研究者
J-GLOBAL ID:200901085265547080   更新日: 2019年11月09日

和田 匡史

WADA Tadashi
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 現在 加温によるヒートショックプロテイン発現が睡眠、競技パフォーマンスを改善する可 能性
  • 2015 - 2018 人工炭酸泉浴が骨格筋のコンディショニングを改善させる可能性の検討
  • 2014 - 2017 ヒートショックプロテインが筋力向上に与える効果の解明とトレーニングへの応用
  • 2011 - 2013 ストレスタンパク質発現による疲労回復効果の解明と効率的な筋力発揮の可能性
  • 2008 - 2010 身体姿勢制御における筋力発揮時の高次神経活動と筋放電量の関係の解明
全件表示
論文 (39件):
  • オリンピックにおけるドーピングコントロールの現状ートップアスリートの検査手順ー. Biophilia. 2018. 7. 2. 36-44
  • いまこそ睡眠を考える!. 電気学会誌. 2017. 137. 2. 845-848
  • Influence of the ball speed on the displacement of the center of gravity during baseball batting motion. International Society of Biomechanics in Sports. 2017. 245-248
  • Association between COMT Aal158Met polymorphism and competition results of competitive swimmers. J. Sports Sci. 2017. 36. 4. 393-397
  • A Longitudinal study on the quality of life of patients with hip osteoarthritis undergoing contimuing conservative treatment. Int J Phys Ther Rehab. 2016
もっと見る
MISC (12件):
  • Relationship of the Sleep and Exercise Load in Collegiate Competitive Swimmers. Transactions of the Kokushikan University School of Science and Engineering. 2014. 7. 159-163
  • The Balance Ability of Elite Synchronized Swimmers in an Analysis of the Postural Sway. Transactions of the Kokushikan University School of Science and Engineering. 2011. 4. 101-105
  • 山本憲志、土岡大介、石井信子、櫻間幸次. 大学生における身体の形態と機能の関係. 徳島文理大学研究紀要. 2005. 70. 29-36
  • 山本憲志、高橋幸枝、大西章恵、櫻間幸次、竹ノ谷文子. 高齢者におけるパークゴルフの生理学的運動強度に関する研究. 日本赤十字北海道看護大学紀要. 2002. 2. 61-68
  • 土岡大介、林恭輔、岩原文彦、山本憲志、櫻間幸次、宮本博司. 一般成人男性におけるテニストレーニング時の心拍数および身体活動量の測定. 徳島文理大学研究紀要. 2002. 63. 1-7
もっと見る
書籍 (4件):
  • スポーツサイエンス入門
    丸善 2010
  • An analysis of the underwater gliding motion in collegiate competitive swimmers
    2010
  • 1回5秒でお腹が凹むスクイーズトレーニング
    2011
  • スポーツアナトミー人体解剖生理学
    2014
講演・口頭発表等 (1件):
  • 水泳選手における最高の睡眠
    (第5回水泳競技メディカルサポートミーティング 2017)
学歴 (4件):
  • 1990 - 1994 国士舘大学 体育学部 体育学科
  • 1994 - 1995 筑波大学 体育専門学群
  • 1995 - 1997 日本体育大学大学院 体育学研究科 体育学専攻
  • 2001 - 2006 徳島大学大学院 医学研究科 生理系専攻
学位 (3件):
  • 学士(体育学) (国士舘大学)
  • 修士(体育学) (日本体育大学大学院)
  • 博士(医学) (徳島大学大学院)
経歴 (11件):
  • 1997/04 - 1998/03 日本体育大学 研究員
  • 1998/04 - 1999/03 星薬科大学 非常勤講師
  • 1998/04 - 1999/03 日本体育大学 助手
  • 1997/04 - 1999/03 神奈川工科大学 非常勤講師
  • 1995/06 - 1999/03 駒沢オリンピック公園総合運動場 スポーツ体力相談室 相談員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 日本体力医学会 評議員
  • 2018/04/01 - 現在 (公財)日本水泳連盟学生委員会関東支部 副支部長
所属学会 (7件):
アメリカスポーツ医学会 ,  国際バイオメカニクス学会 ,  日本体力医学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本体育学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本運動生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る