会 ,  国際人権法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る