研究者
J-GLOBAL ID:200901085285499830   更新日: 2020年09月01日

服部 敏明

ハットリ トシアキ | Hattori Toshiaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.tut.ac.jp/university/faculty/ee/222.html
研究分野 (2件): 電子デバイス、電子機器 ,  分析化学
研究キーワード (9件): 温度滴定 ,  化学刺激 ,  イオンイメージセンサ ,  コロイド滴定 ,  高分子電解質 ,  分析化学 ,  電気化学デバイス ,  化学センサ ,  電気分析化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 細胞・組織表面でのオンサイト生体イオン回収・除去回転ロッドデバイスの開発
  • 2011 - 2014 CCD型イオンイメージセンサを利用した安全に優れた非侵襲型動的イオン測定の開発
  • 1998 - 1999 両親媒性イオンをプローブとする有機イオン会合電気化学分析法
  • 1995 - 1996 イオン選択性電極による高分子電解質とイオン性界面活性剤とのイオン会合性の評価
  • 1992 - 1993 高分子イオンを認識するイオン選択性電極の開発
全件表示
論文 (103件):
  • Fumiya Nakamura, Taisei Nakayama, Itsuki Kageyama, Ryo Kato, Moeto Nagai, Takayuki Shibata, Kazuaki Sawada, Toshiaki Hattori. Characterization of Calcium Ion Release from a Polymer-Coated Electrode with a Plasticized PVC Membrane Containing Calcium Salts, and Its Contraction Examination of Vorticella Convallaria. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2020. 93. 5. 655-662
  • Takahiro SASAKI, Ayano YAMASHITA, Norifumi TERUI, Toshiaki HATTORI, Shunitz TANAKA. Evaluation of Removal Behavior of Cesium in Contaminated Soil Based on Speciation Analysis. Analytical Sciences. 2020. 36. 5. 589-594
  • Ryo Kato, Hiroshi Kahara, Yuya Ishii, Toshiaki Hattori. Anion sensing properties of electrospun nanofibers incorporating a thiourea-based chromoionophore in methanol. Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy. 2020. 228. 117656-117656
  • Tatsuya YOSHIMI, Alato OKUNO, Daisuke SATO, Osamu TAKIKAWA, Toshiaki HATTORI, Kazuaki SAWADA. Development of Flow-based Ion Image Sensor with Multi Flow Paths and Its Application to ELISA. BUNSEKI KAGAKU. 2019. 68. 10. 783-791
  • Hideo Doi, Kazuaki Sawada, Tomoko Horio, Eiji Shigetomi, Bijay Parajuli, Youichi Shinozaki, Toshihiko Noda, Kazuhiro Takahashi, Toshiaki Hattori, Schuichi Koizumi. Label-free real-time imaging of extracellular Ca2+ uptake in the hippocampal slice using Ca-PVC membrane based on charge-transfer-type potentiometric sensor arrays. Proceedings of IEEE Sensors. 2019. 2019-October
もっと見る
MISC (12件):
  • 澤田和明, 服部敏明. 見えないものを見る化学の目. 電気評論. 2018. 103. 7. 14-18
  • 今井 健太, 堀尾 智子, 服部 敏明, 澤田 和明, 手老 龍吾. イオンイメージセンサ上での脂質二重膜作製とイオン濃度による電位応答測定. 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE Technical Report). 2018. 117. 461. 63-65
  • 服部敏明. 因子分析:応用. ぶんせき. 2017. 347-348
  • 服部敏明. 因子分析:基礎. ぶんせき. 2017. 303-304
  • 澤田和明, 奥野海良人, 滝川修, 奥村弘一, 服部敏明. マイクロバイオ化学センサ技術による健康管理. 日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM). 2015. 7th. ROMBUNNO.30am2-C-1
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • Biochemical Sensors: Mimicking Gustatory and Olfactory Senses
    Pan Stanford Publishing 2013
  • 電気化学測定/解析テクニック&事例集
    情報機構 2009
  • 機器分析ナビ
    化学同人 2006 ISBN:9784759810578
  • 新分析化学実験-日本分析化学北海道支部編-
    化学同人 1989
講演・口頭発表等 (167件):
  • カリウムイオンイメージセンサ用ゾルゲルガラス感応膜のCMOSプロセスの適合性の検証
    (令和2年電気学会全国大会 2020)
  • Fabrication and Characterization of A Glutamate Ion Releasing Device Based on Anion-Doped Poly(3.,4-ethylenedioxythiophene)
    (8th International COnference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices 2019)
  • レドックス型非標識乳酸イメージセンサの製作と薬剤刺激による海馬からの乳酸放出のイメージング
    (第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2019)
  • 酵素型高分解能非標識ATPイメージセンサの製作と海馬の細胞外イメージング
    (第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2019)
  • Acetylcholine Release and Decomposition Small Devices to Control Its Local Concentration
    (Irago Conference 2019 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 簡易型尿塩分モニタリングシステム 知の拠点愛知重点プロジェクト研究開発成果集
    澤田和明, 服部敏明, 奥村弘一 2016 -
  • 尿塩分計測センサ実装システム 知の拠点愛知重点プロジェクト研究成果集
    澤田和明, 服部敏明, 奥村弘一 2016 -
  • Na,K計測技術 知の拠点愛知重点プロジェクト研究成果集
    服部敏明, 奥村弘一, 津下一代, 村本あき子, 松下まどか, 作田一実 2016 -
  • 第25回基礎及び最新の分析化学講習会資料
    服部 敏明 2015 -
学位 (2件):
  • 理学博士 (北海道大学)
  • 理学修士 (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2010/04 - 現在 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学系 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 豊橋技術科学大学 物質工学系 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 豊橋技術科学大学 物質工学系 助教授
  • 2002/04 - 2005/03 豊橋技術科学大学 分析計測センター 助教授
  • 1989/10 - 2002/03 豊橋技術科学大学 分析計測センター 助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 日本分析化学会 代議員
受賞 (13件):
  • 2019/12 - Bio4Apps2019 Best Poster Presentation Award Fabrication and characterization of a glutamate ion releasing device based on anion-doped poly(3,4-ethylenedioxythiophene)
  • 2018/11 - 日本分析化学会中部支部 「分析中部・ゆめ21」第18回高山フォーラム ポスター優秀発表 ゾルゲル法を用いたカリウムイオンイメージセンサの開発
  • 2017/11 - 日本分析化学会中部支部 「分析中部・ゆめ21」 第17回高山フォーラム ポスター優秀発表 インクジェット装置を用いた微細パターンマルチイオンセンサ
  • 2016/03 - ISPlasma2016/IC-PLANTS2016 Excellent Poster Presentation Award
  • 2014/11 - 日本分析化学会 中部支部 「分析中部・ゆめ21」 第15回高山フォーラム ポスター優秀発表 アニオンセンシングポリマーナノファイバーの作製と評価
全件表示
所属学会 (4件):
電気化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る