研究者
J-GLOBAL ID:200901085108578436   更新日: 2019年11月26日

町田 拓自

マチダ タクジ | MACHIDA Takuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  薬理系薬学 ,  薬理学一般
研究キーワード (5件): 抗がん剤誘起性嘔吐 ,  血管平滑筋細胞 ,  ドコサヘキサエン酸 ,  誘導型NO合成酵素 ,  シクロオキシゲナーゼ
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2017 - 2018 高血圧モデル細胞でのDHAの機能改善作用
  • 2015 - 2017 ω3系多価不飽和脂肪酸代謝物による血管恒常性維持に関与する薬理作用の探索
  • 2014 - 2016 血管細胞での圧力ストレスセンサーの解明とドコサヘキサエン酸による機能調節
  • 2012 - 2015 骨格筋から分泌される因子と運動が及ぼす影響についての基礎的研究
  • 2012 - 2014 圧力ストレスモデル血管細胞を用いたドコサヘキサエン酸の薬理作用機序の解明
全件表示
論文 (36件):
  • Takano Y, Hirano M, Machida T, Obara Y, Hamaue N, Fujita K, Taniguchi M, Endo T, Shiga S, Machida M, Iizuka K, Hirafuji M. Nitric oxide plays a critical role in methotrexate-induced hyperplasia of enterochromaffin cells containing 5-hydroxytryptamine in rat small intestine. Journal of pharmacological sciences. 2019. 141. 1. 32-40
  • Machida M, Shiga S, Machida T, Ohno M, Iizuka K, Hirafuji M. Potentiation of Glucagon-Like Peptide-2 Dynamics by Methotrexate Administration in Rat Small Intestine. Biological & pharmaceutical bulletin. 2019. 42. 10. 1733-1740
  • Endo T, Samokhvalov V, Darwesh AM, Khey KMW, El-Sherbeni AA, Ei-Kadi AOS, Machida T, Hirafuji M, Seubert JM. DHA and 19,20-EDP induce lysosomal-proteolytic-dependent cytotoxicity through de novo ceramide production in H9c2 cells with a glycolytic profile. Cell death discovery. 2018. 5. 29
  • Obara Y, Machida T, Takano Y, Shiga S, Suzuki A, Hamaue N, Iizuka K, Hirafuji M. Cisplatin increases the number of enterochromaffin cells containing substance P in rat intestine. Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology. 2018
  • Machida T, Yutani M, Goto A, Nishimura S, Kawamura A, Iizuka K, Hirafuji M. Docosahexaenoic acid suppresses angiotensin II-induced A7r5 vascular smooth muscle cell proliferation and migration under pulsatile pressure stress. Biomedical research (Tokyo, Japan). 2018. 39. 3. 141-148
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (1件):
  • コンパス薬物治療学
    南江堂 2019
講演・口頭発表等 (143件):
  • Mitogen-activated protein kinase-mediated cyclooxygenase-2 induction by 5-hydroxytryptamine in cultured rat vascular smooth muscle cells.
    (第75回日本薬理学会年会 2002)
  • Effect of sphingosine 1-phosphate on interleukin-1 -induced nitric oxide production by vascular smooth muscle cells.
    (2002)
  • Docosahexaenoic acid potentiates interleukin-1-induced nitric oxide synthase expression via p44/42 mitogen-activated protein kinase activation in vascular smooth muscle cells.
    (第75回日本薬理学会年会 2002)
  • ドコサヘキサエン酸は血管平滑筋細胞においてp44/42 MAPキナーゼの活性化を亢進してiNOS誘導を促進する
    (日本薬学会北海道支部第118回例会 2002)
  • Docosahexaenoic acid potentiates interleukin-1-induced nitric oxide production pathways in rat vascular smooth muscle cells.
    (第14回国際薬理学会 2002)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1999 北海道医療大学 薬学部
  • 1999 - 2001 北海道医療大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 修士課程
  • 2001 - 2006 北海道医療大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士課程
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北海道医療大学)
経歴 (5件):
  • 2003/04 - 2005/03 コーネル大学 訪問研究員
  • 2006/04 - 2007/03 北海道医療大学 助手
  • 2007/04 - 2009/03 北海道医療大学 助教
  • 2009/04 - 2015/03 北海道医療大学 講師
  • 2015/04 - 現在 北海道医療大学 准教授
受賞 (3件):
  • 2017/10 - 伊藤医薬学術交流財団 交流助成 高血圧モデル細胞でのDHAの機能改善作用
  • 2015/05 - 日本薬学会北海道支部 奨励賞 高血圧ストレスモデル血管細胞を用いた細胞応答の解明及び薬理作用機序探索ツールとしての応用
  • 2009/09 - 秋山記念生命科学振興財団 研究助成奨励賞 圧力負荷環境での血管平滑筋細胞NO産生系に与えるドコサヘキサエン酸の効果
所属学会 (2件):
日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る