研究者
J-GLOBAL ID:200901085105914524   更新日: 2020年09月10日

藤田 一郎

Fujita Ichiro | Fujita Ichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学  大阪大学・情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター   主任研究員
ホームページURL (1件): http://www2.bpe.es.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (4件): 金融、ファイナンス ,  公共経済、労働経済 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (35件): 包括脳ネットワーク・育成支援委員会 ,  包括脳ネットワーク・将来計画委員会 ,  包括脳ネットワーク・包括支援委員会・脳システム機能 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・脳の高次機能学 ,  情報理論 ,  錯視 ,  脳賦活領域 ,  長期増強 ,  双曲割引 ,  Glimcher ,  f-MRI ,  GABA ,  ニューロエコノミクス ,  記憶 ,  V4野 ,  多細胞活動同時記録 ,  ステレオビジョン ,  面構造 ,  上側頭溝 ,  コラム構造 ,  ニホンザル ,  腹側視覚経路 ,  抑制性伝達物質 ,  光学測定 ,  大脳皮質 ,  両眼立体視 ,  物体認識 ,  視覚情報処理 ,  下側頭葉皮質 ,  側頭葉 ,  視覚認識 ,  両眼視差 ,  霊長類 ,  視覚連合野
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2016 - 2020 「奥行きの感覚」を求めてー新しい奥行き知覚から導かれる新共通感覚の構築
  • 2018 - 2019 テクスチャー情報を計算する大脳皮質腹側視覚経路における内部機能構造の解明
  • 2017 - 2019 霊長類扁桃体への迅速な脅威信号伝達の視覚経路の解明
  • 2016 - 2017 細胞集団による質感情報の符号化、復号化、皮質表現
  • 2015 - 2016 両眼立体視における腹側経路・背側経路の適応的機能制御
全件表示
論文 (104件):
  • 小松優介, 稲垣未来男, 林燦碩, 篠崎隆志, 藤田一郎. 顔表情弁別を行う畳み込みニューラルネットワークの内部における空間周波数特性. 電子情報通信学会技術研究報告. 2018. 118. 367. 5-10
  • 林燦碩, 稲垣未来男, 小松優介, 篠崎隆志, 藤田一郎. CNNにおける扁桃体細胞類似特性獲得のための視覚体験的学習法. 電子情報通信学会技術研究報告. 2018. 118. 322. 5-10
  • Oishi H, Takemura H, Aoki SC, Fujita I, Amano K. Microstructural properties of the vertical occipital fasciculus explain the variability in human stereoacuity. Proc Natl Acad Sci USA. 2018. 115. 12289-12294
  • 土井隆弘, モハマド・アブドラーマニ, 藤田 一郎. Spatial pooling inherent to intrinsic signal optical imaging might cause V2 to resemble a solution to the stereo correspondence problem. Proc Natl Acad Sci USA. 2018. 115. 30. E6967-E6968
  • Ikezoe K, Amano M, Nishimoto S, Fujita I. Mapping stimulus feature selectivity in macaque V1 by two-photon Ca2+ imaging: Encoding-model analysis of fluorescence responses to natural movies. NeuroImage. 2018
もっと見る
MISC (137件):
  • 稲垣未来男, 藤田一郎. 側頭連合野の視覚情報処理 (Visual processing in the Ventral Pathway: Shape, face, color, material propertis, and stereoscopic depth). BRAIN and NERVE. 2016. 68. 11. 1363-1370
  • 三田真志郎, 藤田一郎. 大脳皮質と深層学習. 脳21. 2016. 19. 3. 98-101
  • 畑中岳, 藤田一郎. 大脳皮質におけるテクスチャ表現. 脳21. 2016. 19. 4. 154-157
  • Junji Ito, Yukako Yaname, Ichiro Fujita, Hiroshi Tamura, Sonja Gruen. Distinct Scan Modes in Monkey's Free Viewing of Natural Images and Related Neuronal Activities. PERCEPTION. 2015. 44. 167-167
  • 小賀智文, 藤田一郎. 超高圧電子顕微鏡による皮質構造の解析. Clinical Neuroscience. 2015. 33. 6. 630-633
もっと見る
書籍 (6件):
  • 脳がつくる3D世界〜立体視のなぞとしくみ
    化学同人 2015 ISBN:9784759816648
  • 脳の風景: 「かたち」を読む脳科学 (筑摩選書)
    筑摩書房 2011 ISBN:4480015264
  • 脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series-たちまちわかる最新時事解説)
    飛鳥新社 2009 ISBN:4870319691
  • 「見る」とはどういうことか-脳と心の関係をさぐる (DOJIN選書 7)
    化学同人 2007 ISBN:4759813071
  • 脳の神秘を探る (大阪大学新世紀セミナー)
    大阪大学出版会 2001 ISBN:4872591216
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1984 - 東京大学 理学系動物学専攻 修了 (理学博士)
  • 1981 - 東京大学 理学系動物学専攻 修了 (理学修士)
  • 1979 - 東京大学 動物学専門課程 卒業 (理学博士)
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (8件):
  • 2011/04 - 現在 脳情報通信融合研究センター PI
  • 2001/04 - 現在 大阪大学大学院生命機能研究科 教授
  • 1998/04 - 2001/03 大阪大学大学院基礎工学研究科 教授
  • 1994/04 - 1998/03 大阪大学医学部認知脳科学(小野薬品)寄付講座 教授
  • 1989/06 - 1994/03 理化学研究所国際フロンティア研究システム 研究員
全件表示
受賞 (16件):
  • 2019/10 - 日本神経回路学会 日本神経回路学会最優秀研究賞 顔表情弁別を行う畳み込みニューラルネットワークの内部における空間周波数特性
  • 2019/07 - 香港大学 HKU Social Sciences Outstanding Research Output Award (Basic Research) 2018-2019 Cortical and subcortical responses to biological motion
  • 2018/10 - 日本神経回路学会 日本神経回路学会最優秀研究賞 自然動画に含まれる画像特徴量に対するサルV1野およびV4野の神経細胞群の応答
  • 2017/09 - 第一回ヒト脳イメージング研究会より 研究奨励賞 タスク依存的な脳活動を用いた、両眼立体視における背側・腹側経路の機能的な役割について
  • 2017/09 - 第一回ヒト脳イメージング研究会 研究奨励賞 ヒト立体視力とVertical Occipital Fasciculusの組織構造の関連
全件表示
所属学会 (9件):
日本比較生理学会 ,  視覚学会 ,  視覚科学フォーラム ,  ニューロエソロジー談話会 ,  International Brain Research Organization ,  International Society for Neuroethology ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学会 ,  日本神経回路学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る