研究者
J-GLOBAL ID:200901085200153336   更新日: 2018年12月12日

森田 裕司

モリタ ヒロシ | MORITA Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (4件): 臨床心理学 ,  描画法 ,  トラウマ ,  学生相談
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1993 - 1995 ライフサイクルにおけるアイデンティティの再編過程に関する研究
  • 1991 - 登校拒否児の社会的自立に関する研究
  • 1991 - 描画テストを通してみた登校拒否の予後(将来像)に関する研究
MISC (19件):
  • 森田裕司・一丸藤太郎・大澤多美子・倉永恭子・財満義輝・中嶋みどり . ヒロシマ原爆被害者の人生を支えたもの 面接調査の発言のKJ法による分析. 心理臨床学研究. 2017. 35. 3. 256-266
  • 森田裕司. 私の学生相談-組織作りや活動の工夫-. 学生相談研究. 2008. 29. 2. 187-199
  • 森田裕司・岡本貞雄. 新入生対象の講義「キャンパスライフ実践論」の試み-学生生活全体のサポート-. 学生相談研究. 2006. 26. 3. 185-197
  • 一丸藤太郎・倉永恭子・森田裕司・鈴木健一. 通り魔殺人事件が児童に及ぼした影響-継続実施したS-HTPから-(共著). 心理臨床学研究. 2001. 19. 4. 329-341
  • 森田裕司. 統合型HTP法における分裂病者の描画特徴-全体的評価による因子分析-. 心理臨床学研究. 1989. 6. 2. 29-39
もっと見る
書籍 (11件):
  • アイデンティティ研究の展望2
    ナカニシヤ出版 1995
  • 精神分析的心理療法の手引き
    誠信書房 1998
  • 小児心身医学ガイドブック
    北大路書房 1999
  • 教育相談重要用語300の基礎知識
    明治図書 1999
  • カウンセリング辞典
    ミネルヴァ書房 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • バウム・テスト2枚法によるaggression方向のアセスメントに関する研究(2)-構成要素に関する描画分析-
    (中四国心理学会第51回大会 1995)
  • バウム・テスト2枚法によるaggression方向のアセスメントに関する研究(3)-数量化II類による判別可能性の検討-
    (中四国心理学会第51回大会 1995)
  • バウム・テスト2枚法によるaggression方向のアセスメントに関する研究(1)-全体印象に関する描画分析-
    (中四国心理学会第51回大会 1995)
  • バウム・テスト2枚法の有効性に関する考察-臨床経験による検討-
    (中四国心理学会第51回大会 1995)
  • バウム・テスト2枚法を用いた自我境界の測定
    (中四国心理学会第52回大会 1996)
もっと見る
学位 (1件):
  • 文学修士 (広島大学)
経歴 (6件):
  • 1989 - 1991 奈良県精神保健センター 心理判定員
  • 1991 - 1993 広島大学 助手
  • 1993 - 1996 広島経済大学 専任講師
  • 1996 - 2007 広島経済大学 助教授
  • 2008 - 現在 広島経済大学 教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2007 - 2016 日本学生相談学会 理事
  • 2010 - 2012 広島県臨床心理士会 大学・研究所領域代表
  • 2006 - 2009 広島県臨床心理士会 幹事
  • 1992 - 2000 広島県臨床心理士会 幹事
受賞 (1件):
  • 2007 - 日本学生相談学会 実践活動奨励賞
所属学会 (6件):
日本心理臨床学会 ,  日本学生相談学会 ,  日本精神分析学会 ,  中国・四国心理学会 ,  日本描画テスト・描画療法学会 ,  日本トラウマティック・ストレス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る